カテゴリ:海外旅行( 20 )

2018年 11月 24日
ポルトガルに行ってきたよ⑤レガイラ宮殿
レガイラ宮殿
異空間でわくわくする迷宮でした。
ガイド本では
まるでRPG(ロールプレイングゲーム)の世界とか
ファンタジーの世界とか表現されているようです。

もともと王族の宮殿だったものが売りに出され
それを大富豪が買い取り
みるみる庭や建築物に大改造が行われた。
錬金術の研究、テンプル騎士団、フリーメイソン、、、
いろんな形跡や紋章があちこちに残されている。


ゾクゾクっとするような
「イニシエーションの井戸」。
f0189867_17041242.jpg
ここでどんなイニシエーション(儀式)をしたのか???
なんかちょっと不気味。
螺旋階段を降りてみまーす。
f0189867_17051004.jpg
水はないので井戸の底から見上げることができます。
儀式でもこの神々しい光に何かを感じたんでしょうかね。
f0189867_17053252.jpg
井戸の底には横穴があり
そこからは真っ暗な洞窟が続きます。
f0189867_17095442.jpg
よー掘ったなぁ~こんな洞窟。
途中で二股に分かれていたり迷路のようです。
やっと明るい出口に着いたと思ったら奇妙な積石の橋があったり。
f0189867_17114351.jpg

でも宮殿の姿はとっても魅力的なんです。
f0189867_17152789.jpg
礼拝堂もあります。
f0189867_17164777.jpg
発見!フリーメイソンのマーク!!!
f0189867_17153927.jpg
f0189867_17154424.jpg
ここレガイラ宮殿は
かなり広大な敷地なので
有名なポイントだけをサクッと回って終了。

敷地内のカフェでひとやすみ。
ティカシとゲンさんもほっこり。
f0189867_17304037.jpg

きたきた!
ポルトガルビール「SAGRES(サグレス)」
昼のみにぴったりな軽いのど越し。
f0189867_17304410.jpg

次なる目的地は『ロカ岬』です。




by snapdragon0791 | 2018-11-24 21:11 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 18日
ポルトガルに行ってきたよ④シントラの街
シントラは本当に緑の中にある町って感じ。

イギリスの詩人バイロンが”この世のエデン”と表現したそう。
なんだかわかります。
おとぎの国のような不思議な空気が流れている感じしました。

そんな山間の小さな町に
観光客がすし詰め状態。
f0189867_22320303.jpg



これは『シントラ宮殿』。
f0189867_22594986.jpg


ヨーロッパってどこ行っても
オープンカフェがたくさんで
いいですよね~
f0189867_22321011.jpg



ゲンさんがシントラ伝統菓子の有名店に案内してくれました。
『ピリキータ・ドイス』。
f0189867_22365958.jpg


ここの「ケイジャーダ」が大人気。
ティカシが並んで買ってくれてます(笑)
f0189867_22373983.jpg


これこれ。
f0189867_22372067.jpg


外側は乾燥した餃子の皮のような・・・
中の生地はもったりとしていて、んー博多通りもんの餡に似てる?
ほんのりシナモンのようなスパイスの香りがしました。
チーズタルトと聞いていたのですがチーズの存在はあまり感じず
だいぶイメージが違いました。



それからこれもポルトガル名物
「ジンジーニャ」。
さくらんぼのお酒です。
今度は私とゲンさんで買ってまーす。
f0189867_22372587.jpg

f0189867_23311126.jpg


一口サイズのカップで提供されます。
カップがチョコでできてるのもあるんですよ。
私らはプラカップにしましたが。
お味はとっても甘~い!
梅酒のような味で私は大好きになりましたよ。
(ティカシはもういいと言ってましたw)




それから小道をテクテク歩いたりして。
f0189867_22374688.jpg


ゲンさんおすすめの穴場絶景ポイントでシントラの景色を眺めたり。
f0189867_22322392.jpg


f0189867_22532719.jpg


f0189867_22531619.jpg



イベリア半島最古のホテル
「Lawrence's Hotel」。
f0189867_23045394.jpg



ここ、あとで調べたんですが
最古と言っても中はかなりおしゃれなホテルのようです。
いつか泊まってみたいな~



突然ですが問題です!
この木はなんでしょう?
f0189867_23105587.jpg

f0189867_23115211.jpg


もうおわかりですね?
そう!コルク樫の木です。
ポルトガルはコルクの生産世界一。
前にTVで見ましたが一度樹皮(コルク)を採取したら
次は9年後の再生まで待たなければならないとか。
剥がされてすぐの木肌は真っ赤でとても痛々しかった。
そんなの知ると普段飲んでるワインのコルクも
軽々しくポイっとは捨てれなくなります。





さ、次はワクワクの探検スポット『レガレイラ宮殿』です。






by snapdragon0791 | 2018-11-18 23:22 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 15日
ポルトガルに行ってきたよ②
さてさて、
遅延した飛行機も無事ヘルシンキを離陸し
リスボンへは深夜11時すぎに到着。

しかしそこからがまた・・・

つぎはぎだらけのリスボン空港
アップダウンとクネクネ通路を
テクテクテクテク歩いて。
やっと手荷物ターンテーブルにたどり着いたと思ったら
なっかなか荷物が出てこない(笑)

結局出口ゲートを出たのは30分後くらい。
それでも現地ドライバーのサントさんが
ちゃんと笑顔で待ってくれていました。

ホテルまでの車中
英語もカタコトの私達でしたが
サントさんはとても紳士的で
親切にいろんな話をしてくれました。

深夜0時過ぎホテル着。
リスボンでの宿泊は4泊とも同じ
My Story Hotel Rossio(マイストーリーホテルロッシオ』。
街歩きがメインのリスボンでは立地を優先しました。
ここ数年、ポルトガルは観光客が激増し、
リスボンのホテル価格が高騰しているとのこと。
星3つでも結構なお値段しましたよー。
それでもせっかくなので部屋は奮発してロシオ広場ビュー。
その甲斐あって深夜の到着でしたが
しょっぱなから美しい夜景が楽しめました。
f0189867_10200401.jpg

f0189867_10201039.jpg


そして部屋の窓際に
ワインのプレゼント。
今回手配をお願いした旅行会社『旅工房』さんからでした。
どよーんと疲れていたところに嬉しいサプライズ。
f0189867_10163222.jpg

部屋はかなり狭めでしたが
ここにしてよかった!
(リスボンは各ブロック建物ぎゅうぎゅうな街なので
部屋が狭いホテル多いみたいです)

さぁ!明日は事前に申し込んでおいたプライベートツアー。
おやすみなさーい。









by snapdragon0791 | 2018-11-15 10:41 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 14日
ポルトガルに行ってきたよ①
10月後半、
夫婦でポルトガルを旅してきました。

6泊8日。結構ゆっくり。

「なんでまたポルトガル?」
といろんな人に聞かれました(笑)
なんで・・・んー・・・
昔からなんとなくポルトガルは行ってみたい国だった。
でも先にやっぱりスペインかなぁと思い
3年前にスペインへ。

そして今年。
一応結婚25周年、つまりは銀婚式ってのにかこつけて
今度はポルトガルへ。

首都『リスボン』に4泊。
第2の都市『ポルト』に2泊。

いやぁ~それぞれに良さがあり
フォトジェニックで本当に素敵な街でした。
f0189867_21462598.jpg
f0189867_21484871.jpg



ではこれから
ポルトガル旅行記にしばしお付き合いくださいませ。
(今回は最終日編までちゃんと更新する心づもりではいますwww)

今回、初めて「フィンエアー(フィンランド航空)」を利用しました。
日本からポルトガルまでの直行便はありません。
フィンエアーの場合はヘルシンキ経由→リスボン行きとなります。

ポルトガルは時差マイナス8時間(サマータイム)ですから
福岡を午前に出発すれば
リスボンへ同日の夜到着することができるんですよ。

さぁ、出発。
行きも帰りも座席は翼の少し後ろでした。
f0189867_21013694.jpg

フィンランドといえば!
そう!マリメッコ!
機内の枕も毛布もカップも全部マリメッコづくしです。
女子心をくすぐります。
f0189867_21014312.jpg

f0189867_21070364.jpg

機種によるのかもしれませんが
前後のシートピッチは結構狭い。
夫ティカシは身体大きいからちょっと可哀想(笑)
f0189867_21060518.jpg

f0189867_21312119.jpg

f0189867_21312617.jpg


まだまだ道のりは長い・・・
f0189867_21181678.jpg


フィンランドのビール。
やっぱりデザイン性が高いわ☆
f0189867_21061127.jpg


フィンランド人?のCAさんたちは
みんなお人形さんのように美しかった。
ティカシもやっぱ違うなぁと呟いてましたから(笑)
しかし誰と比べてんねんっ。

それでもってわりとフレンドリー。
カートでなく両手にワインボトルの赤と白を持って
「白ワイン~赤ワイン~」
と日本語で言いながら回ってくれてました(笑)

機内食はまぁまぁ美味しかったです。
f0189867_21183812.jpg

しかしシーフードカレーはイマイチ。
f0189867_21183477.jpg

これ、大好き。
窓に張り付く結晶。
毎度ついつい撮っちゃいます。
f0189867_21062621.jpg

そして約10時間後
ヘルシンキ・ヴァンター国際空港に到着。

マリメッコがボディに描かれてる、かわいい♪
f0189867_21064254.jpg


結構寒々しくて寂しい印象。
(実際空港に降り立った瞬間寒かった~)
f0189867_21063830.jpg

f0189867_21304910.jpg

空港内はやっぱりおしゃれ。
f0189867_21274225.jpg

f0189867_21304492.jpg

あちこちに木が使われていて
f0189867_21303628.jpg

充電コーナーもこんなん。
f0189867_21304087.jpg

トイレも入ったら
鳥のさえずりがチュンチュン鳴くの。
さすが国土のほとんどが森と湖の国。
ナチュラル感ハンパないです。

そうそう
ヘルシンキ空港は日本人に優しいです。
日本語を話せるスタッフが沢山いるし
看板などの案内や注意書きも
日本語表記があります。

ただ・・・このあと
リスボン行きの乗り継ぎ便が
2時間近く遅延しました( ;∀;)
しかも何の説明もなく。
これくらい”海外アルアル”なのかもしれませんが。

リスボン空港に送迎をお願いしていたので
「どうしよう!連絡しなくちゃ」
と胃がキューっとなったKANAなのでした。



つづく










by snapdragon0791 | 2018-11-14 21:42 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 18日
スペイン旅行⑭グラナダ(フラメンコ編)
「せっかくアンダルシア地方いくんだからフラメンコ見ようぜ!」
とティカシが言うもんで日本にいる間に予約しておきました。

現地グラナダについてまず予約手配で御世話になった
「日本語情報センター」の石谷さんのもとへ。

日本でプリントアウトしてきた案内片手に
「このあたりのはずなんだけど~・・・」
f0189867_11391374.jpg

「あった!」
f0189867_11251926.jpg


メールでやりとりしてどんな人だろうと想像してましたが
なかなかの男前さんで、とっても気さくな方でした。
そして、なんと!もうひとつの職業はフラメンコの踊り手なんだって。
かっちょいい~☆

支払いを済ませ、ガイダンスを終え、
石谷さんからフラメンコ以外の地元情報も沢山頂きました。
個人旅行だけに心強く有難かった。
少しお金を払ってでもお願いしてよかったと思いましたよ。

そして夕方、予定通りタクシーチャーターで
いざ世界遺産アルバイシンの丘までグーンと登ります。

ついた!本場ジプシーフラメンコを観れる店、
(石谷さんいわく実力は市内一だそう)
Tablao Flamenco Albayzin(タブラオ・フラメンコ・アルバイシン)』
f0189867_114191.jpg

※タブラオとは板張りの踊り舞台の設置されたバルや飲食店の事らしい


お店が開くのを待つ人たちがパラパラ?
f0189867_11523159.jpg

この上の写真のサングラスの人、よーく見といてね。


開店まで丘からの景色を眺めていました。
屋根の色が統一されてて絵になりますね~
f0189867_11541714.jpg

アルバイシンの丘からの夜景がこれまた素晴らしいらしい。
ショーを観た後みれたらいいな。
f0189867_11535434.jpg


何やら塔もあります。
f0189867_11553333.jpg

f0189867_11554218.jpg


バス停に目がある!?
f0189867_12111397.jpg

f0189867_12112633.jpg


そうこうしてたら日が暮れてきました。
f0189867_12105617.jpg



お店もやっとオープン!
艶めかしい入口じゃああーりませんかっ。
f0189867_1212485.jpg



まだ誰もいない舞台。最前列に座りました。
f0189867_12145798.jpg



さ、役者は揃った!
f0189867_12152172.jpg



私らの目の前に座った踊り子さん、めっちゃめちゃキレイ!
f0189867_12155069.jpg



正直なめてました!
悲哀の表情!踊りの強弱!手拍子!すごい迫力!鳥肌もんです!
f0189867_12161710.jpg

f0189867_1218868.jpg

f0189867_1250673.jpg

f0189867_1250217.jpg


男性の踊り手さん。(正直やっぱり女性の方が見ごたえある)
f0189867_12182485.jpg



歌い手のアントニオ、タイプです(笑)むふ♪
f0189867_12295617.jpg


ん?その横にいる人、どこかで見たような・・・
そうです!あのサングラスの人~(笑)
フラメンコギターの弾き手さんだったんだ。
f0189867_12253018.jpg



終盤。愉しそうな踊りに変わりましたよ。
f0189867_12512190.jpg

f0189867_12184052.jpg

f0189867_12513390.jpg


物語があったんですね、最後はフラワーシャワーで祝福のシーン。
f0189867_12274556.jpg


動画もたっくさん撮りました。
いま見ても感動します。

それから夜景ツアー?
と思ったら時間がなくなり、渋々帰りのチャーターバスへ。
またグーンと下ってアルバイシンにさようなら。
f0189867_1232959.jpg


私の住んでる福岡のスペイン料理店でも
フラメンコショー観たことあるんですが
正直〝別もん”です。
本場のフラメンコを観てそう思いました。
あの震えるような、激しい悲しみ?怒り?
そんな感情が踊りに込められてる感じが伝わってきました。
愉しそうな踊りもよかった!

夫婦して本場フラメンコに骨抜きにされちゃった夜でした。

by snapdragon0791 | 2015-06-18 12:39 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 18日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅲ)
グラナダいったら絶対ハシゴ!です。

プラプラ歩いてテキトーに飛び込んでみようってことに。

で、見つけたのがココ。
LA CUEVA(ラ・クエバ)』
f0189867_10241125.jpg

生ハムのカーテン!ココは天国か(驚)!?
f0189867_10354360.jpg

f0189867_10443030.jpg

そう、このお店は生ハムで有名なお店らしい。
地元人にも人気のようで、お客さんいっぱい!
f0189867_1032783.jpg

悩んでおります(笑)
f0189867_10375394.jpg

で、リオハの赤ワイン。
f0189867_1041124.jpg

もっちろん、ここでも〝おまけタパ”がデーンときました。
(写真撮り忘れ)
お皿ではなく大きなパラフィン紙のランチョンマットみたいのを敷かれ
そこにビックリするくらい大きなパンと厚切りハム。
もはや無料の量じゃありません(笑)しかも美味しい!
これじゃあ他のメニューまでいきつかない・・・

お腹をさすりながら表へでると、
店前のベンチに座る地元のオッチャンから声をかけられた。
で、しばし世間話。
f0189867_1046641.jpg

f0189867_10461813.jpg

言葉通じたんでしょうかね~
酔いもまわってて、会話の内容も覚えてない私です(笑)

それから、またプラプラ。

むむ?
こんな夜中に何やらすごい行列。
f0189867_10504482.jpg

あ!ここガイド本でみたアイスクリーム屋さんだ!
Los Italianos(ロス・イラリアノス)』
あとで知ったんですが、このお店、冬場はクローズするらしく、
地元では毎年このお店が開くと春の訪れを感じるらしい。

で、甘党のティカシさん、もちろん並んでます。
f0189867_1052513.jpg


ゲットして嬉しそう。
f0189867_1103895.jpg

実食後はご満悦。
f0189867_116121.jpg

私も味見~
f0189867_1111796.jpg


グラナダのアイス、安くておいしかったです。

すっかり夜も更けて・・・
f0189867_1171096.jpg

でもグラナダの夜はまだまだ賑やかです。
しっかし、街灯もオシャレ~♪
f0189867_1173220.jpg


もっとバルを回りたかったけど
もうお腹がパンパンでギブアップ。

タクシーを拾って
幻想的なオレンジ灯の小道をビュンビュン飛ばす飛ばす!
宿パラドールまで戻ったのでした。
f0189867_1194146.jpg


こうしてグラナダのバル巡りは幕を閉じました。

by snapdragon0791 | 2015-06-18 11:13 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 17日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅱ)
一軒目のバルで出鼻をくじかれた感じでしたが
なんのなんの、私らはめげませんっ。

旅の初っ端、マドリの冷~たい店員さんで
だいぶ免疫つきましたから(笑)

それから、翌日夜もバル巡りへ。

宿パラドールから街中までは
循環してくれるアルハンブラバスを利用。
かわいいでしょ♪
f0189867_161478.jpg

ぎゅうぎゅう満員。
f0189867_17571340.jpg

なんとベンツだよ、このバス。
f0189867_16152349.jpg


さっ、街に着いたら
おまけタパ”を目指して進め~!!!!!

こんな風に路地裏に
飲食店や雑貨屋さんなどがワシャワシャひしめきあってます。
f0189867_16132327.jpg


すっかり慣れてきた突然のミストシャワー!
f0189867_16192930.jpg


ついた!
お目当ての『BAL CASA JULIO(バルカーサ・フリオ)』
f0189867_17325520.jpg

ここでもやはり常連さんらしき人たちがカウンター飲み。
いい~感じのお店ですね☆
f0189867_1738062.jpg


「ola!」
大忙しの店のオッチャンに声かけたら
ニッコリしてくれて待っててみたいな合図されたので
外の席を確保し待つ。

で、無事オーダー。

ティカシはアルハンブラビール。
私はワイン。
f0189867_17395871.jpg

これがとにかく美味しい地ビールなのだっ。
ティカシ満足そう。
f0189867_17403992.jpg

私もルンルン。
f0189867_17434212.jpg

そして、きたきたぁ~!
ホントに出てきたよおまけタパ
小さいイカのフリットと野菜のマリネっぽいの、大盛!
f0189867_17452972.jpg

二杯目頼んだらまたきたぁ~!
今度は何か得体のしれない食感のフリット。たぶん魚系、また大盛!
f0189867_17465977.jpg

ちゃんと最初のとかぶらないように違うタパを出してくれます。
こりゃあすごいサービスだぁ!
グラナダばんざーい☆

オッチャンすごくフレンドリーでかわいかった。
f0189867_17484937.jpg


ティカシも「バルはやっぱりこれだよね~これこれ!」とすっかりご機嫌。
f0189867_17492621.jpg


わんちゃん連れのお客様も。
あ~私も半平太とこんなバルで飲みたいっ(*^。^*)
f0189867_1750944.jpg


早めに来てよかった!外のテーブルもいつも間にか満席。
そのへんの建物の凹みに腰かけて飲んでるお客さんもいました(笑)
f0189867_17505720.jpg

空も暗くなってきました。
f0189867_17512730.jpg


あ~グラナダ最高~!
次のお店へ・・・

by snapdragon0791 | 2015-06-17 17:55 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 17日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅰ)
スペイン旅行したのが昨年の7月だったから
もうすぐ1年。
あれれ~すっかりブログの続きをサボってました~(~o~)

グラナダのアルハンブラ宮殿ネタもちょっと飽きたんで
ここらで食事について。

グラナダに行ったら絶対バルをハシゴするんだ~!!!!!

と張り切っていたわけ。。。

だって!
グラナダでは1杯飲みものをオーダーする毎に
タパが無料でついてくるんだものぉぉぉぉ~

すばらしい文化じゃありませんかっ♪♪♪

ところが
このオマケタパがついてこない店もありました。
それは観光客にも地元人にも有名な店
Restaurante Bar Leon(レオン)』。
f0189867_162273.jpg

ネットでのクチコミ評価もかなり高かったし、
地元在住の日本人の方からもオススメされたので
かなり期待してたんですが、、、

「チッ、また日本人観光客かよ」
という態度で店員のおっちゃん、かなり無愛想。
カウンターの常連客にはめっちゃ愛想よろしいご様子だったんで。

奥のテーブル席にすすむと
確かに私ら以外に日本人客けっこういました(笑)

中はカワイイ感じ。
f0189867_1624718.jpg


f0189867_1632949.jpg


海老のオイル煮とガスパチョをオーダー。
f0189867_1635781.jpg

ワインもね。
f0189867_164744.jpg


うん、海老はごく普通。
カスパチョは美味しかった~

え?
おたくらにしては注文数が少ないねって?

そう!私ら急いでたんです!
(ならワインをボトルで頼むなって!?)

フラメンコショーを観に行く時間が迫っていたので!

フラメンコについては後程ね~

by snapdragon0791 | 2015-06-17 16:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 18日
スペイン旅行⑫グラナダ(パラドールのパティオ)
アルハンブラ宮殿内にあるホテル(パラドール)。
ここを宿泊先にして本当によかった!

アルハンブラ観光はめっちゃめちゃ歩きます。
ヒールで来る人にはバカちん!って言いたくなる位に(笑)

だからね、
疲れたら「ちょいと休憩」ってホテルに戻れるのはすごく有難い。

パラドール内の中庭(パティオ)は宿泊客しか入れません。
※レストランは宿泊客以外も入れます。

吹き抜けだから明るくて、すごーく気持ちがいいの♪
f0189867_12241472.jpg

あれ、右のすみーーーーっこに見覚えのある短パン柄が(笑)

そう、ティカシが休憩中でした~
f0189867_1225480.jpg


噴水のチロチロ流れる音に癒されます。
f0189867_12253956.jpg


で、私はウトウトひと眠り。
f0189867_1226337.jpg


パティオを囲む回廊には美術品もセンス良く配置されてます。
f0189867_12273621.jpg


ガラス戸を隔てて
f0189867_12293884.jpg

ゆったりできるソファスペースも。
f0189867_12282894.jpg


ノブにもザクロ(=グラナダ)のタイルが。かわいい♪
f0189867_1229209.jpg


ささ、体力チャージしたら次はいよいよナスル朝宮殿へ。

by snapdragon0791 | 2014-12-18 12:34 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2014年 12月 18日
スペイン旅⑪グラナダ(カルロス5世宮殿)
カルロス5世宮殿
f0189867_1133252.jpg

突然現れる正方形の大きな大きな建物。

数々のイスラム様式のモザイクデザインなんかを眺めてまわり、
ここにきて、あれれ?突然のルネッサンス様式?
ちょっと違和感です。

外壁には勇ましい兵士たちの様子や
f0189867_11422286.jpg

かっちょいいレリーフなんかで装飾されておりますが。
これはカルロっさんかな?
f0189867_11413016.jpg


中に入ると円形の広場。
ぷぷぷ、左端で柱につかまるお兄さん、おもろいわ(笑)
f0189867_115255100.jpg

形状は美しい。
f0189867_11535642.jpg

美しいよ。
f0189867_11592460.jpg

二階にあがって。
f0189867_11544524.jpg

天井も素敵。
f0189867_11542628.jpg


だけどな~
なんだろ、こう~ライブ感が無いっちゅうか、
虚無?建物に命が吹き込まれてない感じ?
うまく言えないんですけど
まるで廃墟のような空気が流れてたんですよねぇ。

ここに関しては行く前に予習もしていなかったんですが
あとでガイド本読んだら、やっぱりね~

この宮殿はカルロス1世(カール5世)の命により
鳴り物入りで建築開始されたようだけど不遇が重なり
終いにゃグラナダの破産状態で結局未完成。
そっかー、完成してないんだねココ。
しかも熱い血潮で完成させたる!って意気込みも感じない。
だからあんな空気感だったんだぁ。

それでもせっかくきたから写真写真(笑)
知らないオジサンと並んで勝負(爆)
f0189867_1182836.jpg


美術館?博物館も併設されています。
ガラス張りの外から見るとライオンさんが。
f0189867_11584622.jpg


ティカシに疲れてる場合じゃないなんて言っといて
私もだいぶ疲れた(^_^;)
だって階段ばっかりなんだもーん。
f0189867_1171338.jpg

f0189867_1173651.jpg


ちょっと休憩。

by snapdragon0791 | 2014-12-18 11:59 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)