2014年 11月 05日 ( 1 )

2014年 11月 05日
四十の手習い。
先日友人ヨーコの作品も出展されている
ポシャギ」を見に行きました。

ポシャギとは韓国のパッチワークのこととばかり思っていた私ですが
説明をよくきくと、物を包む大判の布全般をいうそうで
日本でいう「風呂敷」みたいなもんだそう。

そのうちパッチワークのように縫い合わせたもの
(私がこれまでポシャギと呼んでいたもの)は、
正確には「チョガッポ」というらしい。

前置きが長くなりましたが
ヨーコは主婦、仕事をしながら、数多くの習い事をしている
パワフルウーマンなのです。

数ミリの縫いを合わせていく。。。こまかーい作業です。
めまいがしそうな手仕事チョガッポ。
ヨーコってば始めたばかりでお上手ですやーん(^<^)
f0189867_9244971.jpg

やさしい色合わせのランチョンマット♪

ヨーコの年齢は不詳ですが(笑)
わたくしも何やらかんやら四十の手習いを始めておりまして。。。

かれこれ1年半くらい通っている『絵画教室』は
仕事以外で珍しく集中力ギューン高まる貴重な時間。
毎回2時間があっちゅうまに終わっちゃいます。

初めて描いたデッサン。
これ、一応「びわ」です(笑)
f0189867_9311857.jpg


植物(とくに木々)にはそれぞれ個性がある、
例えば松はお爺ちゃん(老人)のイメージ、
柳はナヨナヨの女性のイメージ、とかね(笑)
f0189867_10111411.jpg


はじめて色をのせた「りんご」。
光の当たった部分と影の部分、すっごく難しい、、、
f0189867_1073062.jpg


これ、だいぶ慣れてきたころ。
一応「いちご」です。
f0189867_932234.jpg


骨格をしっかり知っておかなければならない、と先生。
骨骨ロック(人間の骨格)のデッサンも描かされたな(笑)
f0189867_1071474.jpg


そして現在途中なのが人物画。
この人、一応「佐〇間良子さん」。
デビュー当時の写真をみて描いた絵です。
※先生がおじいちゃんなので(おっと、叱られるwww)
モデルが昭和初期だったりする(笑)
f0189867_9471211.jpg

ちょっと眉毛を強くしたり、髪の毛を栗色にしたり、
想像力や遊び心も加えて描いてごらんと先生に言われ
毎回少しずつ進めて頑張っております(^_^;)

墨の濃淡だけで奥行や艶を表現したり、
混ぜ合わせで無限の色をつくりだしたり、
自分が絵を習いだすとなおさら
アーティストの友達likeiさんのスゴさがよぉくわかる。。。

いくつになっても遅すぎることはないんですね、
世の中にはまだまだ興味深いことがたっくさんです!!!!!

by snapdragon0791 | 2014-11-05 10:19 | たのしいこと | Trackback | Comments(8)