<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 29日
昨年の今日。
昨年の今日。
9月29日に半平太が我が家にやってきました。

ネット注文していたキャリーバッグが間に合わず
急きょランドリーバッグもって迎えにいったっけ(笑)

うちに向かう車の後部席でわたし
なるべく揺れないよう大事に大事に抱えてた。

のぞきこむと体重わずか800gの小さな小さな半平太が
不安そうに私を見上げた。
f0189867_14385428.jpg

「こわくないよ、大丈夫よ、大丈夫よ、これからよろしくね。」

母親や兄弟と離され、知らない家にきて初めての夜。
クンクンクンクン鳴き続ける半平太が可哀相で可哀相で
私も布団にもぐって泣いたっけ。

それからは毎日が戦争だった。

なかなかトイレを覚えてくれなくて
追いかけては拭きまわる日々。
「チッチはここだよ!」
根気のいるトイレトレーニングには
完全に私の方が疲れきってた。

「なかなか言うこときいてくれなくて困ってます。」
神経質になって相談する私に
ブリーダーの山本さんや田中さんは
いつも優しくアドバイスをくれ励ましてくれた。
お二人には心から感謝です。

それからも
絨毯の毛は食べるわ、柱はかじるわ。
変なものを口にしたのか、
原因のわからない嘔吐も。(犬はよく吐くものらしい)

ごっそり抜け続ける毛。
換毛期なのか病気なのかわからず病院へ。
結果、抵抗力の無い子犬ならではの皮膚炎だった。

黑い瞳に貼りついた目ヤニを「傷が入ってる!」と思い込んで
慌てて病院に駆け込んだ日もあったな(爆)
f0189867_16102684.jpg


一番つらかったのは去勢手術。
術後は心配で半平太から離れられなかった。

かかりつけだった今は亡き城戸先生にも
本当にお世話になりました。

子犬のしつけはとっても大変で疲れるけれど
いつか笑って話せる日が来るとネットに書いてあった。
そんな日が来るんだろうかと思った時もあった。
でも、それは本当に本当だった!

今では健康そのもの!体重もがっつり増え、3.6キロのぽっちゃり君。
f0189867_1536526.jpg


トイレもバッチリ。
聞き分けも随分よくなった。
私らが外出する時には自分からサークルに入ってお留守番してくれる。
夜になるとさっさとベッドに行き、ちゃっかり頭を枕に乗せ一足お先にご就寝(笑)

見た目もすっかり青年です。
f0189867_15484316.jpg


しっかり自分の意志も伝えてくるようになりました。

私らの手を濡れた鼻先でツンツンと跳ねあげるときは
「遊んで」か「ナデナデして」のサイン。
パソコンにむかって仕事してる私の背中を足でカシカシして呼ぶときは
甘えたいサイン。
「なぁに?」って振りかえると膝の上にチョコンと飛び乗りそのまま寝てしまう。

今でもたまに嘔吐したりすることもありますが
私にもすっかり“お母ちゃんの余裕”っちゅうもんが出てきまして
少々のことじゃあ動じない。

我慢強くもなりました。

9年前に新築購入した我が家。
夫婦二人の生活だったものでわりとキレイに使ってた。
それが半平太がやってきて柱の角、襖の角、襖の敷居、畳、カーペット、、、
いろーんなところをガジガジとやられて。
10年分くらい傷みが進んだ気がします(笑)

ショックだったのは最初だけ。
もう今では「柱の傷はおととしのぉ~♪」くらいに微笑ましい気持ちです。

犬とはいえ、生き物を育てるって
同時に自分自身をも成長させてくれるもんなんだなぁと実感してます。

半平太を飼ったことで
行動の自由がきかなくなったというデメリットもあるけれど
その100倍幸福感と癒しを与えてくれます。

f0189867_15372752.jpg


うちにきてくれて
ありがとう、半平太。

f0189867_15425575.jpg


これからもよろしくね。

by snapdragon0791 | 2014-09-29 16:00 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 12日
ガリ!ガリ!ガリ!
このブログでも100回くらい書いたけど
私とにかくガリが好き~!!!!!

新生姜の季節。

どこぞやのお国の着色料や保存料バリバリのは嫌だし
お寿司屋さんにもそうしょっちゅうは行けない。

つくれば安心安全低コスト。

f0189867_13502555.jpg


新生姜はこの量(500g強)で370円でした。
お酢は千鳥酢、
お砂糖類は蜂蜜、きび糖、白糖、氷砂糖のMIX。
※お砂糖が足りず急きょ氷砂糖で代用。

漬けたてはまだピリピリ若ガリ。
1週間ほど経てまろやか熟ガリ。
楽しみです♪

by snapdragon0791 | 2014-09-12 13:53 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 11日
『揚屋』でまんぷく。
弾丸1泊、大牟田に帰省。

いいお天気でした。
田舎は高い建物ないから空も広い!
すっかり秋の雲。
f0189867_910377.jpg


夜は弟の店『揚屋(あげや)』で夕食。
お蔭さまでこの日も各部屋埋まり、二階までほぼ満席。
f0189867_1019016.jpg

今年の12月でまる16年。
長年地元のお客様に支えられ頑張っております。
心より感謝ですm(__)m

ひとりだったんでカウンターに座りました。
f0189867_1035572.jpg


これが揚屋の店主、弟のコータでございます。
f0189867_915692.jpg

揚屋はメニューの数が半端なく多い。
それをテキパキひとりで調理している姿みると、我が弟ながら感心します。
※私ならテンパって倒れてます(笑)

まずはお刺身。
f0189867_9194655.jpg

店主自ら毎朝仕入れにいってますから新鮮です。

そして『揚屋』で必ず食べてほしいのが天ぷら
単品100円~ありますので
好きなネタを選んで揚げてもらうことができます。

大好きな「アスパラ」と「舞茸」の天ぷらを盛り合わせてもらいました。
f0189867_9215570.jpg

衣サクッサク!!
コリッとアスパラ、ザクッと舞茸!食感をしっかり残しつつ旨味じゅわ~♪
このアスパラ、今回は食べやすく切ってもらっていますが
1本まるごと揚げもオーダー可能。

出汁からきちんととった自家製の天つゆがまた美味しいの☆

これは「とり天
f0189867_9431399.jpg

カボスと塩で食べてみる。
この鶏ささみ、びっくりするほどふっくら柔らかい!!!!!


KANA 「これ、なんでこんなん柔らかいん!?」
コータ 「あーそれ、朝びきの鶏やけんね。」
KANA 「あんたさ、そういう説明、メニューに書いた方がいいよ。」
コータ 「そうやね。」
KANA 「・・・」


弟、根っからの職人でして、そこまで気も手も回らないよう。
素材へのこだわり等をもっとアピールすればいいのに、、、
と思うところがまだまだ沢山あります。

途中、団体さんのコースに運ばれていた前菜も覗き見。
枝豆豆腐、イワシの梅煮、たこわさ?。おいしそう。
f0189867_927237.jpg


お酒もすすみ。ひとりクイクイ。
f0189867_10255521.jpg


最後に何かガッツリしたもの食べたい。
そこで「ホルモン鉄板焼き」。
揚屋人気メニューのひとつです。
f0189867_1062218.jpg

か~なりの数、試して食べてたどり着いた
究極ウマイ熊本黒毛和牛のホルモンだそうです。

原価聞いてビックリ!
これは皆さん、食べなきゃ損です。

コータ 「女性のお客さんにはニンニク抜きもしよるんやけど姉ちゃんどうする?」
KANA 「えーじゃあニンニク抜きにしてみる。」

そうなんです。
このホルモン、臭みがないからニンニクなしで全然OK。
甘辛い自家製ダレがからまるから物足りなさも感じません。

野菜にもジワっとホルモンのうま味がしみ込んでて
箸がもぉ止まりません。

これはゾウモツ推進委員長のマリちゃんにもぜひ食べて欲しい(笑)
※ホルモン大好きな私の先輩です。

と、まぁひとりでモリモリたべて飲んでこの日はフィニッシュ。
寂しい~大牟田の夜の街をテクテク歩いて帰ったのでした。

大牟田『揚屋』、みなさま今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

by snapdragon0791 | 2014-09-11 10:38 | 大牟田『揚屋』 | Trackback | Comments(8)
2014年 09月 05日
半平太の社会性
うちの半平太くん。

自分より小さなハトやらスズメには強い。
だだだーって追っかけて驚かす。

でもワンコ同士となると、めっぽう弱い。
散歩中にすれ違うだけでも大きく弧を描いて避ける有様(^_^;)
だいぶ通り過ぎて振り向きざまに小さく「ワフッ!」。

おいおい(-_-;)

ティカシはオトコとしてちと情けないと嘆いております(笑)

まぁ、私がママ友ならぬイヌ友の輪に入るのが苦手なため
必然的に半平太がワンコと接する機会も少ないわけで、、、
お母ちゃんのせいだねぇ。

しかしながら
赤ちゃんの頃から私や夫の友人には沢山会わせてるから
人間はとにかく大好き。

先日も「半平太君のお散歩したい!」
と連絡をくれたカミィに喜んで連れられ大濠公園へ。
f0189867_11114328.jpg

デニムに草履姿のお母ちゃんと比べると
とてもお品のある散歩姿です(笑)
f0189867_111346100.jpg


だいぶお疲れ気味のmizuちゃんもやってきて
f0189867_11171557.jpg

いっぱいナデナデしてくれて
f0189867_1124427.jpg

「癒された~これでまた今週もがんばれます!」
ってmizuちゃん帰っていきましたよ。

たまにお父ちゃんのソフトボールの応援にも行ってます。
f0189867_11255126.jpg

お父ちゃん頑張ってるよ。
f0189867_11261293.jpg

チームのみんなが「おー半平太!」って声かけてくれます。
f0189867_11262739.jpg

f0189867_11263856.jpg


今度は監督んちのベルちゃんとチョコちゃんにもご対面させてみよーか。
f0189867_11273740.jpg

チワワのベルちゃんは半平太の三分の一くらいの大きさです。
驚かせたりしないよにせねば(-_-;)

今日は半平太の社会性について
ふと考えたりしたKANAなのでした。

by snapdragon0791 | 2014-09-05 11:31 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 04日
uchi-meshi
家でゆっくりがいい。

年齢のせいか
最近はウチメシでお祝いが多くなりました。

ティカシどの、51歳の誕生日。
f0189867_10551025.jpg


手の込んだ料理はしませんでしたが
本人のリクエスト「スペインの想いで」を織り交ぜつつバル風に(笑)
f0189867_1102171.jpg


これは、、、
f0189867_1114593.jpg

これの再現。
http://kimakana.exblog.jp/22700743/
「パンコントマテのアンチョビのせ」
パンの断面にニンニクとトマトを塗り込み、
刻んだトマトをの少し塩コショウ、オリーブオイルをたっぷり。
スペインで食べたとき、少し甘みを感じた覚えがあったので
少量のハチミツをオリーブオイルに混ぜました。
カリカリっと焼いたらアンチョビフィレをのっけて追いオリーブ。
※このアンチョビはイタリア土産で頂いた本場直送もんです♪

これは、、、
f0189867_11137.jpg

これの再現。
http://kimakana.exblog.jp/22716238/
「フライドポテトの生ハム&目玉焼きのっけ」
なんともジャンキーなこの料理、
スペインで食べてティカシ殿たいそうお気に召したご様子。
カリカリあつあつのフライドポテトに生ハムの濃厚な塩気、
とろ~り半熟卵を崩せばまろやかに。
※この生ハムもイタリア土産。

ビールもいいけどやっぱり
シャンパンと同じ製法でつくられるスペインのCAVA(カヴァ)。
少し荒っぽい泡がのど越し爽やかで美味しい!!
f0189867_11115850.jpg

f0189867_11353294.jpg


そして!大事にとっておいたキャビア登場!
f0189867_1139932.jpg

「サーモンタルタルのキャビアのせ」

こうなりゃもうガンガン「のせ」料理や~(笑)
f0189867_11392568.jpg

生サーモンの柵を小さく切り、ビネガー、ハーブ塩、コショウ、サワークリームであえる。
クラッカーにのせたらトッピングにキャビア様☆
全粒粉のバゲットなんかにのせてもきっと美味ですね。
※このキャビアもお土産でいただいたもの。

スナック系のメニューばかりでは申し訳ない。
と、魚料理は「鯛のポワレ・レモンバターソース」
f0189867_11425192.jpg

鯛の切り身に小麦粉はたき、カリッカリにソテー。
取り出したフライパンにレモン果汁、バター、粒マスタード、蜂蜜を投入し
少し煮詰めてソースに。
添えたのは畑で獲れたジャガイモを軽くマッシュしたもの。
このジャガイモに甘酸っぱいソースがしみてこれまた美味なんです。

肉料理「鹿児島牛ステーキ・バルサミコと巨峰のソース」
f0189867_11453298.jpg

お肉を焼いたフライパンで半分に切り種を抜いた巨峰を皮ごとソテー。
そこに8年物バルサミコ酢、醤油を加えフツフツっとしたらソースの出来上がり。
これにバターを加えるとさらに濃厚になりますが、
魚のソースで使ったのでお肉にはあっさりめで。
これについては熟成バルサミコ様がすべてをまとめてくれた感じです。
バルサミコのとろみと甘さで蜂蜜いらず。
※このバルサミコもイタリア土産。感激!

もりもり食べてたら
デザートのピスタチオアイスまでたどり着かず、、、

51歳になっても変わらずいつものようにティカシはソファで眠りにつき。
気が付けばまたひとりで飲んでる私がいた、、、(^_^;)

最近は眼鏡をオデコまでずりあげ、新聞を遠~くに離して読んでるティカシさん。
これからもとにかく元気ハツラツ、お仕事がんばって稼いでください(笑)

f0189867_1215063.jpg

これこの日のメニュー表。ぷぷ。
今回のお料理はいただきものの高級食材サマサマでした。
T家に感謝です。

by snapdragon0791 | 2014-09-04 12:00 | お料理しよう | Trackback | Comments(6)
2014年 09月 01日
スペイン旅行⑧グラナダ(パラドール)
マドリードから南へ列車で4時間半。
アンダルシア地方『グラナダ』へ到着。

ここグラナダでは念願叶ってパラドールへ宿泊。

パラドールとは、古城や修道院などの歴史的建造物を改修 した
スペイン国営の宿泊施設のことで国内94か所もあるんだって。

なかでもスペイン屈指の世界遺産アルハンブラ宮殿敷地内にある
パラドール・デ・グラナダ』は世界中から大変な人気らしく
最も予約がとれづらいと聞きます。

歴史はさかのぼり18世紀。
イスラム王国最後の砦グラナダを奪還しレコンキスタを完成させた
イサベル女王とフェルナンド王のカトリック両王。
イザベル女王は「グラナダ征服が叶ったら一番に修道院を建てる!」と
言っていたそうで、、、

そうなんです!
このパラドールの前身はそのサンフランシスコ修道院なのです。
当時、両王もここに住んでいたそうですよ。

グラナダ駅からはタクシーでパラドールまで。

街中をビューンと抜け、くねくね細~い迷路のような路地を飛ばし、
(結構スペインの運転手さん運転荒い人多いですwww)
ふと気が付けば緑豊かな高台へ。
f0189867_12453100.jpg

さらにビュビューンと坂道をのぼると煉瓦の門現る!
f0189867_1273261.jpg

これがアルハンブラ宮殿の入り口です。
※ここから先、車両は宿泊客の車かタクシーしか入れません。
f0189867_1272821.jpg


沢山の歴史的建造物を眺めながら
さらにゆるい坂道が続きます。
f0189867_1285355.jpg


敷地内は赤土や煉瓦でつくられた建物ばかり。
アルハンブラ宮殿が「赤い城」と呼ばれる所以ですね。
f0189867_12154236.jpg


ポストも愉快。
f0189867_12134182.jpg

蛇口も愉快。
f0189867_12134753.jpg

アルハンブラ名物「寄木細工」のお店もあります。
f0189867_13581911.jpg

f0189867_12551557.jpg


やっとパラドールの門がみえてきました。
f0189867_12194860.jpg


到着~!
こちらはレストランへ直接つながる入り口。
f0189867_12212315.jpg

フロントへはこちらのエントランスからね。
f0189867_12215534.jpg

f0189867_12234128.jpg

四ツ星ホテルなんですね。
f0189867_12252130.jpg

ムセオ・・・美術館?このホテルは美術館てこと?よーわからん。
f0189867_12245967.jpg


「きゃあ~素敵~!!!!!」
大きな声であたしゃ叫びましたさ!
だって、このアプローチみてくださいっ。
f0189867_12322093.jpg

f0189867_12322085.jpg

外観の地味具合が実にかっこいい☆
f0189867_1238696.jpg


この左の茶色い扉がフロント入口。
f0189867_1240619.jpg


とっても感じがよいアンジェラアキ似の美人フロントスタッフにみとれながら
無事チェックインを済ませました(笑)
いざお部屋へ。

もともと修道士さんたちが使っていた部屋ですからね、
広さはこじんまり、です。
さぞかし設備も古いのか?と思いきや。
f0189867_1343188.jpg

ところがどっこい、中身はとっても近代的で機能性抜群。
壁面の薄型テレビにベッドサイドのモダンライト。
バスルームは洒落たガラス張りで、シャワーの出も上々♪
シンクだけは修道院風?レトロな形状の蛇口でかわいい(笑)
f0189867_13244087.jpg

本当に古い歴史まんまの内装がお好みな方はイマイチと思われるかもしれませんが
私は古すぎる=不潔なイメージあるのでこの清潔感あふれる内装にはすごく好感もてました。

窓からは見学予定の「ヘネラリーフェ離宮」が見えます。
f0189867_13274071.jpg

f0189867_1328098.jpg


そして!!!
部屋に入って一番感激したのはコレ!(結局花より団子か)
f0189867_1317533.jpg

ウェルカムドリンクのCAVAがワンボトル☆
焼き菓子やチョコレート、フルーツがのったプレートも添えてありました。

なんという心憎いお・も・て・な・し♪

ここはまさにパラダイスやぁ~

by snapdragon0791 | 2014-09-01 13:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)