2008年 10月 15日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【一日目】
行ってまいりました~!
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』!!
「速報観光みやざき9月号」を見て即、小林市観光課に申し込み。
1ヶ月半、この日をどれだけ楽しみにしていたことか!
前日の夜は興奮して眠れず、旦那から「お前は子供か」と笑われた。

結果は、、、本当に本当に大満足っ。

私の多くの友人達も大変興味を持ってくれていましたので
ここから内容を詳しくお伝えしま~す。
↓↓↓
まずは初日11日(土)のレポート。
13:00受付の20分前『出の山名水ホタル館』に到着。
f0189867_12214182.jpgf0189867_1222358.jpg


駐車場入り口で明るい笑顔で出迎えてくれたのは小林市の職員の方々。
まぁ~しょっぱなからとっても気持ちのいいお出迎え♪かなりTアップ!
ホタル館入り口にて受付。

体格のいいデッカイお兄さんが窮屈そうに受付席に座り、
満面の笑みで「お名前をよろしいですか?」
(このお兄さん、小林市観光課の「トダカさん」はこの後、
私達と長い時間を一緒に過ごすこととなる・・・)

受付のまわりにも名札をつけた沢山のニコニコ顔、、、
きっと受け入れ農家さん達だな。

全員そろってオリエンテーション。
農家さんの自己紹介と私たち参加者の自己紹介。
受け入れ農家の方々のスピーチはみなテンポよく明るく元気いっぱい。
野菜、稲、花卉、果樹園、酪農、養鶏、、、いろんな農家がある。

「最近労働してお腹ペコペコにすかせてゴハンを食べたことありますか?」
「今回はそれを体験できます」

「確かに最近カラダ動かして腹ペコで飯食ったこと無いかも」
つぶやく旦那、、、ホントそうだね。

参加者はほとんどが県内居住者。
でも、はるばる東京からの参加者1名。
なんと、このツアー、20組のキャンセル待ちがいたらしい、、、
参加できてよかったぁ~。

私ら夫婦は花卉栽培農家『トミミツさん』宅でお世話になることに。
一緒に組まれた参加者は
60代に見えない若いおばあちゃん「サーちゃん」と
その孫小学二年生の「チイちゃん」。
計4名。

トミミツさん(以下「テッチャン」と呼ばせて頂きます)のお宅は生駒高原のふもと。
テッチャンちの畑からは霧島連山を一望できる。それはそれは壮大な景色。
f0189867_12262737.jpg



車をとめて荷物をかかえて「お世話になりまーす」
テッチャンちは、大家族。
奥様「トシコさん」、お父さん、お母さん「なみこさん」、おばあちゃん、
研修生の「落合くん」、「ボンくん」(ボン君はフィリピンからの研修生)、
そして犬の「さくら」。
お茶をいただき、お互いの紹介を済ませて早速農作業へ。
そこへ先ほど紹介した「トダカさん」も。一緒に農作業へ参加してくれるようだ。

軽トラでいざ出発!テッチャン運転で私達はうしろの荷台に乗った。
ビュンビュン風をきって農道を走る。
うしろからお父さんの軽トラがついてくる。
そちらの荷台に落合君とボン君。
「おーい」って手を振った。
二人ともニコニコ手を振り返してくれた。
横でチイちゃんも大喜び☆

<烏骨鶏のタマゴ採り>
鶏小屋へ着いた。
といってもここはフツーに広い広い林の中。そこを網で囲ってある。
f0189867_12273560.jpg

烏骨鶏やカモ(合鴨農法のため)がいる。
網をくぐると鶏たちがトットットットと元気に走り回っている。意外に足が速い!
何百羽いるんだろう、、、テッチャン自身もハッキリとした数はわからないらしい(笑)

卵回収はじめ~っ!
「あったーっ!」横に倒したバケツやかごの中に卵発見。ニワトリの卵より小さめ。
なかにはジッと温め続けている鶏もいる。
「ごめんね~」謝りながらおそるおそる鶏を押しのける。
「コッコ、コケッコ~!」お怒り気味のおたけびをあげ鶏が飛び退く。
つつかれそうで怖かったけれどなんとか卵ゲット。
f0189867_12281432.jpg

産みたて卵はあたたか~い。

<花のケース詰め>
鶏小屋のすぐ近くにお花のビニールハウス。
中には沢山のお花が並んでいた。
f0189867_12284044.jpg

今回は明日出荷予定のパンジーとビオラのケース詰め。
黄色、白、紫、青、オレンジ、ピンク・・・テッチャンちの花は活き活き。

「好きな色をケースに並べてくださーい」

でもただ並べりゃあいいってもんじゃない。
テッチャンが花並べのコツをレクチャーしてくれた。
枯れかけたり、明朝には枯れていそうな古い花は摘まねばならない。
葉をかきわけ茎の根元を見る。
茎の位置の上下で先に咲いた花がわかる。なるほどね~。

私は黄色と薄紫のパンジーを詰めた。
遠くで旦那もせっせと詰めてる。
店先でケースを並べたときに前を向く方向に花の顔を向け、揃える。
私の黄色パンジー完成!なかなか上出来じゃん!
旦那は白色。テッチャンから褒められてる。よしよし。
↓↓
f0189867_12301087.jpgf0189867_12304698.jpg


トダカさんも並べてる。でも奥さんのトシコさんからダメだし。
「やーい、やーい、注意されてやんの~♪」叫んでみた。
皆でドッと笑った。花並べって楽しいね。

ビニールハウスの中は少し暑いけど、汗かいても全然平気!
花はやっぱりいい!癒される。
テッチャンのお父さんも花を扱うと気持ちが優しくなるとおっしゃってた。
確かに。

花詰め完了。喉が渇いたな。
ハウスのよこの井戸水。ごくごく飲んだ。うまーい。
サーちゃんは脇に生えてる葉っぱをコップ代わりに。
f0189867_12314032.jpg
さすがです!

<しいたけ採り>
帰り道しいたけ林に寄った。
「ずいぶん来てないからなぁ~」とお父さん。
おぉ~あるある!育った超巨大しいたけがいっぱい!
私の顔と同じ位デカイしいたけもある。
f0189867_1233287.jpg

プチプチと木からもいだ。
チイちゃんはしいたけが苦手らしく触れないし、食べれない。
でもこれが、、、後で素敵な大逆転となるのだ、、、ふっふっふ。

<柿もぎ>

もいっこ寄り道。
テッチャンちの小屋の裏に柿の木がある。
ハサミ付の長い棒で柿をもいだ。
f0189867_1234430.jpg

「お酒のあとには柿食べるといいよ」とテッチャン。
まさか、私が酒飲みと知っているの???

<生姜の袋詰め>
家に戻って、今度は明日出荷予定の新生姜の袋詰め。
テッチャンちの新生姜は大きくて、うすピンクでとってもきれい。
生姜独特のいい香りがそこらじゅうにただよう。
作業の流れは自然と以下のとおりに、、、

なみこ母さんが量りで重さをはかる→私とサーちゃんで袋に詰める
→テープで封をする→表に旦那がシール(生産者名が書かれている)を貼る

とにかく生姜がデカイ!
袋にはマチがないし、小さい。
なんせ、生姜は根っこ。形もボコボコ。
向きによっては入らなかったりする。
二個を一つの袋に入れるときなんか、まるでパズル。
「お母さ~ん、入らんよ~」ヘルプを求める。
「こう向けたらいいんよ」なみこ母さん、いとも簡単に袋に入れる。
さすが名人だーすごか!
とちゅうで落合君とボン君も参加。
いつもは彼らがお母さんと一緒に作業してるらしい。

<烏骨鶏タマゴの袋詰め>
これも明日並べる予定。
チイちゃんがタマゴを拭く→旦那が袋に詰め、封、シール貼り
「あとの残りは明日の朝食にしましょうね」とテッチャン。
やあり~!楽しみ!絶対タマゴかけご飯にするぞ!

本日の農作業はここまで。
f0189867_12392025.jpg


★楽しい夕食★
今夜の夕食はお庭でBBQとのこと。BBQ大好き!旦那も大喜び!
みんなで準備。材料が次々に並ぶ。
f0189867_12354326.jpg
f0189867_12355667.jpg


あの黒い物体は何!?ちょっとグロテスクにも感じる。
f0189867_12371428.jpg

「これはね、烏骨鶏の肉ですよ」とお母さん。
どっひゃ~、烏骨鶏の身ってこんなに黒いの!?おどろきだった。
「ちょっと硬いけど美味いよ~」とお父さん。

みんな揃ってBBQ開始。

お父さんが旦那に朝鮮人参とニッケ入り自家製焼酎をくれた。
私も少し飲んでみた。かぁ~効っく~!!こりゃ健康によさそう。

いよいよ烏骨鶏を口にした。
鶏肉の焼けたいい匂い。
外はパリっとしていて、身は・・・確かに硬め。
中までやはり黒っぽい。
ジューシーというよりは、噛めば噛むほど味がある。
美味しい!酒に合う!ビールがすすむ!
烏骨鶏のBBQ食べれるなんて最初で最後だろうなぁ。
そして、巨大しいたけ登場。
当たり前だが焼いてもデカイ。塩コショウだけで十分美味。
「うまいうまい」と食べていると横でチイちゃんが「私も食べてみる!」
これにはおばあちゃんのサーちゃんもビックリ!
「この子、しいたけ食べれないんですよ」
チイちゃんが自家製ポン酢をかけて、パクリ!「おいし~い」
チイちゃんは本日しいたけ克服。素晴らしい~。

旦那が突然空を見上げて「星がきれいやなぁ」
私ら夫婦は大の星好き。(家にはホームプラネタリウムもあるんだぞ)
「今夜は月が明るいから星があんまり見えないね」とトシコさん。
それでも都会に比べれば星が沢山。

何時間経っただろう。飲んで食べて、本当に楽しいひととき。
だんだん寒くなってきた。小林市は盆地で朝晩は冷える。

「中に入ろう」片付けに入ったとき、テッチャンが
「今からコスモス園に登ろうか」と提案してくれた。

生駒高原コスモス園が三連休中、
ナイトコスモスなるイベントを行っているのは私も知っていた。
10000個、300個の手作り灯篭。
キャンドルにお客さん皆で一個ずつ火を灯すという素敵なイベントだ。
お酒を飲んでいないトシコさんが運転してくれてコスモス園へ向かった。
ほんの5分しないうちに到着。かなりの人で渋滞している。
入り口はスルーして、とっておきの場所にトシコさんが車をとめてくれた。
さすが地元人。
コスモス園のすぐ横だけど誰もいない。
柵のすぐ向こうには灯篭がずらり。
ゆらゆら灯りが揺れている。幻想的でうっとりした。
f0189867_1247827.jpg
f0189867_12472414.jpg


f0189867_12474489.jpg



旦那は芝生に寝転がり夜空を見上げてた。
しばらくみんなで灯りと夜空をながめて家に戻った。

順番にお風呂にはいってテレビのあるお茶の間へ。
お父さん、お母さん、テッチャン、サーちゃん、私ら夫婦で
ちびちび飲みながら団欒。お父さんの語りが面白い。
テッチャンもお父さんもとっても物知り。

おつまみで地元産の「落花生」をいただいた。
とっても小ぶりだけど豆の味が濃いのなんのって!
すごく美味しかった。
もちろん二日酔い防止の柿もむいて食べた。

12時前に就寝。
チイちゃんは既にスヤスヤ。いっぱいはしゃいで疲れたのね。
そのチイちゃんとサーちゃんは和室に、
私ら夫婦は落合君の部屋をあけてもらった。
「こっちは朝方冷えますから」と毛布に圧い掛け布団をご用意いただいた。

「おやすみなさーい」、、、消灯。

隣をみると旦那が早くもスヤスヤご就寝。
毎度のことながらこの寝つきの良さは羨ましい。
明日は二日目、早朝から百笑村に商品を並べに行く予定。
それから夕方まで農作業だ。
がんばるぞー!

リポートは二日目に続きます。。。

# by snapdragon0791 | 2008-10-15 12:32 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 11日
農家民泊体験ツアーin小林
本日快晴!
今日から二泊三日で小林市観光課主催のグリーンツーリズム『農家民泊体験ツアー』に参加してまいります。楽しみ~
レポートはのちほど。
いってきま~す☆

# by snapdragon0791 | 2008-10-11 09:18 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 10日
いい朝
今日は朝から小雨パラパラ…
久しぶりにご近所『宮崎神宮』へ行ってみた。
f0189867_1625638.jpg

ここに来ると樹木のパワーを感じる。
宮崎では「巨樹百選」に選ばれた大樹をよくみかけるが、
ここ宮崎神宮の鳥居横にもラクウショウという大樹がある。
見上げるとクラクラする。
参道から境内までも樹々が森のように育ってる。
砂利道をザッザッと歩いた。
早朝にもかかわらず団体観光客やウォーキングの人々とすれちがう。
少し霧がかった空気がとても気持ちいい。
お賽銭をいれて手を合わせた。
気分スッキリ。

今度は近くの県立図書館へ。
文化公園の敷地内にある。
ここもすっごく広くて一面の芝生に沢山の大樹。
たまにボ~ッとしたいとき来る。
そして癒される。
f0189867_1625672.jpg

すでに図書館の駐車場は満杯。
宮崎の人はこんな朝早くから図書館来るんだな…。
f0189867_1625725.jpg

f0189867_1625748.jpg


数冊の本を読み二時間ほどつぶして、うちに帰った。
いい朝の過ごし方だった。満足、満足。

# by snapdragon0791 | 2008-10-10 16:25 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)