<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 30日
胸キュン母性
今日は約八か月ぶりに前職の後輩クボコと嬉しい再会。

午後、二人で同じ仲間のカオリンちへおじゃましました。

旦那さんの仕事柄、ライトもおっしゃれ~♪
f0189867_201045.jpg

f0189867_20101470.jpg


U家のキッズ&BABYにめちゃめちゃ癒された~(*^。^*)
もぉ~
胸がキュンキュン、母性本能全開なっちゃうくらい可愛い!!!!!

お兄ちゃんのシンペーは随分大きくなっちゃって
お喋りもとっても上手になってました。
パパから「なんとかレンジャー」のオモチャを買ってもらいご機嫌。
どや顔でオモチャを振り上げてます(笑)
f0189867_206115.jpg


産まれて半年の妹カエデちゃんは
色白で愛想がよくて。おとなーしく抱っこされてます。
f0189867_19575435.jpg

と思ったら、
私の顔を小さな小さな指でプニプニいじってくんの。きゃわゆい♪
f0189867_19593751.jpg

女の子はおとなしいね。
f0189867_19543974.jpg


最後に全員でハイチーズ。
パパのウーヤン、だいぶ遠慮気味~(笑)
やさしくて素敵な旦那さんなんですよー。カオリンは幸せもんやぁ。
f0189867_2083924.jpg


こうして、久しぶりに会っても
会話が弾み愉しい時間を共有できる仲間。
これからも大事にしたいなと心から思った午後でした。

by snapdragon0791 | 2012-11-30 20:20 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 30日
そうだ京都、行ったんだ。(嵐山fin)
京都の日暮れ早すぎ~(泣)
午後三時を過ぎるともう日の光はオレンジ色。
五時になれば真っ暗ですよー。
福岡より一時間くらい日没早いんじゃないかなぁ、、、

ということで時刻は午後三時。

あっ足が痛~い(+_+)
一日中カメラとリュックと大きな頭をささえて
酷使されてる首肩も限界よ~

でもでも世界遺産は見とかなきゃ。
と、天竜寺へ。

達磨宗(禅宗)のダルマさんがお出迎え。
f0189867_10204399.jpg


廊下を進めば「曹源池庭園」が広がる。
日本最初の史跡・特別名勝指定だそう。
f0189867_9472117.jpg

f0189867_9471678.jpg

しかしココはめちゃめちゃ人が多い。
f0189867_10302998.jpg

遠くの山々も借景。
f0189867_1013448.jpg

絵画みたい。
f0189867_1014050.jpg

雲竜の襖絵
f0189867_9472639.jpg

方丈間が四方開け放たれてたから
どこにでも紅葉が写りこんでましたよ♪
f0189867_947355.jpg

ほら、龍の身体にもキャメラマンKANAの姿が~
f0189867_9472090.jpg


ということで、嵐山のお寺巡り終了。
いったい幾つまわったんだろう、、、

嵯峨嵐山。
すばらしい紅葉を魅せてもらいました。

by snapdragon0791 | 2012-11-30 10:40 | 京都 | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 30日
そうだ京都、行ったんだ。(嵐山4)
京都の嵯峨嵐山。
まだまだお寺あります。
(実は福岡も負けないくらいお寺多いけど)

てくてく。
f0189867_916252.jpg

いいですよね。のどかな風景。

5分ほどで清凉寺につく。
f0189867_9282022.jpg

ここの紅葉は一枚一枚の葉が大きく艶やか☆
f0189867_919378.jpg

真っ赤っかです!
f0189867_916812.jpg

境内は祇王寺に次いで人が少なく静か。
f0189867_9282421.jpg

一切経蔵(いっさいきょうぞう)というお堂の正面には
傅大士(ふだいし)父子像がデーン。
f0189867_9281484.jpg

このお堂の中にお経を納めた輪蔵(ぐるぐる回る)があり、
この輪蔵を回すと一切経をぜーんぶ読んだのと同じ功徳があるそう。
しかし、、、この時点の私はお寺まわりすぎて体力気力限界。
やる気20%までダウン。
「これはもういいや。また今度。(って今度いつ来るねんっ)」

最後のチカラを振り絞り
世界遺産の天竜寺へ。

by snapdragon0791 | 2012-11-30 09:41 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 29日
そうだ京都、行ったんだ。(嵐山3)
ささ、
またちょいと京都嵐山の紅葉へ戻りまして。。。

紅葉トンネルの小道を抜けて奥嵯峨
祇王寺へ。

f0189867_1842790.jpg


こんだけ寺!寺!寺!そしてまた寺!と歩き回ると
もう最後はどのお寺がなんなのかわからなくなるのは私だけ(笑)?

そんななか、
と~っても印象深いお寺がありました。

それが祇王寺です。

これまでの立派なお寺と大違い。
いたって質素な佇まいの庵がちょこん。
f0189867_1865965.jpg


お庭には不思議な気が流れ、とても静かな異空間。
f0189867_1835612.jpg

いまでも目を瞑ればよみがえります。
それだけ深く私の心に残ってるんですよね。

ここ祇王寺は
平家物語「悲恋の尼寺」ということで有名のようですが。

物語をKANA風に書いてみますと。。。
↓↓↓
平清盛に寵愛をうけた白拍子(歌や舞を披露する人)の祇王さん。
同じく白拍子で妹の祇女さんも一緒に有名になった。


フムフム。
毎月百石百貫のお手当ももらってたって!?
そりゃあスゴイ。いいなーいいなー。

何か欲しいものは?ときかれた祇王さん、
水路をひいて生国の飢餓を救ってくださいと頼んだ。


すばらしい!!祇王さん人格者やねぇ。

ある日私の歌舞も観て~と別の白拍子「仏御前」現る。
祇王大好き清盛さん。冷たく門前払い。


こんときまではよかった。うん。

それをお人よしの祇王さんが優しくとりなし、会わせてあげちゃった。

あーあ(^_^;)

そしたらどーよ。
清盛さん、たちまち声も容姿も美しい仏御前に心移り。
祇王さんを追い出しちゃった(泣)


にゃろめー清盛!
いつの世もオトコってばねぇ(ー_ー)!!

終いにゃ
「おいらのハニー仏御前が退屈してるから、
ちょっと舞でもしに来ちゃってーん」
てな感じに祇王さんを呼ぶ始末。


なんてデリカシーの無いやつ!清盛めっ<(`^´)>

打ちひしがれて
こんな歌を襖に書き残し、、、

『萌え出づるも 枯るるも同じ野辺の草 
いづれか秋に逢はで果つべき』


悲しみにくれた祇王は、祇女、お母さんと母子3人で仏門へ。

すぐ尼寺にこもっちゃうんだよね(*_*)この頃ではよくある話。
祇王さん、自殺すら考えてお母さんにとめられてたみたい。
かわいそうに、、、
しかし!ここからがちょっといい話よ♪

ある夜、コンコンと戸を叩く音。
開けてみればあの仏御前さんが!しかも剃髪してるではないですか!


祇王さんの残した歌をよみ、祇王さんの不幸を思い、無常を感じ、
清盛のもとをこっそり抜け出してお寺にきたそうよ。


うんうん、この人もいい人やん。

わずか17歳にしてこの志し!と、感激した祇王さんたち。
4人仲良く尼寺で念仏を唱え極楽浄土されたそうな。


f0189867_1854840.jpg


ね!
ね!
なんかいい話じゃないですか?
ハッピーエンドな感じしませんか?
あくまで私の個人的解釈を織り交ぜて書いちゃいましたが
悲哀はあまり感じないでしょ(笑)?

「祇王さん、あーたはそれでよかったんよ!結果オーライ♪」
なんだかスッキリとさえするお話。

サラサラと流れる水のように
f0189867_18511210.jpg

死んでしまいたいくらいの深い悲しみも
時の流れとともに癒され薄れゆくものなのかもしれませんね。

派手な紅葉はなかったけれど
胸に沁み入る静かな安らぎを与えてくれるお寺『祇王寺』でした。

えーっと次は「清凉寺」と世界遺産の「天龍寺」。
もういいって?まぁまぁ、そういわないでもうちょっとおつきあいください(*^。^*)

by snapdragon0791 | 2012-11-29 19:07 | 京都 | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 28日
金魚草
紅葉ばっかり見てたら飽きちゃった~
なーんて気分。

こんなのいかがですか?
金魚草」。
f0189867_8523840.jpg


フワフワ花びら。
まるで春を思わせるパステルカラーです。
でも寒い時期のこれからが開花期なんですよね。
昨日産直のお花コーナーにたくさん並んでいました。

英語でsnapdragon。
(どこかで聞いたような、、、内緒ねwww)
snap(かみつく)dragon(竜)!?
(誰かさんにピッタリなような、、、内緒内緒www)

ミツバチが花の中に潜り込んで
蜜を吸う姿が竜に飲み込まれてる
かのように見えることからついた名前だそう。
こんなにかわいい花なのに厳ついネーミングだこと(笑)

金魚草のような寒い冬でも楽しめる花、
結構あるんですよね~。
我が家のベランダのトネリコも御多分にもれず黄色く紅葉しちゃって
ここんとこ毎日ハラハラと落葉中。

ビオラでも植えようかな~。
うちの庭師ティカシにやってもらおう。

by snapdragon0791 | 2012-11-28 09:15 | 花や木が好き | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 26日
そうだ京都、行ったんだ。(嵐山2)
二尊院

これまたスゴイ。
門を通しての紅葉に皆シャッターを切りつづけてます。
f0189867_16393493.jpg

二尊院は見どころ満載。
f0189867_16415744.jpg

バンツマ(坂東妻三郎)さんのお墓もここにあるそう。
f0189867_16473073.jpg

バンツマは私たちがよく知る俳優・田村正和さんたち4兄弟のお父さんね。
「だいたい一族ここのお墓に入られるはずなんですけど正和さんはわかりませんねぇ」
隣でガイドさんがヒソヒソ説明してた。
正和だけ?なんで?意味はよくわかりませんけど気になるな(^_^;)

ひやぁ~
しかし美しいですねぇ。
f0189867_16541464.jpg

f0189867_16544519.jpg


そして、ここ二尊院、小倉餡発祥の地だそう。
そらぁ食べてみなきゃ。
と、茶店でひとり“小倉大納言ぜんざい”をいただく(笑)
f0189867_16532577.jpg

f0189867_1651598.jpg


次は祇王寺

by snapdragon0791 | 2012-11-26 16:57 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 26日
そうだ京都、行ったんだ。(嵐山1)
1週間前にあるきっかけでチャチャっと決まり
3泊4日でバタバタと旅してきました。

京都の紅葉は
言葉にならない美しさでした。

最後3泊目はひとり嵐山泊。
嵐山も中心地同様(>_<)
平日にもかかわらず、すーんごい人人人ぉぉぉ~(泣)
紅葉時季の京都、なめちゃあいけませんね。
トホホ。

ゆっくり散歩しようと張り切ってた竹林も人ばっか。
f0189867_1631424.jpg

遠くから写真だけ撮りお散歩断念。
f0189867_1641717.jpg


それでもいざお寺巡りに出陣です。
朝の清々しい空気の中テクテク。
f0189867_1624397.jpg



常寂光寺


まだ黄色のもみじトンネルを抜けて。
f0189867_1622497.jpg

長い石段をの両脇の紅葉に息をのむ。
いえ、、、息が切れる(笑)
f0189867_1664337.jpg

朝方まで雨が降ってたからね、
苔に舞い降りた落葉たちが艶々しています。
f0189867_16134130.jpg

f0189867_16141894.jpg

f0189867_16155033.jpg

f0189867_1616711.jpg

黄色も好き。
f0189867_16174463.jpg

この次は二尊院

by snapdragon0791 | 2012-11-26 16:31 | 京都 | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 26日
金婚式
夫ティカシの両親が金婚式をむかえました。

なんと50年ですよ!半世紀ですよ!
すごいです★感激です★

この3連休に皆でお祝いをしました。
夫は男ばかりの三人兄弟。
大阪の次男家族は都合がつかず来れませんでしたが
大人6名、子供2名ワイワイ盛りあがりましたよー。
f0189867_12522220.jpg

『なだ万』さんの美味しいお料理に舌鼓を打ちながら。。。
f0189867_12175677.jpg


個室をいいことに、いろんな楽しいことしました(笑)
まずはお父さん、お母さん、ハイチーズね。
f0189867_1213261.jpg

ん~いい笑顔です♪

ではでは、二人ともプルメリアのレイをかけてね~。
f0189867_12132479.jpg


お酒がきたら
「どうもどうも、いつもありがとうございます」って照れくさそうに、
f0189867_12132047.jpg

お父さんがお母さんにお酌してます。ふふふ。

神経衰弱できるくらい(笑)にそっくりな長男ティカシからもお酌です。
f0189867_12131965.jpg

なぜか二人して頬杖ついちゃって、無意識にお揃い(爆)

プレゼントはデジカメだよ。
f0189867_12132017.jpg

これからも二人で
いっぱい思い出づくりして欲しいもんです(*^_^*)

表彰状も三枚あります。
かわいい孫一同より。
f0189867_12132149.jpg

まだまだ未熟な嫁一同より。
f0189867_12132499.jpg

そして
苦労をかけた息子一同より。
f0189867_12132136.jpg


私は全然気づきませんでしたが、この表彰状のとき、
部屋についてくださってた「なだ万」のお姉さんが
ついたての向こうで感涙してくださってたそうです。

最後にくす玉~
f0189867_1213262.jpg


夜は我が家に泊まってもらったんですが、
さらにもうひとつサプライズ。
これまでのファミリー写真と、全員からのお祝いメッセージを
ペタペタ貼った豪華パネルです。
パジャマ姿でカシャリ。喜んでおります。
f0189867_1254691.jpg

こんな写真やあんな写真かきあつめたの。。。

わお。
お母さん若いっ(驚)外人さんデカイっ(驚)
f0189867_1255569.jpg


お父さん、髪の毛フサフサかっこいい~♪
f0189867_12132276.jpg


いずれも写ってる子供はティカシです。

このころ
悪さ坊主でいつも傷だらけだったティカシも今ではもうオッチャンです(笑)
f0189867_12132271.jpg


電気も水道もガスも、、、
ライフラインもよく整っていない50年前の離島に
愛のチカラで嫁いだお母さん。
私は本当に素敵だなぁ~と尊敬してます。

VIVA!金婚式!
これから益々元気で仲良く
ゆったりと二人時間を過ごしてほしいと思った夜なのでした。

by snapdragon0791 | 2012-11-26 13:05 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 16日
ボジョレーヌーボー2012
昨日、我が家で『ボジョレーご近所女子会2012』しました。

せっかくの解禁日ですもん♪
すべて“ヴィラージュ”をそろえてみましたよ(*^。^*)
f0189867_16465137.jpg


3000円台(ルイジャド)→2000円台(ジョルジュデュブッフ)→1000円台。
順に飲み比べ。
香りも味も全然違うんですよねぇ~

さすが3000円台はコルクを抜いた瞬間に
ふんわりあまーいイチゴのような香りが鼻腔をくすぐります♪

今年は天候に恵まれず出来がイマイチときいてましたけど
昨日の3本はどれも美味しかった。

呑めりゃあいいんでしょ?って。
いえいえ、ちゃんとしっかり味わいましたからぁ~

年内、もっかいくらいボジョレー飲むだろな。

いましか飲めない(さっさと飲むに限る)ヌーボー。

日本酒の蔵開きしろ、「新酒」をいただくのって
なんだかワクワク愉しいもんですよね。
(ボジョレーヌーボーは毎年ボトルのエチケットもかわいいし~♪)

Santé !

by snapdragon0791 | 2012-11-16 17:22 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 14日
『AUTOMNE(オトヌ)』
あー美味しいもん食べたいっ。

ふと写真の整理してたら「美味しいもの」がでてきた♪

鹿児島のフレンチレストラン
AUTOMNE(オトヌ)』。
f0189867_13422921.jpg

あの坂井シェフがフードプロデューサー。

ここのお料理は
本気で頬っぺたが落ちるんじゃないかと思うくらい美味しかった。

『AUTOMNE』はマナーハウス島津重富荘の中にあります。
おもに結婚式場としての施設ですが、普通に食事のみの利用も可能。

島津公の別邸で150年を越えている建物なのですが、
ひっじょーにひっじょーに素敵にリノベーションされています。
歴史的価値のあるもの等、残すべきところはそのまま保存し使用。
サロンや水回りなどはモダンに変身☆
センスの良さがうかがえます。
f0189867_13404389.jpg


『AUTOMNE』の中。
(↓↓↓この写真はHPよりお借りしましたm(__)m)
f0189867_13452668.jpg


私らが訪れたのは夕方。
日本庭園では松明がゴォゴォ燃えてました。
f0189867_1348814.jpg

明るいうちは正面に桜島がデーンと見えます。
お殿様たちってやっぱり最高のロケーションに邸宅を構えるんですねぇ。
うらやますぃ。。。

テーブルコーディネートもおっしゃれ~。
f0189867_1494664.jpg


お料理を待つ間、貴重な調度品の数々を鑑賞。

これ、西郷隆盛の書ですよ。すごい♪
f0189867_1350566.jpg

他にも白薩摩の置物や、斉彬公の書など国宝級文化財
ごく普通に飾ってあるのです(+o+)
f0189867_14201848.jpg

f0189867_14202391.jpg

f0189867_1420436.jpg



そして、お料理。
f0189867_1443984.jpg

完璧☆
ここのお式に呼ばれたゲストは幸せですね~。
(実は夫ティカシも後輩の結婚式で一度訪れてました)

ワインもデキャンタージュしてくれました。
f0189867_148322.jpg


あーあー幸せだったなぁ~あの日。
f0189867_14193755.jpg

f0189867_14222717.jpg


かれこれ1年半も前の「美味しい」を
いま頭の胃袋?で反芻してるKANAなのでした。。。

鹿児島の『AUTOMNE』また行きたいよぉー。

マナーハウス島津重富荘HPはこちら→クリック

by snapdragon0791 | 2012-11-14 14:23 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(2)