2009年 09月 20日
霧島アートの森で『蜷川実花展』をみたよ
少し前、likeiさんのブログで知って、絶対行ってみたい!いや絶対行こうと
心に誓った『蜷川実花展』。
ムチムチ(無知無知)の私が初めて蜷川実花さんを知った瞬間でした。
likeiさんに詳しく聞くと、益々早くこの目で見てみたいっ!

その一心で。
栗野ICで九州道を降り、グネグネぐねぐね、細い山道を走って、
霧島山麓「霧島アートの森」へ。

「ひっ、人喰い花~!?」
f0189867_1542249.jpg

、、、って、失礼しましたっ。
アーティスト草間彌生さん作“シャングリラの華”だそうです(笑)
さすがアートの森、エントランスからアートを見せつけられますっ。
f0189867_15421931.jpg

次に西川勝人さん作“ほおずき・コブシの森”。
つまりこれが“白いほおずき”ね。ふむふむ。
ほおずきに乗って遊んでる女の子がかわいい♪
f0189867_1551937.jpg

ズドーンとまっすぐ伸びたアプローチも全部計算されたアートだそう。
f0189867_15522589.jpg

木々はすべてコブシの木。
今の季節、丁度赤い実を沢山つけていました。(私はビジュアル的に苦手)
f0189867_160244.jpg

わぁ~入り口ドアに蜷川実花の写真だ。
f0189867_164917.jpg

ココから先はもちろん撮影不可。

いやー、
蜷川実花の世界は、噂どおり、すごかった!

相当数の芸能人たちが蜷川実花さんの魔法で、
「美しい人はより美しく、そうでない方は、、、それなりに、、、」撮られて(笑)
※昭和の方には懐かしいでしょう、このフレーズ。

やっぱ「色」で彼女の世界が確立されてる気がしました。

なかでも、私は「華」の写真が大好きです。こんな撮り方あるんだなぁって。

あ、ブサイクな金魚のキスシーンもめちゃめちゃかわいくて好きだったな。
でもね、そんなカワイイ写真にも深いテーマが隠されてて、考えさせられたり、、、

ドキドキするよな写真もあった、、、

ときに暴力的にもうつるキョーレツな被写体と色とアングル。
うわぁー、、、グロい、、、と振り返れば、
今度は、思わず微笑んでしまう動物達の優しい瞬間。

こんひたぁ~(この人は)、いったいぜんたい、
どげんか人やろか(どんな人なんだろ)?

頭を抱えつつも惹かれてしまう、、、とっても魅力的なアーティストですね、
蜷川実花さん。

最後にまた「人喰い花」、、、もといっ、“シャングリラの華”と同作家の作品。
“赤い靴”をパシャリ。
f0189867_16383244.jpg


『霧島アートの森』で、つかの間の目の保養でした。

★MEMO★
車で行かれる際は、、、
二通りの道がありますが、広い道路(大型車用)を行かれたほうが楽チンです。
復路はそちらから帰りました。

by snapdragon0791 | 2009-09-20 16:42 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/11970105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆか at 2009-09-20 23:23 x
蜷川実花の写真好きなんですよ~。
あの色にすごくひきこまれる感じがして。
芸能人の写真も色気がありますよねえ。
KANAさんも彼女の写真の魅力にひきこまれたようで
なんだかうれしーい。福岡でも写真展やってほしいですね。
Commented by snapdragon0791 at 2009-09-21 08:28
>ゆかさん
へぇ~ゆかも知ってたんだね。って有名だモンね(笑)
そういえば、土屋アンナの写真やらで私も普段見かけてたのに。
あの鮮やかな発色は他にないよね。
福岡で、、、きっと近いうちあるんじゃないやろか。
Commented by miho_crb720 at 2009-09-22 10:42
いいですよね~ 霧島アートの森。
私、電車で行きましたけど 電車の本数が少なくてかなり大変だった記憶が。。
草間彌さんの毒々しい色使いが森の緑、空の青にはえますよね~。
個人的には、森の中に人がいっぱい立ってるアート(名前忘れたけど。。)がなんか幻想的で好きでした~
変な形だけど。。
Commented by snapdragon0791 at 2009-09-22 13:43
>mihoさん
電車でいったんだぁ~!!それは大変だったでしょう。
そうそう、この美術館のウリは広大な敷地内のアートだもんね。
私らは時間がなく、館内の蜷川実花のみ拝んで帰りました。
今度はゆっくりいってみたいわ。


<< 『沈壽官(ちんじゅかん)』の黒...      SAMASAMAでBBQ >>