2008年 10月 23日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【トレッキング編】
最終日も晴れ。
このツアー、本当にお天気に恵まれた。

今日は観光。

『かるかや』をあとにして、再度『出の山名水ホタル館』に集合。
そこから全員貸切バスに乗った。

目指すは『えびの高原』!池めぐりコース。
トレッキングなんてどれくらいぶりだろう。
登れるかなぁ、、、

途中コスモスでいっぱいの生駒高原を通りすぎ、
ぐるぐるバスは山を登った。

そして突然景色がひらけた。
えびの高原に到着。
火山独特の砂地でゴツゴツした雰囲気。
すすきがゆらゆら風に揺れてる。

えびの高原の名前の由来、、、
硫黄の影響ですすきが一面えび色になるからだって。
へぇ~知らなかったぁ。

次に大きな『不動池』がおでむかえ。
それはそれは美しいコバルトブルー。
f0189867_17573323.jpg


えびの高原には3つの大きな池がある。
すべて火口湖。
自然のチカラってすごいなぁ。

ペットボトルのお水とお弁当が配られた。
途中で昼食予定とのこと。
そしてトレッキングの先生登場。
やさしそうな72歳のおじいちゃん先生。(って失礼?)
今年はもう160回程山に登ったとか。
私らよりよっぽど元気だ。

さあ~いざ池めぐりコースに出発!
(どうやら素人でも大丈夫な初心者コースらしい。
ほっ。)

さっき迎えてくれた『不動池』を横目に
ずんずん進んだ。

すれ違う人みんな挨拶をかわす。
「こんにちは~」
山でのエチケット。
f0189867_1823183.jpg


赤松がたくさん。枯れた赤松はちょっとアートな感じ。
f0189867_18242763.jpg


紅葉もはじまってる。
f0189867_18254539.jpg

先生がいろんな木の説明をしてくれる。
f0189867_1826670.jpg


f0189867_1910266.jpg
巨大木があちらこちらに。
ここには貴重な植物がたくさん。


f0189867_18304622.jpg
二つ目『六観音御池』に到着。
これも大きな池できれいなブルー。
みんな並んで記念撮影。


f0189867_18302568.jpg


おっ、ここでお弁当かな?

「みなさーん、お弁当は次の池で食べまーす」

はーい、、、

それから10分くらい歩いて三つ目の『白紫池』に着いた。
この池は昔は冬場スケート場になっていたらしい。
でも近年の温暖化のせいで氷が厚く張らなくなったそう。
悲しい話だな。

そしてお待ちかねのお弁当。
写真をとるのを忘れてしまったが見た目も味も量もGOOD。
二段箱になっていて、おむすびとおかずがどっさり。
みんなで岩場に腰掛けパクパク。
私の横ではチイちゃんが「おいしいねー」って。
確かに!山で食べると本当にうまいっ。

昼食を終え、そこから更にサクサク歩いた。
お腹が満たされ少し余裕がでてきたぞ。
足元の見事なコケにも感動~。
f0189867_18432932.jpg


約1時間半のトレッキングも終了。
先生にみんなで「ありがとう」とお礼を言ってお別れ。
いい先生だったなぁ。

山に入ってすぐに先生は涙をうかべて話をしてくれた。
先生は山に入ると必ずゴミ拾いをするそう。
心無い人がゴミを捨てる、、、
ある日、いつものように山を歩いていたらなんと
オムツが捨ててあったそうだ。
そんな親が子供を育てたらどうなるか、、、
嘆かわしい、、、

沢山勉強させてもらった。

韓国岳にサヨナラをした。
f0189867_18593924.jpg


次の目的地は『生駒高原』。
バスで戻る。

# by snapdragon0791 | 2008-10-23 19:04 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 22日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【交流会偏】
二日目の宿は『茅葺の宿・かるかや』。
そこで19時から交流会。

『かるかや』は須木(※)のレジャー施設『すきむらんど』内にある。
※須木村は2006年に新市制で小林市と合併。

宿『かるかや』、温泉『かじかの湯』のほか、キャンプ場や水族館など
沢山の楽しい施設あり!

車を降りたとたん、さぶっ。
気温が二度くらい違うように感じた。

交流会の前にまずは温泉につかろう♪温泉だいすき!

「せっかくだから、つり橋を渡って行こう」
またテッチャンからナイスな提案037.gif
でも私はつり橋、ちょっと苦手、、、

『ままこ滝』を横目につり橋を渡った。
f0189867_10581528.jpg

そのとき、、、
サーちゃんが突然このままこ滝にまつわる悲しい伝説を語ってくれた。
f0189867_114455.jpg

継母とその子が一緒に落ちた滝つぼ、、、
向こうに見える滝をみた。ゴーゴーと滝がおちてる。
真下をみた。「たっ、高いぃぃぃぃ~」「こわいぃぃぃぃ~」
つり橋はもともと苦手。怖いハナシはもともと大の苦手007.gif
聞かなきゃよかった~。

やっとのことで渡り終え、ホッとして足をすすめると
もう目の前にかじかの湯が。

あ、昨日オリエンテーションで見かけた参加者らしき人たちが。
そう広くない温泉はおおにぎわい。

ぽかぽかあったまったところで『かるかや』へ。
おぉ~景色がいい☆
小野湖を一望できる。しーんと静まり返った感じ。
f0189867_11103855.jpg


点々と茅葺屋根の古民家宿が、、、
ちょっとタイムスリップした感じ。
f0189867_11463568.jpg

一番上にある「庄屋」で交流会。
続々と皆が集まり、時間通りに全員揃った。

交流会スタート。
お料理は山の幸を使ったメニュー。
「からし菜のおひたし」「切干大根のなます」「柿いり白和え」など、、、
なかでも旦那がおかわりするくらい美味しかったのは
「そばだんご汁」!!これは絶品。
そばがき?らしき「だご」が入った、豚汁のような、、、
すべて自然を感じる健康的なお料理。

盛り上がってきたところで今回の農業体験の発表会。
「えー!?聞いてないよぉー。緊張する~。」と慌てる私に
「テッチャンのためにもがんばろうぜ!」と旦那。
作戦(いや、打ち合わせ)会議開始。

トミミツ家にちなんで以下のように。。。

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
つぜん誘われた農業体験ツアー!すっごく楽しかった!」(旦那)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
んなで頑張った生姜の袋詰め!勉強になりました!」(サーちゃん)

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
んなで食べた季節はずれの流しソーメン!最高に美味しかった!」(私)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
ぎもまた来ようね!」(チイちゃん)

結果は大成功!
打ち合わせのときは出来るかなってドキドキだったのに
本番ではみんなアドリブまでつけちゃって(笑)

ほかの農家さん&参加者の発表もすごくおもしろかった。
「え!そんなことまでやったんだ!?」なんてところもあった。

大盛り上がりの交流会。
昨日会ったばかりとは思えないくらいみんな仲良くなってた。
不思議なんだけど自然で、、、
農業体験ツアーのチカラおそるべし。

その後、「飲み会部屋」へ移動して朝3時まで語り合った。
小林市観光課の方々、宮崎県庁の方々、みなさんの「熱い」気持ちも
伝わってきた。
調子に乗って私も熱く語った。

明日(いや、もう今日だ)は観光だー!!
これまた楽しみ~053.gif

ラスト「小林観光」は次回につづく、、、

# by snapdragon0791 | 2008-10-22 11:54 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 18日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【二日目】
本日も快晴。
6:00起床。6:30朝食。
昨日、自分達でとった「烏骨鶏のタマゴ」かけご飯。
黄身の味が濃厚で美味い♪
旦那は二個もいただいて食べていた。(ずうずうしいったら・・・)
朝食を終えたら出発!
f0189867_16594757.jpg


走る車のサンルーフから青空をパチリ。

<商品出荷>f0189867_165035.jpg
まずは「百笑村」へ。
半分開いたシャッターをくぐった。


昨日準備した「しょうが」「にんにく」「烏骨鶏の玉子」。
「お客さんの目線を考えると右下から並べた方がいいらしいよ」
とサーちゃん。なるほど。
みんなで並べた。そして拝んだ。「沢山売れますように!」
f0189867_16563669.jpg


次はお花「パンジー」と「ビオラ」。
外の棚に並べた。
f0189867_1658850.jpg
花の顔がみんなこちらを向くように。
昨日私が詰めた黄色のパンジーもある。
花びらが朝日に透けて活き活きキラキラ☆


そこに早速のお客さん。
なんと即2ケースお買い上げ!
「やったーっ!」みんなで喜んだ!
タネを蒔いて育てて摘んで詰めて並べ売れていく、、、
最初から最後まで出来るから喜びもひとしお!

それから三軒目のスーパーでは
野菜くずや売れ残りの果物などを沢山もらった。
それをトラックに積み込んだ。これは鶏達のエサとなる。

<鶏のエサやり>
そのまま鶏小屋へ。
さっきの野菜くずをばら撒いた。
つついてる、つついてる。
お母さん特製の別のエサ(糠など)も与えた。
烏骨鶏とカモのエサも少し違うそう。
f0189867_1733395.jpg

チイちゃんと一緒に所定の置き場にサラサラと配っていった。
用心深いカモもしばらくすると近くまで来てエサを食べる。
「カモって可愛いねぇ~。チイちゃんカモを飼いたい。」
とチイちゃん。

<生姜抜き>
次はお隣の生姜畑へ。
f0189867_1743930.jpg


細長い葉をふさふさ茂らせ一面に緑が広がる。
お母さんに手本を見せてもらい、早速はじめ!
f0189867_17114499.jpg

株の大きいものを見つけてググッと引き抜く。
抜けた根っこはまさにあの生姜そのものだ。
抜きたての生姜はみずみずしい。いい香り。
あ~すぐにガリにして食べたいっ。(私は無類のガリ好き)
「おぉ~すごいっ」皆が叫ぶ先を見ると、、、
うちの旦那が遠くから馬鹿デカイ生姜を持ち上げ自慢げ。
その後も調子にのった旦那は次々と大きな生姜を掘り起こす。
以来、旦那は『生姜名人』と呼ばれている。
ボン君たちと一緒に泥を軽く落とし茎からハサミで切る作業。
あとは洗って乾かすのみ。
f0189867_1775339.jpg


<あけび採り>
生姜を洗いに行く前にちょっと寄り道。
テッチャンちの大事な「アサガオ畑」を通った。
f0189867_1729781.jpgテッチャンちの
アサガオは見事!


その脇に櫨の木が。
そしてツルをからませてアケビが生っていた。
櫨はまける可能性があるからと皆用心して採らない。
ここは私が!例の長いハサミ付き棒でプチン。
f0189867_1782426.jpg

熟れた「あけび」ゲット。おやつにしよう。

<生姜洗い>
ビニールハウス横に腰掛けて皆でしょうがを洗う。
f0189867_179972.jpg


たわしを使ってくぼみまでキレイに、、、
皮をこすりすぎると
せっかくの生姜の風味が損なわれる。
チカラ加減が難しい。

チイちゃんはハウスまわりに生えてる「むかご」を
楽しそうに採取中。
大量の生姜を洗い、重ならないようにカゴに並べ終了。
f0189867_17143920.jpg


★楽しい昼食★
昼食はビニールハウスで。
お父さんの緻密な設計で特注された「そうめん流し機」登場。
f0189867_17185155.jpg

湧き出る井戸水をそのままひく。
f0189867_1721110.jpg
透明で美味しそうな水が流れる。


トシコさんがジャーにご飯を炊いてきてくれた。粟入りだ!
女性陣はおむすび握り。
外はギュッと、中はフワッとが基本らしい。
ついつい固く握ってしまいそうで、、、これまた難しい。
全員揃って「いただきま~す」
f0189867_17195960.jpg

そうめん最高!お水の味がいかに大切かを実感した。
ポテトサラダにお煮しめ、野菜の天ぷら、あまーい金時豆、、、
どれもこれもとっても美味しい。テッチャンちに感謝。
帰る頃ハウスのスプリンクラーにスイッチが入れられた。
霧状のシャワーがお花に降り注ぐ。きれい。
f0189867_17344991.jpg


<最後の袋詰め>
午後はまた袋詰め作業。
生姜、にんにく。
昨日もやったし、すっかり慣れた。
お母さんと私達の作業の流れも
手早くスムーズに。
f0189867_17234039.jpg


でももうすぐお母さん達ともお別れと思うと
急に寂しくなった。

そしていよいよ別れの時が、、、

「今回の農家体験どうでしたか?」
ひとりひとり感想を述べる。
地元の人との交流、農業体験、沢山学べた喜びを。
昨日初めて会ったのに、今日にはもう親戚のような気持ち。
テッチャンちにお世話になれてよかったと思った。

サーちゃんも涙声。
お母さんも涙。
みんなでうるうる、、、でも、、、
寂しいけれどまた会えるよね。

大きく手を振ってトミミツ家にさよならをした。

二日目の宿泊処は須木の『かるかや』。
参加者全員泊まる。
そして今夜、参加者と受入れ農家みんなで交流会。
テッチャンとトシコさんも一緒に向かった。

というわけでリポートは交流会へつづきます。

# by snapdragon0791 | 2008-10-18 17:35 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)