2015年 11月 20日
【香川漆器】重箱は玉手箱!?
暗闇に浮かび上がる
コレはなんでしょう!
f0189867_23433495.jpg


こたえは・・・重箱

香川県の象谷塗(ぞうこくぬり)の角重箱です。
昭和51年に国の伝統工芸品に指定されたそう。
とってもスタイリッシュでしょう!

こちらは6寸サイズ。
f0189867_8285734.jpg

ワイワイつまめる行楽弁当つめてみました。


流行のギャザリングのシーンでも
重た~い大皿をよっこいしょ並べるよりも
軽くて丈夫なお重を活用して♪
f0189867_82615100.jpg



和の気分満点の日は
先付を盛り付けてどーぞ~♪
f0189867_831569.jpg



こちらは少し小さい5寸サイズ。
f0189867_8313954.jpg

二人分にぴったりな容量。


5寸だと入れ子の器はひとつが限界かなぁ~
f0189867_8351859.jpg

呑兵衛にはこれくらいが丁度いいか(笑)



シンプルな朱色の後藤塗も素敵なんですよ~!
こちら6寸。
f0189867_862716.jpg



いつものお料理をお重に詰めただけなのに
「あれ!?私ってまさかお料理上手!?」
普段のお料理がグ~ンとグレードアップして見えるの(^^)


内側の自然な木目がいい感じ☆
f0189867_850352.jpg



こちら5寸。
f0189867_23495584.jpg

風呂敷にくるくるキュッとくるんだら
レッツゴーピクニック♪


重箱、美しいだけでなく、すんごいチカラあるんですよ。
以下、『砥部工房からくさ』さんのサイトより抜粋↓↓↓

天然素材の漆は高い抗菌作用があるので、
料理を詰めて常温で置いても細菌などの繁殖を防いでくれます。
重箱には漆器が使われていたのも
その効果を昔の人々も理解していたからこそ。


すごくないですか!?
見た目だけでない理に適った伝統工芸品。

クールジャパンって言葉、最近よく耳にしますね。
あらためて日本の魅力を世界にアピール、いい試みです。

世界に誇れる我が国の伝統工芸を身近に感じることができる重箱
って大袈裟ですか(笑)?

ウン十万の器は買えないけれど、
少しだけ奮発して職人技感じる伝統工芸をひとつ手に入れる。
思ってる以上に幸福感を味わえますよ~

なにより、主婦の強い味方!
蓋を開けたらあ~ら不思議☆
重箱はお料理を100倍おいしくみせてくれる
玉手箱なのです!
100歳トシをとることはないのでご安心を(爆)


商品の詳しい説明とご購入は
『砥部工房からくさ』さんでどうぞ~⇒クリック

by snapdragon0791 | 2015-11-20 09:16 | お仕事(砥部焼撮影) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/24689143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みほ at 2015-12-06 10:35 x
力作重箱シリーズ~!!どれもおいしそー♪
重箱のテーブルコーディネートおしゃれですね!
チャレンジしようかな~
Commented by snapdragon0791 at 2015-12-07 08:56
>みほさん
みほちゃん、ありがとう~
軽くておいしく見せてくれて
テーブルも華やかに。便利だよ~
新婚さんにもぜひお遣い頂きたい♪


<< カッ、カメラがぁ~      静かな小戸公園 >>