2015年 12月 25日
シゲシゲコンビ来福
メリークリスマス!
どんなクリスマスをお過ごしですか?

我が家はご近所のフレンチ『ビストロトキ』で
ちょっとリッチにディナーしました。
口福なイヴだったなぁ~


さて、「モネ展」始まりましたね~

そのモネ展が始まる少し前、
私の母シゲヨが実家の近所友達(ってややこしい)シゲジィを連れて来福。
そう、大牟田のシゲシゲコンビ(笑)
目的はシゲジィのサラリーマン時代の後輩(これまたややこしい)が
出展されてる『三人展』。
市美の市民ギャラリーへお供してまいりました。

シゲジィと藤井先生(その後輩の画家さん)、
数十年ぶりの再会だったそうで
ブンブン何度も感激の握手されてました。
いいもんですね~こういう再会のシーンって。
私までジーンときました。

左からシゲジィ・シゲヨ・藤井良治先生。
f0189867_10114019.jpg

私も先生と一緒に。
f0189867_1045984.jpg

しっかしシゲヨさん写真下手すぎ(笑)

藤井先生の作品たち。
f0189867_10134521.jpg

ぷぷぷ。いっちょまえにポージングしとる。
f0189867_1082192.jpg

いや~すんごいパワフルな作品の数々に感動です。
f0189867_10162225.jpg

f0189867_101714.jpg

f0189867_1017239.jpg


他の先生方もスゴカッタ!
二科展で特選に入選された
「立石洋子先生」の素晴らしい作品『連鎖Ⅲ』。
f0189867_10215334.jpg

ゾウリムシ・・・独特の世界観が半端ない!!!
もともとゾウリムシの研究をされていたそうです(理科の先生)。
「こんなのじゃないの普通の絵も描くんですよ」
と笑っておっしゃった立石先生。素敵な方でした。
f0189867_10224777.jpg

色を重ねて重ねてまた重ねて〝透明”を表現する。
すんごい技術です☆
f0189867_10235131.jpg


津国進先生はこの日不在にされていましたが
その作品も見入ってしまう優しくて魅力的な絵の数々でした。
f0189867_102932100.jpg

f0189867_10295052.jpg

f0189867_1030980.jpg


三人展いってよかったな。
絵画鑑賞って心に栄養もらえます。

それから大濠公園そばの『牛亭』で贅沢ランチして。
シゲジィにゴチになりました~m(__)m

「糸島にいってみたいな」とのリクエストに
わたくしが観光ドライバーへと変身!

車中で愉しく会話しながらレッツゴーイトシマ♪

まずは『糸島手作りハム工房』。
シゲジィが息子さんたちへ
ハムをじっくり選んで大人買いして発送手配。
その間、私と母は手造りジェラートをパクつく(笑)

ハム工房の隣のハンドメイド革工房の『DURAM』さんを覗いて。

それから
少し足を伸ばして『石けん工房暇楽(からく)』で
私は愛用している手作り石鹸を購入。

またいちの塩で有名な製塩所『工房とったん』では
さむーい海風に吹かれながら、塩プリンを三人で仲良く食べました。
f0189867_10453934.jpg

f0189867_10464535.jpg


「牡蠣小屋にいってみたい」というシゲジィのリクエストで
最後は『船越の牡蠣小屋』。
f0189867_10485815.jpg

久々に船越いったけど、今はジャンパー貸してくれるんですね~
臭いつくし火の粉で服が焦げたりするし、これはナイスアイデアだわ。

食べ終わる頃には
すっかり外は暗くなり、すっかり体力も消耗し、
えっちらおっちら帰路についたのでした~

二人とも愉しそうにしてくれててよかった。
なんだか私もとっても愉快な一日でした(*^_^*)

by snapdragon0791 | 2015-12-25 10:59 | 日々のこと | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/24800694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-12-26 23:53
タイトル : マルモッタン・モネ美術館所蔵作品展から見る印象派を超えた..
クロード・モネClaude Monet クロード・モネ(1840-1926)は、生前に成功した画家で、晩年のものを中心に多くの作品を最期まで手元に残しました。これらは息子のミシェルが相続しミシェルの遺志でマルモッタン美術館に遺贈されました。その数およそ150点。モネが晩年に何度も取り組んだ「睡蓮」や「日本の橋」から、10代後半で描いたカリカチュア(風刺画)も含まれ、画家本人によるプライベート・コレクションです。この作品群を譲り受け、マルモッタン美術館は、「マルモッタン・モネ美術館」の名称となりました。... more
Commented by Koji at 2015-12-27 17:10 x
シゲジィの次男、こうじです。
日頃よりオヤジが大変お世話になっております。
初めてHPを拝見致しました。
シゲヨさま、皆さまに暖かく受け入れていただき、オヤジさんの日常の生活が充実したものであること、伺い知ることができました。本当にありがとうございます。
頑固で気難しいところもありますが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。
最近は帰省することも少なくなってしまいましたが、そちらへ伺った際はご挨拶に上がりたいと存じます。
私も含め、体調に支障を来すことも増えてくるお年頃なので、どうぞ寒くなるこれから、皆さまご自愛下さい。
そして、新たな年が皆さまにとって、素敵な年になりますことお祈りしています。
Commented by snapdragon0791 at 2015-12-28 10:17
>Kojiさん
まあまあ☆はじめまして~Kojiさん!
コメントありがとうございます。
こちらこそお父様には大変お世話になっておりますm(__)m
〝シゲジィ”なんてあだ名つけちゃってごめんなさい(汗)
シゲシゲコンビは陶芸仲間と出かけたりワイワイ日々愉しそうですよ~
もしかしたら私ら世代より元気かもしれない(爆)
とはいえ、やはり離れていると親の体調等心配ですよねぇ。
その点からもご近所にお友達がいてくれること、心強く有難いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Kojiさんも、お江戸は九州と違い深々と冷えますし
どうかご自愛くださいませ~



<< よー寝る。      天神クリスマスマーケット >>