2008年 11月 25日
源右衛門窯を訪ねて。。。
先日、佐賀のうつわめぐりでお邪魔した『源右衛門』さん。
工房でのお話など大変興味深い体験でした。ぜひ同社HPもみてください。

これも、人でごったがえする春の陶器市ではとても無理だったでしょう。
秋の陶器まつり、ねらい目ですよ~何よりゆっくりと楽しめます。
(各窯元さんで「ふるまい」をいただくこともできるし037.gif

ところで「有田三衛門」というコトバご存知でしょうか?
私も今回帰って調べてみました。

「柿右衛門」「今右衛門」「源右衛門」の三つ。

それぞれいまも第十二・十三代目の方々が受け継ぎ活躍されているようです。

柿右衛門は白磁(余白)を生かしすっきりした色絵付け。赤絵の美しさが特徴。
今右衛門
も同じく美しい色絵付けが特徴。藩窯一の優れた赤絵付技術。「色鍋島」で有名。
源右衛門は華麗な赤絵とは少し違う渋い色合いの作品も多い。今も伝統を守った製法は他にない。

つまり源右衛門窯では、今でも非効率ながら轆轤(ろくろ)、絵付け、窯焚き、上絵付けなど、
一品一品昔ながらの製法を守り創りあげられているのです。
入り口をすすんでまず目に入るのは高い煙突。
f0189867_11232017.jpg

薪がたくさん!いまでも薪焚きで焼かれるから。
f0189867_11243934.jpg

ちょうど窯焚き師の方が薪をくべてらっしゃいました。とたんにゴォーと炎がっ!
f0189867_11255276.jpg

続いて『細工房』へ。
天井が低いのにも理由があるの。頭上に軽く傾斜をつけた棚が。
うつわを乾かす棚なんです。昔の人の智恵、、、すばらしい。
f0189867_11275762.jpg

おっ、珍しい!若い女の子が何か塗ってる!
f0189867_11303232.jpg

話しかけてみました。親切に説明をしてくれました♪
源右衛門では昔から作業がきちんと分担されていて、細かい最初の文様絵描きは男性
最後にまわりの地の部分を塗りつぶす作業は女性がするそうです。
ほぉ~それぞれの担当がそれぞれの仕事に全力を尽くす、素晴らしいわ。
「でも、自分が最後に失敗すると、また絵付け師の方に初めから描きなおして
もらわなくちゃならないんですぅ」
と彼女。確かに緊張するよねぇ、、、
※写真顔だしOKもらってます。
f0189867_11395936.jpg

そこらじゅうにまだ絵が描かれていない素のうつわが。
f0189867_11413275.jpg

筆入れも源右衛門です。この素朴な工房にもマッチ。
f0189867_11422740.jpg

このボコボコしたうつわ。それぞれの色を出すのに釉薬に工夫が。
赤は鉄錆び、緑は銅、あと何だっけか!?金粉や灰、いろいろ説明されたのに、、、
「すべてが化学反応ですよ」と工房の方がおっしゃっていました。昔の人スゴイ!
このボコボコも焼きあがるときにしまってどう仕上がるかわからないから難しいらしい。
f0189867_11482638.jpg

工房では気軽に職人の方々が説明してくれます。

次はギャラリーへ。同じ敷地内にあります。
f0189867_1158436.jpg

入り口には源右衛門の梅小紋がはめ込まれた椅子が。おっしゃれ~♪
f0189867_11594952.jpg

ギャラリーの中には沢山の作品が。もちろん購入することができます。
陶器市の時期には割引があります。
うつわもさることながら随所にすてきなお花が。。。
f0189867_122438.jpgf0189867_1242946.jpg
f0189867_1262110.jpg

左=大きな菊。これ本物です!
中=この盆栽の小菊、よぉく見てください。岩の隙間に根を伸ばし地中まで。そこから水を吸い上げ花を咲かせてるんです。すごいすご~い!竜白さんという方の作品でした。
右=これも中の花と同じ方の作品。かわいい。

「お茶でも飲んでいってください」といわれ、アプローチを抜けて奥の茶房へ。
f0189867_12292359.jpg

左手には古伊万里資料館、右手に見事な庭園。噴水のお魚も古伊万里。
f0189867_1213256.jpg

佐賀のお茶と抹茶が練りこまれた黒糖をいただきました。
f0189867_1236237.jpg

もちろんクロスもうつわも源右衛門です。ランプシェードだって源右衛門なんだから。
f0189867_12243667.jpg
f0189867_12255743.jpg

f0189867_12261488.jpg
f0189867_12263169.jpg

お茶についても詳しく説明をしてくださいました。
日本ではお茶の9割が「蒸し製法」の茶葉だそうですが、
ここ佐賀では珍しい「釜炒り茶」を作られているそうです。美味しかったです♪

これにて終了。

どうでしょう!『源右衛門窯』!
ぜひ一度たずねてみてほしい、すてきな芸術スポットです。

by snapdragon0791 | 2008-11-25 12:47 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/9750909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itijouji1969 at 2008-11-25 16:42 x
源右衛門いいですねえ。
勿論行ったことありません。

5月の有田陶器市には何度か行きましたが、人の多さに閉口しました。
また有田焼卸団地にも行ったことがあります。

だけど「秋の有田陶磁器まつり」は良さそうですね。

デジイチの写真が素晴らしいですよ。
Commented by snapdragon0791 at 2008-11-25 22:53
>itijoujiさん
写真褒めてもらって、嬉しいです!ありがとうございますっ。
地元のチーちゃんも言ってましたが本当に窯元めぐりは
「秋」がねらい目です。
たいした知識のないまま訊ねた私でしたが、
そこで沢山教えてもらい新鮮でした。
幾つになっても新しい発見って楽しいですね。
GETしたうつわで早く美味いポン酒のみたいです♪
Commented by ちらり~ん at 2008-11-26 17:32 x
KANAちゃん、とても素敵な紹介をありがとうございます。
いいですねぇ~。表面の有田市しか知らなかったのでほんと、良いこと教えて貰いました。!是非訪れてみたいです。

その時には又KANAちゃんにお聞きしますね。
Commented by snapdragon0791 at 2008-11-27 01:51
>ちらり~んさん
なんのなんの、
いつも私の拙いブログにおつきあい頂いてありがとうございます。
有田、本当にいいとこです。
チーがいなければ知らなかったところですので彼女に感謝。
日本って、九州って沢山いいとこありますね。
(宮崎を含め)
日本人として日本をもっと知りたいなと最近思います。
Commented at 2010-12-30 17:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< イムズに『HAKATA ONO...      佐賀うつわの旅 >>