<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年 11月 16日
ポルトガルに行ってきたよ③ペーナ宮殿
ロカ岬
みなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ユーラシア大陸最西端の岬として有名です。

2日目はそのロカ岬シントラカスカイスなど
西方面の観光をすることに。

リスボンから約30キロほどの距離。
電車とバスを乗り継いで行くこともできますが
人気の観光地でバスに乗るにも行列必至と噂で聞いていた為
プライベトツアーを旅行前に申し込んでおきました。

ポルトガルにも複数の現地ツアー会社がありますが
今回は『ようこそポルトガル』さんにお願いしました。
選んだ理由は私が最初に買ったガイド本の著者の岸澤さんが
運営されているから安心かなと。
f0189867_11182664.jpg


リスボン空港到着時の送迎も
この『ようこそポルトガル』さんでお願いしていたのでした。

ロカ岬ツアーのドライバーさんも前日と同じサントさん。
そして、日本人アシスタントさん付きでオーダーしていたので
現地在住のゲンさんにお供頂きました。

ツアー内容は主な観光スポットが盛り込まれたサンプルがあり
それに自分の行きたい場所、観たいもの、食べたいもの等
お願いすればアレンジしてもらえて満足度が高い!!!

最初に緑豊かなシントラにある『ペーナ宮殿』へ。
シントラには城址や宮殿が沢山残っていて
「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。

かなり並ぶと聞いていましたが
早朝に出発しOPEN前に到着できたので
まだ行列少な目。
f0189867_14491493.jpg


宮殿のある山の上まではシャトルバスで。
f0189867_14173471.jpg
日本語ガイドは・・・
もちろんありません。
f0189867_14174585.jpg
見えてきた!
すんごいカラフル(驚)!
f0189867_14205286.jpg
早朝でもこの人の多さ!
f0189867_14154805.jpg

f0189867_14154376.jpg
絵本から飛び出したような宮殿です。
若者にいわせれば「インスタ映えする~」ってやつですね(笑)
イスラム、ゴシック、ルネサンス・・・
異なる建築様式の混合で
不思議な雰囲気を醸し出す。

装飾タイルもたっくさんで
わたくし興奮しました♪
f0189867_14270407.jpg
f0189867_14382187.jpg
f0189867_14381446.jpg

世界遺産の宮殿ですが結構好き勝手登ったりできて。
さて、この写真、私はどこにいるでしょう?
f0189867_14245142.jpg
f0189867_14273033.jpg
f0189867_15011905.jpg
f0189867_15013612.jpg
もともと修道院だった廃墟を
フェルナンド二世王の命で王家の離宮に。
ってな説明だったと思う。
ちゃんとチャペルの部屋もあった。
f0189867_15042749.jpg
f0189867_15053560.jpg
f0189867_15053998.jpg

絶景です!
f0189867_14545828.jpg
この絶景ポイントの端っこで
ヨガしてる人がいました。

それとウェディングドレスを着て
勝手に撮影会して
係員に注意されてる人も。

世界にはいろんな人がいるもんです。
自由すぎるだろ~(笑)


f0189867_14555586.jpg

私は個人的に
この当時の調理場と道具の数々にうっとりでした。
f0189867_15091684.jpg
f0189867_15092214.jpg


宮殿内にカフェもありましたよ。
f0189867_14585508.jpg


おおー
さっきよりまた随分観光客が増えてるやん。
f0189867_15101100.jpg


ということで
ペーナ宮殿はここまでにして
次はシントラの街歩き。
















by snapdragon0791 | 2018-11-16 15:20 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 15日
ポルトガルに行ってきたよ②
さてさて、
遅延した飛行機も無事ヘルシンキを離陸し
リスボンへは深夜11時すぎに到着。

しかしそこからがまた・・・

つぎはぎだらけのリスボン空港
アップダウンとクネクネ通路を
テクテクテクテク歩いて。
やっと手荷物ターンテーブルにたどり着いたと思ったら
なっかなか荷物が出てこない(笑)

結局出口ゲートを出たのは30分後くらい。
それでも現地ドライバーのサントさんが
ちゃんと笑顔で待ってくれていました。

ホテルまでの車中
英語もカタコトの私達でしたが
サントさんはとても紳士的で
親切にいろんな話をしてくれました。

深夜0時過ぎホテル着。
リスボンでの宿泊は4泊とも同じ
My Story Hotel Rossio(マイストーリーホテルロッシオ』。
街歩きがメインのリスボンでは立地を優先しました。
ここ数年、ポルトガルは観光客が激増し、
リスボンのホテル価格が高騰しているとのこと。
星3つでも結構なお値段しましたよー。
それでもせっかくなので部屋は奮発してロシオ広場ビュー。
その甲斐あって深夜の到着でしたが
しょっぱなから美しい夜景が楽しめました。
f0189867_10200401.jpg

f0189867_10201039.jpg


そして部屋の窓際に
ワインのプレゼント。
今回手配をお願いした旅行会社『旅工房』さんからでした。
どよーんと疲れていたところに嬉しいサプライズ。
f0189867_10163222.jpg

部屋はかなり狭めでしたが
ここにしてよかった!
(リスボンは各ブロック建物ぎゅうぎゅうな街なので
部屋が狭いホテル多いみたいです)

さぁ!明日は事前に申し込んでおいたプライベートツアー。
おやすみなさーい。









by snapdragon0791 | 2018-11-15 10:41 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 14日
ポルトガルに行ってきたよ①
10月後半、
夫婦でポルトガルを旅してきました。

6泊8日。結構ゆっくり。

「なんでまたポルトガル?」
といろんな人に聞かれました(笑)
なんで・・・んー・・・
昔からなんとなくポルトガルは行ってみたい国だった。
でも先にやっぱりスペインかなぁと思い
3年前にスペインへ。

そして今年。
一応結婚25周年、つまりは銀婚式ってのにかこつけて
今度はポルトガルへ。

首都『リスボン』に4泊。
第2の都市『ポルト』に2泊。

いやぁ~それぞれに良さがあり
フォトジェニックで本当に素敵な街でした。
f0189867_21462598.jpg
f0189867_21484871.jpg



ではこれから
ポルトガル旅行記にしばしお付き合いくださいませ。
(今回は最終日編までちゃんと更新する心づもりではいますwww)

今回、初めて「フィンエアー(フィンランド航空)」を利用しました。
日本からポルトガルまでの直行便はありません。
フィンエアーの場合はヘルシンキ経由→リスボン行きとなります。

ポルトガルは時差マイナス8時間(サマータイム)ですから
福岡を午前に出発すれば
リスボンへ同日の夜到着することができるんですよ。

さぁ、出発。
行きも帰りも座席は翼の少し後ろでした。
f0189867_21013694.jpg

フィンランドといえば!
そう!マリメッコ!
機内の枕も毛布もカップも全部マリメッコづくしです。
女子心をくすぐります。
f0189867_21014312.jpg

f0189867_21070364.jpg

機種によるのかもしれませんが
前後のシートピッチは結構狭い。
夫ティカシは身体大きいからちょっと可哀想(笑)
f0189867_21060518.jpg

f0189867_21312119.jpg

f0189867_21312617.jpg


まだまだ道のりは長い・・・
f0189867_21181678.jpg


フィンランドのビール。
やっぱりデザイン性が高いわ☆
f0189867_21061127.jpg


フィンランド人?のCAさんたちは
みんなお人形さんのように美しかった。
ティカシもやっぱ違うなぁと呟いてましたから(笑)
しかし誰と比べてんねんっ。

それでもってわりとフレンドリー。
カートでなく両手にワインボトルの赤と白を持って
「白ワイン~赤ワイン~」
と日本語で言いながら回ってくれてました(笑)

機内食はまぁまぁ美味しかったです。
f0189867_21183812.jpg

しかしシーフードカレーはイマイチ。
f0189867_21183477.jpg

これ、大好き。
窓に張り付く結晶。
毎度ついつい撮っちゃいます。
f0189867_21062621.jpg

そして約10時間後
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着。

マリメッコがボディに描かれてる、かわいい♪
f0189867_21064254.jpg


結構寒々しくて寂しい印象。
(実際空港に降り立った瞬間寒かった~)
f0189867_21063830.jpg

f0189867_21304910.jpg

空港内はやっぱりおしゃれ。
f0189867_21274225.jpg

f0189867_21304492.jpg

あちこちに木が使われていて
f0189867_21303628.jpg

充電コーナーもこんなん。
f0189867_21304087.jpg

トイレも入ったら
鳥のさえずりがチュンチュン鳴くの。
さすが国土のほとんどが森と湖の国。
ナチュラル感ハンパないです。

そうそう
ヘルシンキ空港は日本人に優しいです。
日本語を話せるスタッフが沢山いるし
看板などの案内や注意書きも
日本語表記があります。

ただ・・・このあと
リスボン行きの乗り継ぎ便が
2時間近く遅延しました( ;∀;)
しかも何の説明もなく。
これくらい”海外アルアル”なのかもしれませんが。

リスボン空港に送迎をお願いしていたので
「どうしよう!連絡しなくちゃ」
と胃がキューっとなったKANAなのでした。



つづく










by snapdragon0791 | 2018-11-14 21:42 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)