2009年 01月 13日
季節はずれですが。。。
さきほど、お友達のitijoujiさんのブログにおじゃましたところ、
宮崎にある名木の写真が載っていました。
「ん!?まてよ、なんか私もこのような写真を撮ったぞ・・・」
しばしシンキングタイム・・・039.gif

「あ~、そうだ!有田のオオイチョウだっ!」
秋の陶器祭りに出かけた際、泉山弁財天神社に立ち寄ったときのものです。

いまさらですが、、、もうお正月も過ぎましたが、、、今日も福岡雪が降ってますが、、、
季節はずれの『紅葉』をご紹介します。

これが佐賀県有田町にデーンと息づいてる
国指定・天然記念物有田大公孫樹(アリタオオイチョウ)です。
なんとなんと樹齢1000年。。。
f0189867_10504535.jpg

夕暮れ時に行ったので、黄金色に染まっていました。
f0189867_11501976.jpg

下のほうにへばりついているのが私です。これでも私168センチと長身なんです。
いかにオオイチョウが大きいかがおわかりいただけるかと。。。
高さ38メートル、根回り18メートル、枝張り東西31メートル
f0189867_10513877.jpg

公孫樹には雌雄があることご存知でしたか?
私はここ有田出身の友人「チー」に教わって初めて知りました。
f0189867_10522772.jpg

この説明書きによると、
イチョウは害虫に強く、火にも耐えるという長命の条件を備えている樹だそう。
f0189867_10534634.jpg

また、有田町のHPには、こう書いてありました。
「この大公孫樹下にある口屋番所跡では江戸時代に佐賀藩の役人が常駐し、
陶石ややきものの持ち出しなどに対し、厳しい取締りを行っていました。」
ふむ、、、このオオイチョウさん、ず~っと静かに、歴史とそこに暮らす人々を
見守り続けてきたんでしょうね。ジーンときます、、、
f0189867_11134985.jpg


宮崎にも樹齢800年の「去川オオイチョウ」という公孫樹があるようです。
『速報観光みやざき』の裏表紙でも焼酎の広告に使われていました。
ココをみて!そして「裏表紙」をクリック!)
そこにも昨秋見に行く予定だったのですが、途中で道に迷い断念。
今秋は見れるかな。。。

太極拳をしている母の話(正確には母の先生の話)によると、
大木に抱きついて耳をあてるとザザーっと水を吸い上げる音が聞こえるとか、、、
いつの日か聞いてみたいっ。
毎回やってみてますが、未だに聞こえたことがない私です、、、
拙者まだまだ修行が足りんのかなぁ、、、トホホ。

by snapdragon0791 | 2009-01-13 11:35 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kimakana.exblog.jp/tb/10120931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちらり~ん at 2009-01-13 23:02 x
なんとまぁ~、樹齢1000年!! 大きいこと!!!
悠久の時の流れの中に息づいている木なのですね。

KANAちゃんの紹介記事を読むたびに、有田に行ってみたくなります。
Commented by snapdragon0791 at 2009-01-13 23:43
>ちらり~んさん
1000年って、すごいですよねぇ~。
1000年昔が想像できませんもん。
「悠久の流れ」、、、なんて素敵なコトバ!
確かに有田いいとこです!九州にはまだまだいいとこ沢山ありそ♪
だけど、私が自然の素晴らしさに気付いたのは宮崎のおかげです。


<< 『アラフォー』世代のテーマは?      一年ぶりの再会 >>