<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 29日
ちゃっきりちゃっきり!
先日、茶摘みにいってきました。
私はいったいどこを目指しているんだろう(笑)

いいんです!
愉しいことは積極的に参加せねば(*^。^*)

ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪
※ちゃっきり節(作詞:北原白秋)

まずは
全員集合して日田からおいで下さった吉田先生よりレクチャー。
f0189867_965226.jpg

早速体験。
揉捻(じゅうねん)」。
すでに摘んできてある茶葉をむしろの上で揉む作業。
f0189867_972971.jpg

むしろの目に対し垂直に揉みます。
この“むしろ”、作れる職人さんはもうほとんどいないそう。

マァチャンも頑張ってます。
f0189867_973655.jpg

マァチャンママのタカコサンも頑張ってます。
むしろを前にしてもエレガントだわ~(*^。^*)
f0189867_9275388.jpg

私も頑張りました。
茶葉を揉むと手がスベスベになると聞いてチカラ入ってます(笑)
f0189867_974742.jpg


揉んだ茶葉をくるんで炎天下の車中へ。
閉めきった車中は蒸し風呂状態。ここでしばし発酵させるわけです。
発酵させるってことは・・・もうおかわりですね?
これは「紅茶」にするのです。

※紅茶も緑茶もウーロン茶もみーんな同じ茶葉から出来るって
案外知らない方も多いみたいです。

その間、私たちはバスに揺られ板屋の茶畑へ。
f0189867_9295979.jpg

山道ぐねぐね茶畑到着。
と思いきや、そこはまだ「入口」だった(^_^;)
とんでもない山の中、聞いてないよ~。
f0189867_9113246.jpg

イノシシのお風呂発見。
ちゃんと赤土を選んで作るそうですよ、イノちゃん賢いね~。
f0189867_9122555.jpg

そのすぐそばの樹にはイノシシが身体を擦りつけた跡が。
f0189867_9135671.jpg

つか、こんなジャングル歩いて大丈夫なの(笑)!?
けもの道をズンズン進み本当にたどり着くのかと不安になった頃
やっと茶畑到着!
f0189867_9155597.jpg

なんと美しい~茶葉の緑!
f0189867_922418.jpg


腰にカゴをくくりつけ。いざ出陣!
f0189867_9351159.jpg


一芯二葉」。
新芽の先端から二枚目までの柔らかい茶葉を摘んでいきます。
f0189867_9221054.jpg


おもしろいくらいにプチプチ摘めるんですよ。楽しい~!!!!!
f0189867_9361258.jpg


ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪

子供たちはもちろん一芯二葉なんぞ関係なく
大きくて硬い葉もブチブチやっておりました(笑)
マァチャン、ほとんど枝ごとデス(爆)
f0189867_936462.jpg


私のカゴもほんの30分ほどでこんなに!
f0189867_937966.jpg

もちろんこの時点ではただの葉っぱ。茶の香りはしませんよ~

それからセンターに戻り、昼食のエスニックカレーをいただき。
f0189867_9375335.jpg

f0189867_938296.jpg

子供も食べるので甘めでしたが美味しかった(^^)

腹ごしらえも終わり、ふたたび作業へ。

畑で摘んできた茶葉を『釜炒り茶』にする工程。

午前中最初に揉んで車中発酵させた紅茶用はもうこんな赤茶色に。
この段階でもう紅茶のいい香りがしてました。
f0189867_949742.jpg


私たちが畑で摘んだ茶葉は陰干しされていました。
f0189867_9464849.jpg

これを高温の釜で炒ります。(釜は先生がMY釜を持参)
パチパチと音がしてくるまでね。
先生はいつもジャズを聴きながらリズミカルにやってるそうですよ(笑)
f0189867_1003338.jpg

釜から緑茶らしい甘い香りがしてきます。

それからむしろで揉み、陰干しへ。

そこから先はセンターの方々におまかせ。
私たちはほぼ出来上がった紅茶を少しいただいて帰りました。
ほぼ、、、とは?
そう、もう一工程フライパン等で炒る作業を自宅で(^^)

いやぁ~とーーーーーっても楽しい茶摘み体験でした~♪
摘まれる茶葉はみーんな一緒。
f0189867_10152333.jpg

そこから緑茶は不発酵、ウーロン茶は半発酵、紅茶は発酵
作業工程の違いで茶葉の運命が分かれるわけです。

日本が誇るはやっぱり緑茶。
珈琲党の私はたまにしか飲みませんが、
やっぱりホッとしますよね。

最近では大量生産(製茶機使用)が主流となり
今回体験した「釜炒り製法」は姿を消そうとしているそう。
先生はそれを後世に伝える活動をされています。

身近にあって知らなかったことをまたひとつ学べた貴重なご縁でした。
ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪
って唄が幻にならぬよう、
今後は緑茶もガンガン飲みたいと思ったKANAなのでした。

by snapdragon0791 | 2014-05-29 10:16 | 農業体験 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 28日
茶箱のおはなし
先日、友人のカッチャンからお声掛け頂き
『黒門庵』主催のイベントに参加してまいりました。
※黒門庵とは・・・カッチャンこと花田宗克先生の南方流茶道教室

私はお茶を習っているわけではございませんが、、、
茶箱には興味があり「いくいく~!」となったわけです。

このイベント『あった会』は今回で第三回だそう。
会場は中央区谷にある「木香庵」。

講師は別府の古美術商「三昧堂」ご主人衛藤さん。
とっても明るく気さくな方で
ときにダジャレ(いや、オヤジギャグかな)挟みつつ(笑)
小気味好いレクチャー進行のおかげで楽しく学べました。
f0189867_9262028.jpg


窯と鉄瓶を眺め。。。
f0189867_9264063.jpg

f0189867_9272382.jpg


雰囲気はアットホーム♪
f0189867_9274727.jpg


茶箱のおはなし。

気軽に自分自身が楽しむ茶会。

小さな茶箱ひとつ
ひょいと持ち出し友人宅で茶会。

あるときは
ピクニック気分で“野点(のだて)”を愉しむ。

その小さな茶箱とそれに詰め込む小さなお道具も
お店で買うんじゃあオモロない!

目からウロコ★
インド(だったかな?)のお坊さんの枕を茶箱にアレンジしたり。
f0189867_9494213.jpg

※衛藤さんはタイ、インド、ミャンマー、カンボジアなど
買い付けに行かれる際、様々な面白い道具をリユースされています。

ミャンマーだっけ?発掘された器。
(遺跡ですよね?持ち帰れるところがスゴイwww)
f0189867_9472940.jpg


器の中からまた器、、、
まるで入れ子のように、出てくる出てくる。
f0189867_9525626.jpg

f0189867_9544831.jpg

みんな興味深くカシャカシャ。
問答も飛び交いました。
f0189867_9592723.jpg

この小さなオリジナル茶箱に「愉しい!!」がたーっくさん詰まっているわけです。
f0189867_932685.jpg

この網袋ももう作り手がほとんどいないとか、、、
f0189867_101121.jpg

海外での茶会など出張にはそれに合わせた小さな掛け軸も持参。
なぁんて粋なんでしょう★
f0189867_928210.jpg


茶道に対する見方が変わった気がします。

黒門庵さんより美味しいお抹茶と菓子つきでしたよ。
カッチャンごちそうさまでした~
f0189867_104024.jpg


茶の道を知らない私にも楽しめるよい会でした。
ありがとうございました。

by snapdragon0791 | 2014-05-28 10:06 | いいもの | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 27日
『香川漆器』
私が撮影をお手伝いさせていただいております
砥部焼通販『砥部工房からくさ』さんが
このたび、砥部焼と同じく国の伝統工芸品である
香川漆器』も入荷されました。

光の反射や角度、また、盛り付けるものによっても
さまざまな表情を見せてくれる漆器。

私も自宅で漆器はあまり扱ったことが無く
勉強させてもらいながらの撮影でした(^_^;)

ときには器の引き立て役、
かと思えば、しっかり自己主張もできちゃう!
頼れる漆器たちですよ~
ぜひ『砥部工房からくさ』さんを覘いてみてくださいね^_^

ではココでも一部ご紹介(*^。^*)

【香川漆器 すり漆塗】あさがお茶托
f0189867_10211793.jpg

新茶の季節です!茶托としてね。
f0189867_10231295.jpg


【香川漆器 すり漆塗】ハツリノミ彫の多用茶托
f0189867_10241075.jpg

こちらも茶托としてはもちろんのこと!
f0189867_10253823.jpg

手彫りの良さも活かして、ちょっと洋風に焼きおにぎり盛り付けてみたり。
f0189867_1029856.jpg

※ちなみにこの焼きおにぎりは「ニチレイの冷凍焼きおにぎり」(笑)
香ばしい醤油がきいてて激ウマなんですよ~(^o^)

【香川漆器 すり漆塗】ハツリノミ彫の多用皿
f0189867_1030577.jpg

こちらは茶托より大きく、彫も大胆で違和感なく洋風に盛り付けできます。
お揃いでカップスープの受け皿に。
f0189867_10314286.jpg

ミニドーナッツとミルクで3時のおやつにも。
f0189867_10324535.jpg


【香川漆器 象谷塗】三日月朱の銘々皿
f0189867_10341924.jpg

私、これ好きなんですよね~
三日月の縁がアクセントになってて、どんな盛り付けにも応えてくれます。
もっちもちの白い大福が映えるでしょ♪
f0189867_1035511.jpg

お料理だって上品に演出できます。
f0189867_10362140.jpg


【香川漆器 後藤塗】つむぎ後藤の銘々盆
f0189867_1037079.jpg

覗き込めば自分のたるんだ顔が写っちゃう(笑)つるんと美しい塗りです!
花器とあわせたり。。。
f0189867_10424991.jpg

ちょい飲みにあわせたり。。。
f0189867_10432272.jpg


【香川漆器 すり漆塗】きじろ円の角銘々皿
f0189867_10435810.jpg

重箱広げてワイワイ。銘々の取り皿でも活躍です!
f0189867_1044145.jpg



いかがでしょう?
漆器というと、ちょいと扱い辛い印象ありませんか?
で、結局お蔵入り、、、なんて方いらっしゃるのではないでしょうか?
私もそうでした。

でも、実は「長時間水に浸けない」「いきなり熱いものをのせない」など
常識程度のタブーさえ気を付ければ案外扱いも楽で耐久性に優れ丈夫!
上手に使えばしっかり長持ちするのが職人技伝統工芸品の素晴らしいところ。
なんにしても大切に長く使い続けることって大事ですね。。。

以下、
砥部工房からくさ』のヒサヨ店長からのコメントをご紹介
↓ ↓ ↓
砥部焼の産地「愛媛県」のお隣「香川県」高松市で
ひとつひとつ手仕事で作られております「香川漆器」は
上品な漆器ならではの艶やかさをお楽しみいただきながら
普段使いにもおすすめの丈夫さも魅力。
今回ご紹介しております中にも
国の伝統的工芸品に指定された「後藤塗(ごとうぬり)」と
「象谷塗(ぞうこくぬり)」もございます。


ささ、『砥部工房からくさ』さんをこぴっと覘いてみんしゃ~い(^_-)-☆
クリック

by snapdragon0791 | 2014-05-27 11:03 | お仕事(砥部焼撮影) | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 26日
ニーズの無いシール。(わたしのお気にいり)
たぶん、だぁれも欲しがらない。

私だけが貼ってニンマリ。
いや、私の母も喜ぶかな。

我が家以外に消費者ニーズのない
大変マニアックなシール完成☆ 

ムフフ。

半平太シール!!!!!

いやーん、
とってもカワイイわんっ(親ばか)♪
f0189867_22182111.jpg

ペイントソフトで描き描きして
シール用紙にプリントしただけなんですけどね。
f0189867_22201962.jpg


ほら。
f0189867_22203976.jpg

結構似てるでしょ(笑)?

あそこと、あそこと、あそこの店の
焼酎キープボトルに貼っとこ。
(えー使うのそこ!?)

by snapdragon0791 | 2014-05-26 22:29 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 26日
Work of LIKEI 『襖絵』
友人でもあるデザイナーのLIKEI(リケイ)さん。
昨年東京へ活動拠点を移されたわけですが
現在こちらでの仕事のため一時帰福。

そのお仕事とは博多区上呉服町「本岳寺」の襖絵制作!

仲間が毎日のように激励に(邪魔しに?)訪れております(笑)
私もシオと一緒にいざ!

隅々まで手入れが行き届いたお寺「本岳寺」。
f0189867_1752346.jpg


本堂の荘厳な内陣には日蓮上人が安置されていました。
f0189867_17491444.jpg


その内陣を挟んで両脇計8枚の襖絵。
Likei手掛けるは『春夏秋冬』
参拝しに来られる方々からも一番目につく位置ですよ!
そんな仕事をいただけちゃうLikeiさんってやっぱりスゴイね。

そしてこれがLikei作『春夏』です。
f0189867_1727349.jpg

圧巻☆☆☆
もう長~いこと歴史を刻んできたかのような貫禄すら感じます!

実際、この襖絵たちは
これから何十年?何百年?と、このお寺で歴史を見つめていくんですねぇ。
素晴らしいお仕事です。

早朝から夕方までこの静かなお堂でひたすら筆をすすめるLikeiさん。
f0189867_17425391.jpg

深い色合いの岩絵の具を溶いたお皿がきれいに並んでいたのが
とても印象的でした。

とまぁ、まじめなお話はここまで。

お堂内でキャッキャとポーズとって写真撮影(笑)
f0189867_17505568.jpg

f0189867_175125.jpg

f0189867_1834210.jpg


頑張りすぎて少しだけ体調不良だったLikeiさん。
これから右側の4枚『秋冬』にとりかかるそう。
みんなから沢山パワーもらって
ぜひ大作『春夏秋冬』を完成させてね。

『秋冬』も拝見できる日を楽しみにしておりまーす♪


*******************************
李惠(Likei)Profile 
福岡県生まれ 東京都在住 デザイナー
飲食店などの店舗を中心に空間のデザイン、壁画、書のアート
トータルコーディネート、ロゴの制作、メニュー制作や広告、パッケージなどの
デザインも手掛ける。
HPはこちら→李惠図録
ブログはこちら→クリック
*******************************

by snapdragon0791 | 2014-05-26 18:13 | いいもの | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 22日
焼けるぜぃ!
半平太かっちょええ~!
惚れてまうやろぉ~!

f0189867_1020247.jpg


実際に惚れてまった半平太ファンがここに一人。
f0189867_10203564.jpg

友人のトモが会いに来てくれました~

優しくナデナデされて
半平太ってばトモのお膝でウトウトしてましたよ。

おかあちゃん
ちょっとだけ焼けちゃったよ(-.-)

トモ、いつも半平太可愛がってくれてありがとうね~♪

by snapdragon0791 | 2014-05-22 10:27 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(8)
2014年 05月 21日
飛騨高山『野村農園』のお野菜
お友達むんちゃんの農園『野村農園』さんから
無農薬野菜が到着♪

ワクワク開けてみると
2000円のお野菜セットなのに
びっくりするくらい沢山入ってましたよ\(◎o◎)/!

f0189867_10264732.jpg

f0189867_10265480.jpg
f0189867_1027655.jpg
f0189867_10271325.jpg
f0189867_1028780.jpg
f0189867_10281729.jpg
f0189867_10282417.jpg
f0189867_10283422.jpg

マスタードクレソンアピオスなど、
珍しいものも含まれており、テンションあがる~(^o^)
f0189867_1027040.jpg
f0189867_1028425.jpg


やっぱりまずは素材の味をじっくり堪能できるシンプルサラダで。
オリーブオイル、塩コショウ、ビネがーのみ。
f0189867_10285134.jpg


とにかく新鮮で味が濃い!!感激でした。

ラディッシュの葉は大根葉と同じ要領で
ゴマ油で炒め、鰹節とゴマ、お醤油少々で「ふりかけ」にしました。

初めて食べる野蒜(のびる)の茎~葉部分は
刻んで醤油と唐辛子に漬け込み「のびる醤油」に。
f0189867_10285985.jpg


お馴染みの飛騨高山餅と、赤カブの漬物、ニンニク醤油麹も買いました。

『野村農園』さんのお野菜、
東京の有名飲食店も御用達とか。

今回のお取り寄せを共同購入したカッチャンが
お野菜受取に我が家へ。
久々の再会に半平太もカッチャンもお互い大興奮(笑)
f0189867_10423193.jpg

f0189867_10425795.jpg

f0189867_10424614.jpg


それからガラガラと野菜の詰まったカートをひいて
カッチャンは帰って行きましたとさ^_^


飛騨高山の名物朝一にも出店されている『野村農園』さん。
九州では食べれない珍しいお野菜なども作られてます。
気になる方はこちらでどーぞ→『野村農園』

by snapdragon0791 | 2014-05-21 10:48 | いいもの | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 20日
初カットしたぜい!
全身毛が伸び放題だった半平太どの、
生まれて初めて「カット」をしてもらいました~

夏だけ短く刈り込むスタイルもあるようですが
毛質が変わることがあるそう。
せっかくやわらかくてふわふわした毛ですからね~
変わって欲しくない。

ということで、全身を整えてもらう程度に。

仕上がりがコレです。
f0189867_175454.jpg

え?どこが変わったかわかんないって?
自己満足でいいといいと。

今回もかっちょいいバンダナしてもらってますよ。
慣れないサロン帰りで少しお疲れの様子(笑)
f0189867_1765783.jpg



でも翌日からまたいつものテンション。

「最近のおいらのマイブームは
お母ちゃんがとり込んだ洗濯カゴに飛び込んで悪戯することさ」
f0189867_17161843.jpg

お母ちゃんホント困る、、、(-_-;)

ね、こうしてみると全身スッキリしたでしょー。特に胴体。
f0189867_172013.jpg


足裏の毛もキレイにカットされ、爪もギリギリまで短く。
ここまで自宅では出来ないんですよね~(>_<)
f0189867_179468.jpg

それにしてもこのプニュプニュ肉球が愛おしい(*^。^*)

大満足ではありますが人間様並みの料金。カットコース4000円ちょい。
※通常チワワ3500円ですが半平太は体重超過で500円プラスなのだ(^_^;)

来月は自宅でシャンプーにしよかね^_^

by snapdragon0791 | 2014-05-20 17:28 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 20日
『インダス』と『ボン田中』と『資さんうどん』
カレーって定期的に食べたくなりますよね~

欧風がお好きですか?
それともインド?スリランカ?タイ?

どれも美味しいですよね。私もどれも好きです。

でも「よっしゃ!カレー食べにいこっ!」ってなるときには
なんとなく欧風カレーをチョイスすることが多いよな気がします。

街中でいえば
ボン田中』のカレー。
言わずと知れた「田中田」のまかない飯から商品化されたカレーライス。
f0189867_1514348.jpg

黒系に近い濃厚な味わい。好みです!
でもたまに牛脂の香りがきついときあると感じるのは私だけ?

郊外なら、創業30年、夫ティカシも若かりし頃から通い続ける
神松寺の『インダス
昨年、20メートルくらいお隣から移転しリニューアルオープン。
f0189867_1565768.jpg

f0189867_157421.jpg

広くなりましたね~。
私は前のお店のこじんまりしてて、昭和レトロの空気感がお気に入りだったんですけど。
f0189867_157139.jpg

店内には変わらずブリキのお人形が並んでおります♪
移転してもお店の雰囲気はやっぱり落着きます。
f0189867_1572262.jpg

大好きな『インダス』のカレー。
f0189867_1572848.jpg

きちんとスパイス味、ほんのり果実や野菜の甘み、とにかく私好みです。
※辛いのがお好きであれば6倍以上をおすすめします。
ただ、トッピングには期待してはいけません(笑)
でもそれすらもなんだか昭和な懐かしい味がするから不思議です。
いっこ残念だったのは
前のお店の時みたいにスプーンをクルクルっと紙ナフキンで巻いて出して欲しかったな。
昭和の喫茶店文化がどんどん消えてく、、、いと寂し(;_:)

どちらも家庭的な欧風カレーでありながら、
決して家庭で出せない味です。

それから、つい先日「あら!おいしわ!」と思ったカレーライス。
小倉が誇る?『資さんうどん』のカツカレー。
ティカシのをひとくち味見。(食べかけの写真でごめんなさい)
f0189867_1532562.jpg

案外カツもしっかり厚みありました。

余談ですが、
資さんうどん』のうどんも私、好きです。
「肉&ゴボ天」640円。※もちろん肉は別皿でお願いしました。
f0189867_15363735.jpg

ごぼう天は揚げたて、
衣サクサク、ゴボウやわらか、風味も甘みもアリ。





******************
『ボン田中』
092-737-9694
福岡市中央区大名2-3-9-1F
営業: 11:00~22:30
休み: 年末年始
※カウンターしかありません
******************

******************
『インダス』
092-801-4959
福岡市城南区神松寺2-3-7
営業: 7:00~21:30
休み: 木曜日
******************

******************
『資さんうどん 橋本店』
092-407-3007
福岡市西区橋本1丁目8-15
24時間営業
年中無休
******************

by snapdragon0791 | 2014-05-20 15:57 | 福岡グルメ | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 19日
今津の『プカプカキッチン』
ヨーコと海辺でプカプカ。。。
と、浮かんでたわけではなく、
ランチしてきました。
プカプカキッチン』。

男性の友人から
「男の人も満足する料理」
と聞いて、そんならきっと私も満足するなと(笑)

目の前が砂浜。
f0189867_8275641.jpg

SAS口ずさみたくなるよなロケーションです。
あいにくこの日は雨模様でしたが、
こりゃあ晴れた日なんかきっと最高よ。

室内とテラス席は入口が別です。
f0189867_8334058.jpg

テラスの方にも屋根がついていますから雨の日だってOK。
f0189867_903345.jpg

客層も幅広い。
f0189867_8321474.jpg

冬は薪ストーブにぱちぱち火がともるんでしょね。
f0189867_8322195.jpg


肝心なお料理。

やっぱり私はガッツリ男子系の「フビライ飯」(笑)
ドリンク付きで1350円なり。
f0189867_8391144.jpg

炒飯、エビフライ、チキン、サラダがワンプレートにのっかってます。
チキンが特に美味しかったですね~
秘伝のタレ?がしっかり中心部までしみ込んで柔らか!
さすが糸島近郊、お野菜の鮮度も抜群でした☆

ヨーコは「ロコモコボウル」ドリンク付き1150円。
f0189867_840222.jpg

味見させてもらったけどハンバーグも手作り感たっぷりでソースも美味。

どれもわりとしっかりした味付けでボリュームもなかなか。
これは男子も満足でしょ。

ところで
フビライ飯って???

そう、ここ今津は「フビライハン」率いる蒙古軍の襲来に備えて築かれた
“元寇防塁跡”が残る場所。

フビライハン・・・フビライ飯・・・ですか!ワハハ!
こういうダジャレ的なネーミング大好きです、私(*^。^*)

どうやら以前今津一帯の飲食店で町おこし的に提供されたメニューのようです。
プカプカキッチンではそのまま今も出されてるんでしょね。
大変美味しゅうございました。

蒙古襲来のお勉強も兼ねて訪れてみてはいががでしょう『プカプカキッチン』。



****************
『プカプカキッチン』
福岡市西区今津4754-1
092-834-5292
営業: 11:30~22:30(L.O21:30)
※ランチ11:30~15:00
休み: 火曜日
****************

by snapdragon0791 | 2014-05-19 09:04 | 福岡グルメ | Trackback | Comments(0)