2015年 08月 05日
小浜島への旅③(竹富編)
二日目。
お隣の島(といっても高速船で25分程かかりますが)『竹富島』へ。

手配が面倒だったので
ホテルのアクティビティ『竹富島 半日想いでコース』にお任せしました。

半日とあるが、実際島での滞在時間は約3時間である。
結構な弾丸ツアーです。

この日も晴天。
小浜港から八重山フェリーに乗ります。
f0189867_845484.jpg


海は昨日にも増してエメラルドグリーン。

竹富島に着いたら
まずはグラスボート遊覧
時折ゆーらゆら揺れます。
酔い止め飲んどいてよかった!

船底は望遠ガラスなのでしょうか、間近にサンゴが見えます!
シマシマやチェック、カラフルな模様のお魚さんたちが泳いでる。
感動~☆ニモもいたよ♪
f0189867_8431745.jpg

ガイドさんが愉しく説明してくれます。
美しい石垣の海色。
海底の珊瑚の死骸や白砂、プランクトンが少ない、
そこに空が反射して・・・等々いろんな条件が重なっているそう。

生まれて初めて「潜ってみたーい」と思いました。
実際は無理ですが(足がつかないとこでは泳げない)。

さ、お次は水牛車で集落巡り
三頭ほどの水牛さんがスタンバっていました。
おっ、大きいウシっ~!
f0189867_8592854.jpg


私たちの車を牽いてくれるのは「ワカちゃん」!かわいい~。
f0189867_8585976.jpg

早速乗り込みます。
f0189867_858336.jpg

まだ乗るの!?ってくらいに大人子供混ざって20人ほどでしょうか、
ぎゅうぎゅう詰め込まれました。
ワカちゃんが気の毒です(泣)

ゆっくりゆっくりワカちゃんが歩みをすすめます。
サンゴの石垣と真っ白砂の道。
ここは異空間です。

重要伝統的建造物群保存地区。
ゴミひとつ落ちていない白い砂の道。
集落の方々が大事に守っていらっしゃるんでしょうね。

牛引き(ガイド)のお兄さんの説明が始まります。
f0189867_92116.jpg


シーサー!
f0189867_97555.jpg

バナナ!
f0189867_984393.jpg

ドラゴンフルーツ!
f0189867_992489.jpg

ブーゲンビリアやハイビスカス、色鮮やかな花が咲き乱れ。
f0189867_914398.jpg


赤瓦にシーサー!
これぞ竹富島って感じしますね。
f0189867_934216.jpg

f0189867_934617.jpg

f0189867_9344781.jpg


三線で歌もうたってくれました。
f0189867_9192484.jpg

「安里屋ユンタ」と「新安里屋ユンタ」の二曲。
竹富島に伝わる民謡です。
実在した絶世の美女と彼女に惚れた男をうたったものらしい。
f0189867_9195821.jpg


お兄さんの歌が止むと
ギシギシギシギシ。
牛車のきしむ音だけが集落に響く。とても静かです。
f0189867_9151936.jpg

f0189867_930530.jpg

ものすごーく時間の流れがゆっくりに感じられました。

「ここに住みたーい!」また例の病気が出そうです(笑)

集落一周が終わりました。
ワカちゃんお疲れ様でした~

30分ほど自由行動。
集落を歩いてみたかったのですが、
とにかく日差しが凶器になりそうなくらい暑いっ=断念。

日本最南端のお寺「喜宝院」に併設する蒐集館へ。
f0189867_9473573.jpg

f0189867_938481.jpg

しかしココも扇風機のみで極暑~
それでもボランティア?ガイドさんの説明を聞いてみる。
沖縄の悲しい歴史。それは〝貨幣の歴史”でもみてとれる。
f0189867_9394798.jpg

米軍占領下に通貨として流通した通称B円(ビィーエン)。
アメリカ軍が発行した軍票だそう。

それから集合場所近くをウロウロ。
住民の方が貝殻の裏に書いているのは・・・
「民家です!入らないで!」
f0189867_954952.jpg

「庭に入らないで!」
f0189867_9545735.jpg

確かにこれだけの観光客がきますからね~
気が気じゃないでしょね。
当たり前ですけど、ここには集落の人達の日常があるんですね。
f0189867_9563018.jpg



つぎは星の砂海岸へ。
f0189867_982424.jpg


なかなか星の砂を見つけられないティカシ。
f0189867_9936.jpg


私が「ホラ、こんなんだよ。」
って1ミリ程の星の砂を探して見せてあげた。

「えー!こんなに小さいん!?こらぁ老眼には厳しいなぁ~」
とティカシ。

それでも最後は眼鏡をずりあげ必死で探しておりました。

二人で10個くらいを小瓶に持ち帰りましたよ。

この星の砂、実は砂ではなく、「有孔虫の抜け殻」だそう。
虫って聞くとちょっと・・・ね(笑)

ここも美しい海です。
f0189867_9145559.jpg


それよりも更に美しいコンドイビーチ
時間の関係で車中から・・・
f0189867_9151342.jpg

透明感抜群で遠浅の海に足をつけたかったのになぁ~残念。


こうして竹富ツアー終了。
行ってみてよかったです。

by snapdragon0791 | 2015-08-05 09:57 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/24333066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のん at 2015-08-05 13:59 x
なんと偶然にも2年前の夏、私達が乗った水牛車の牛もワカちゃんでした( ´ ▽ ` )
Commented by snapdragon0791 at 2015-08-05 15:12
>のんさん
のんちゃーん、爆笑した~
まさかのワカちゃんつながり!
今回小浜島いくときサノッチに連絡しようかと
思ったんだけど、確か毎回「黒島」行くって
聞いてたから小浜島はテリ外かなあと・・・
Commented by のん at 2015-08-05 17:54 x
私も爆笑しました( ̄▽ ̄)
さのっちは『ちゅらさん』が大好きなので、小浜島に行ったことあるらしいです。
KANAさんたちなんで小浜島に行ったんだろうってぶつぶつ言ってましたよ。
Commented by snapdragon0791 at 2015-08-06 09:07
>のんさん
さのっちが「ちゅらさん」好きとは!
小浜島に行った理由、、、
んーたまたま、かな(笑)


<< 小浜島への旅④      いっちょまえに・・・ >>