<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 31日
クリスマスの飾りつけ
クリスチャンではありませんが
今年もやっちゃいました。
我が家のクリスマスディスプレイ。
まきつけたイルミネーションは100円ショップで昨年購入。
十分きれいです。
微妙なエコ意識で見たいときだけスイッチを入れるので
今年も爛々ともってます(笑)
f0189867_19341532.jpg


毎年この季節になると心が躍ります。
街中で鳴り響くクリスマスソング、
赤と緑とサンタのディスプレイ、
澄んだ冬の空気に輝くイルミネーション。
幼い頃から楽しい楽しい年中行事のひとつ。
(クリスチャンの方ごめんなさいっ)

短大でキリスト教学を学んだにもかかわらず
あまり覚えていない私、、、
(お母さん、こんな娘でごめんなさいっ)

でもこれだけはなんとなく、、、

クリスマスの色といえば緑、赤、白。

「緑」=永遠の命、希望
ヒイラギやもみの木のように一年中緑の葉をもつ常緑樹の生命力。
また、ヒイラギの棘はキリストがかぶったいばら冠(受難)をあらわす。


「赤」=キリストが流した血

「白」=純潔
クリスマスに降る雪。


と、こんな意味だったと思う。
(クリスチャンの方、間違っていたらごめんなさいっ)

クリスマス商戦。
商い組の人たちを豊かにする。

クリスマスイヴの夜。
子供達はみんなプレゼントを待ちワクワク。

クリスマスパーティ。
年末近くの楽しい集まり。

クリスマスに告白(笑)
このときばかりは勇気が持てる!?

クリスマスは私たちに沢山の幸福を与えてくれる。
これも神キリストの恩寵なのかもしれないですね。

f0189867_1933376.jpg


by snapdragon0791 | 2008-10-31 20:23 | 日々のこと | Trackback | Comments(3)
2008年 10月 30日
秋の西都原
宮崎の西都原
春は菜の花と桜。
秋はコスモスでいっぱいになります。
ボランティアの方々が植えられているそうです。

10月半ば朝一番に車を走らせ
一人コスモス狩りに行ってきました。

残念ながら三分咲き。
f0189867_16303855.jpg

でも朝の空気は気持ちよく、
点々と咲くピンクのコスモスと、
満開の白い蕎麦の花が迎えてくれました。
f0189867_16311067.jpg

f0189867_16312161.jpg

f0189867_16323375.jpg


by snapdragon0791 | 2008-10-30 20:05 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 30日
『アジアンタム』
本日、うちの室内に久々に新しい仲間が増えた。

アジアンタムさんです・・・
涼しげな葉っぱがユラユラ。
f0189867_17291142.jpg


随分まえから欲しかった。

植物も生き物。
しかもアジアンタムはシダ類。
水遣りはかかせない。
おまけに葉っぱには霧吹きシュッシュッも必要。

でも宮崎との往復生活。
そんな水遣りがままならない。

ずーっと我慢していた。

が、今日ついに衝動買いしてしまった。


そうだ!
宮崎にも一緒に乗っけてけばいいんだ!
そうしよう、そうしよう。

日差しに透ける緑が本当にきれい。
イチョウのミニチュアみたいな形の葉っぱ。
ゆ~らゆら、、、癒されるなぁ。
我が家へ仲間入りした記念に
いろんな角度で撮ってあげた。

ようこそ、アジアンタムさん。
f0189867_17353192.jpg
f0189867_1738496.jpg

by snapdragon0791 | 2008-10-30 17:40 | 花や木が好き | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 28日
お宝発見!
このたび、弟と一緒に昔住んでいた実家の片付けをした。

二人でタンスやダンボールからいろんなガラクタを掘り起こした。

「姉ちゃん、これ捨てていい?」

振り返って弟が手にしたものを覗き込んだ。
アイアン製のなんだか古くていい感じの、、、なんだろ?これ。
クルクルまわす取っ手が付いてて、、、
ラッパみたいのがカワイイ♪

なんか私これ好きだなぁ。

「これ私もらって帰る!」
f0189867_2232782.jpg


調べました。
イギリス、SPONG社製のコーヒーミル。
なんと今やヴィンテージもの。
やっぱりいいものなんだぁ072.gif
残念ながらうちのは受け皿がなくなってしまっているけど。
きっと両親がカフェをやってた頃使ってたんだな。

念のため母にきいてみた。

「あ~そうそう、ブルマンとかをそれで挽いてたよ。
お父さんがこだわって、道具とかインテリアも遠くまで
買い付けに行ったりしてたからねぇ。」


「えー!?じゃあさ、他にもいろいろ残ってないの?」

「ぜーんぶ捨てたり、人にあげたりしてしまったよ。」

がっかりだよ、お母さん007.gif

そういえば、、、

幼い頃の記憶がよみがえってきた。

LPレコードをかけていた大きなオーディオセット。
数百枚あったと思われるジャズやクラシックのレコード。
箱型のアイアン製足踏みミシン。
アンティークな英国調のソファ。

そんなんあったよね???

それらはどこにいったのさ~007.gif

今なら価値がわかるのにぃ~007.gif

残念です。。。

でもこのコーヒーミルは大切にしよう053.gif

ほかにも発掘した。
コーヒーカップのセット。
高いものじゃなさそうだけど味がある。
f0189867_22515629.jpg


そして極めつけはそれを包んであった新聞紙!!

明菜とマッチがつきあってた頃のだぁーーーー(笑)
そしてジョイナーがドラッグ!?
f0189867_22534616.jpg

歴史を感じます、、、

そのあとも、小学校の頃の文集やら写真、
公表できない秘密の手紙(笑)など、でてくるでてくる!
弟に背を向けてこっそり読み返した。

ちょっとノスタルジックな一日でした。

by snapdragon0791 | 2008-10-28 23:04 | いいもの | Trackback | Comments(5)
2008年 10月 27日
ロンドンバス☆カフェ
f0189867_16325120.jpg

実家近所の空き地。
ある日突然真っ赤な二階建てバスあらわる!
どうやら現在まだ工事中。トンテントンテンやってるオジサンに
「写真とってもいいですか~?」
きいてみた。
「よかよ~」
オッケイいただきパチリ!看板みる限り、カフェになるみたいだな。
ロンドンから大牟田までどうやって運んだんだろ…
カフェがオープンしたらいってみよ♪

by snapdragon0791 | 2008-10-27 16:32 | 福岡スポット | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 25日
『揚屋』
『揚屋』は私の弟のお店です。
大牟田にあります。
まもなくOPEN10周年をむかえます。

今日は少し宣伝させてください。
他のクチコミで他人のフリして宣伝したこともあります(笑)
キョーダイ愛です。お許しを。

ジャンルでいうと海鮮居酒屋、、、かな?
でもなぁんか「居酒屋」じゃないんだよなぁ、、、
とにかく「和」です。

自分の弟を褒めるのもなんですが、
とにかくお料理が美味しい!
ネタが新鮮、盛りが美しい、手を抜いていない味。
褒めすぎでしょうか(笑)

でも本当です。

f0189867_11175134.jpg弟コータは福岡でホテルの和食から料亭、
街の居酒屋まで、
数店で修行したオトコですから
THE板前職人気質です。
そのせいか下ごしらえにも決して
手を抜きません。
笑顔は少しキモイですが、
いいやつです。


私はやっぱり揚屋の「天ぷら」が一番好きです。
あの衣のサクサクとネタのプリプリがたまらんのです。
衣と油の温度にはかなりこだわってるようです。
天つゆも丁寧にダシをとってるだけあって深い味!
先日となりに座った常連のお客さんも
「揚屋の天ぷらしか食べん」と言ってくれてました。
オオツカさん、ありがとう、、、

魚も美味い!
先日「しめ鯖」を出してくれました。
酢の酸味をほとんど感じないくらいのシメ具合は
新鮮でなければ出来ないそうです。
f0189867_11295152.jpg
なんだなんだ!?
カゴがでてきた!

f0189867_11303592.jpg
そっと開けたら
「しめ鯖」が。
美味しかった~。

そのほか、創作料理や定番居酒屋メニューなんかもあって、
ひとりで作っているわりにはメニュー数も多いようです。

お客さんの層もさまざま。
会社員のおじさまがた、カップル、家族、若者団体などなど。
最近改装して半個室のつくりになったので「お忍び」にもGOOD。ふふふ。
窓側の席からは庭を眺めることができます。(予約で一番にうまる席)
料金もお手ごろだと思います。安くもなく高くもない。

場所が大牟田だけに「ちょっと行ってくる」は難しいですが
筑後方面においでのさいはぜひ!

『揚屋』 0944-56-0700 日曜休み
大牟田市本町1丁目2-2 みやまえ通り(大牟田神社よこ)
f0189867_11445475.jpgf0189867_11455274.jpg

by snapdragon0791 | 2008-10-25 11:55 | 大牟田『揚屋』 | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 24日
ツアーを終えて【あとがき偏】
今回のツアーでは沢山学んだ。

056.gif生産から出荷まで056.gif

直売店大好きオンナの私。
普段からしょっちゅう「道の駅」などに足を運ぶ。

「朝どれ○○」「○○さんが作った野菜」「生産者○○」
これまであまり気にせず手に取ってた。

今は違う。
ここにその商品が並ぶまでの背景がわかるから。

収穫、ひとつひとつ泥を落として洗う、袋詰め、封をする、シールを貼る。
朝一番、トラックに積んで店に運び丁寧に並べる。

大変な重労働を経て店先に並ぶ。

そこんとこ心して有難くいただこうと思うようになった。

056.gifアイガモ農法はいいことずくめ056.gif

テッチャンが教えてくれた。

農薬を使わない安全なお米。
アイガモが大活躍してくれる。
(テッチャンちにはアヒルもいたな)

水田にアイガモを放飼する。
アイガモは雑食だから水田の害虫や雑草を食べてくれる。
スイスイ水かきで泥水を掻き回し、
水田に適度な空気(酸素?)を入れてくれる。
いいことずくめだ、、、

無農薬栽培、減農薬栽培、低農薬栽培、、、
これらの違いすらよくわからず過ごしてる私達。
ここらできちんと勉強してもいいのかもしれない。
(実はフード学校で少しかじったものの覚えてなかった私014.gif

056.gif親子三世代はすばらしい056.gif

核家族。少子化。いまはそんな時代。
一人っ子が多いから
「今つきあってる彼、長男なのよ」
って話も当たり前。

テッチャンちにはテッチャン夫妻、お父さん夫妻、おばあちゃん。
そして、近々娘さん夫妻も一緒に農業をされるとか。
農家にはそんな大家族が多い。

それぞれに役割があって、それぞれが助け合う。
おじいちゃん、おばあちゃんが側にいると
子供は優しい子に育つ(私の考えでは)。
昔からの智恵だってたくさん学べる。
ご飯もみんなで食べると美味しい。

まぁね、
サラリーマンの転勤など現代では仕方ないところもあるけれど。
今回大家族のすばらしさを感じた。

056.gif小林のお水は美味しい056.gif

小林ではなんでもとれる。
お野菜はもちろんのこと、お茶、牛、豚、鶏、花、、、

そして何より『水』!!水はピカイチ!!

全国名水100選にえらばれた『出の山湧水』。
ツアー集合場所のすぐ側だったので私も帰りに汲んで帰った。
f0189867_10475448.jpg

とにかく甘くてやわらかい美味しいお水。
たぶん私がこれまで汲んだお水のなかで一番おいしい。
(といっても水汲みに懲りだしたのは宮崎にいってから・・・ホホ)
カラダの中がきれいなるような感じがする。

056.gif自然は大切056.gif

えびの高原のトレッキング。貴重な体験だった。
機会があればまたぜひ行きたい。

スケートができなくなった池。これは衝撃的だった。
環境破壊、温暖化、、、
こんな身近なところにも影響がでている。

美しい自然に触れて、これは守らなきゃいけないなって思った。

植物もますます好きになった。
帰って「植物大図鑑」を買ってしまった(笑)
今ではいつも車中に置き、ドライブで見かけた植物を即引き!
楽しい趣味が増えた。




今回のツアー、
本当に「きづき」や「学び」の多い旅だった。

海外旅行や温泉、癒されるおだやかな旅行も大好き。
そんな旅は沢山してきた。
でも今回のような体験型旅行は初めて。
思い切って申し込んでよかった。
旦那までかなり影響されたのは嬉しい誤算(笑)

これも旦那の宮崎転勤があったから。
いろんな偶然が重なって、
これってもしかして「必然」だったの?って出会いが訪れる。
不思議で楽しい。

今後も気ままに旅を続けたい。

by snapdragon0791 | 2008-10-24 11:11 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 24日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【最終日】
えびの高原でのトレッキングを終えて
次は『生駒高原』のコスモス畑で癒されよう~。
一行またバスで移動。
もと来た山道をぐるぐる下る。

コスモス園が近づいてきた。
三連休最終日というのもあって
かなりの渋滞。

「ここで降りて少し歩きましょう」

少し歩いた。
向こうのほうでヘリコプターがパラパラ轟音たててる。
「遊覧飛行」ができるようだ。
でもコスモスをはるか上空から見て綺麗なんだろうか、、、
ただのピンクにしか見えないんじゃ?
でも霧島連山の美しさは堪能できるか。

入り口到着。ひとりひとり入園券を渡された。
(この400円の入園券も旅費に入っている。
どう考えてもこのモニターツアー二泊三日で
6500円はお得すぎる♪)
f0189867_9261056.jpg


どうやら先ほどのトレッキングと渋滞で時間がおしているみたい。
コスモス園での滞在時間は30分。
短いからサクっと回ろう~!
旦那と一目散にコスモス畑へ。

わぁ~綺麗053.gif
一面のコスモス。
ここのコスモスはずいぶんと背が高い。
観光客ももりもり。
f0189867_9212538.jpg

とおくの山の緑とコスモスのピンクが超マッチ。
f0189867_9242364.jpg

コスモス以外のお花もたくさん。
f0189867_9252516.jpg

あっというまの30分。
バスに集合。
「では今回のツアーはこれで終わりです。
ホタル館に戻りまーす」

窓の外をみた。隣に『りんご園』が!
あれれ、そういえばりんご狩りもツアーメニューにあったような。
きっと時間がおしてるから×なんだな。

『出の水名水ホタル館』に到着。
終わりの会が始まった。

最後のご挨拶とアンケート記入。
そうだ!これはモニターツアー。
アンケートがとても大切。
沢山記入した。
カリカリみんなも沢山書いている模様。

「お世話になりましたー」ひとりひとり去っていく。
ぐずぐずしてる私のところに
サーちゃんとチイちゃんが挨拶にきてくれた。
とても寂しくなった。
これだけピッタリ一緒に過ごすと
本当に親戚のような気分になる。
「写真おくりますから!」私が言うと
「私は梅干おくるからね」とサーちゃん。
朝まで熱く語り合った鹿児島から参加のご夫妻も
挨拶にきてくれた。
「ブログみますから」(お恥ずかしい、、、)

いい出会い。一期一会ってやつです。

アンケートを提出した。名札を返した。
お礼を述べて小林市観光課のタカノさん、トダカさんにも
サヨナラをした。

おとといココで「はじめまして」のオリエンテーションから始まった。
たった二泊三日の時間、、、とても長く感じた。

この出会いにひたすら感謝。

「疲れたけど本当に楽しかったね~!
カナ、誘ってくれてありがとうね。」
旦那に言われた。

心地よい疲れを乗っけて車を走らせた。

                                    おわり

by snapdragon0791 | 2008-10-24 09:49 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 23日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【トレッキング編】
最終日も晴れ。
このツアー、本当にお天気に恵まれた。

今日は観光。

『かるかや』をあとにして、再度『出の山名水ホタル館』に集合。
そこから全員貸切バスに乗った。

目指すは『えびの高原』!池めぐりコース。
トレッキングなんてどれくらいぶりだろう。
登れるかなぁ、、、

途中コスモスでいっぱいの生駒高原を通りすぎ、
ぐるぐるバスは山を登った。

そして突然景色がひらけた。
えびの高原に到着。
火山独特の砂地でゴツゴツした雰囲気。
すすきがゆらゆら風に揺れてる。

えびの高原の名前の由来、、、
硫黄の影響ですすきが一面えび色になるからだって。
へぇ~知らなかったぁ。

次に大きな『不動池』がおでむかえ。
それはそれは美しいコバルトブルー。
f0189867_17573323.jpg


えびの高原には3つの大きな池がある。
すべて火口湖。
自然のチカラってすごいなぁ。

ペットボトルのお水とお弁当が配られた。
途中で昼食予定とのこと。
そしてトレッキングの先生登場。
やさしそうな72歳のおじいちゃん先生。(って失礼?)
今年はもう160回程山に登ったとか。
私らよりよっぽど元気だ。

さあ~いざ池めぐりコースに出発!
(どうやら素人でも大丈夫な初心者コースらしい。
ほっ。)

さっき迎えてくれた『不動池』を横目に
ずんずん進んだ。

すれ違う人みんな挨拶をかわす。
「こんにちは~」
山でのエチケット。
f0189867_1823183.jpg


赤松がたくさん。枯れた赤松はちょっとアートな感じ。
f0189867_18242763.jpg


紅葉もはじまってる。
f0189867_18254539.jpg

先生がいろんな木の説明をしてくれる。
f0189867_1826670.jpg


f0189867_1910266.jpg
巨大木があちらこちらに。
ここには貴重な植物がたくさん。


f0189867_18304622.jpg
二つ目『六観音御池』に到着。
これも大きな池できれいなブルー。
みんな並んで記念撮影。


f0189867_18302568.jpg


おっ、ここでお弁当かな?

「みなさーん、お弁当は次の池で食べまーす」

はーい、、、

それから10分くらい歩いて三つ目の『白紫池』に着いた。
この池は昔は冬場スケート場になっていたらしい。
でも近年の温暖化のせいで氷が厚く張らなくなったそう。
悲しい話だな。

そしてお待ちかねのお弁当。
写真をとるのを忘れてしまったが見た目も味も量もGOOD。
二段箱になっていて、おむすびとおかずがどっさり。
みんなで岩場に腰掛けパクパク。
私の横ではチイちゃんが「おいしいねー」って。
確かに!山で食べると本当にうまいっ。

昼食を終え、そこから更にサクサク歩いた。
お腹が満たされ少し余裕がでてきたぞ。
足元の見事なコケにも感動~。
f0189867_18432932.jpg


約1時間半のトレッキングも終了。
先生にみんなで「ありがとう」とお礼を言ってお別れ。
いい先生だったなぁ。

山に入ってすぐに先生は涙をうかべて話をしてくれた。
先生は山に入ると必ずゴミ拾いをするそう。
心無い人がゴミを捨てる、、、
ある日、いつものように山を歩いていたらなんと
オムツが捨ててあったそうだ。
そんな親が子供を育てたらどうなるか、、、
嘆かわしい、、、

沢山勉強させてもらった。

韓国岳にサヨナラをした。
f0189867_18593924.jpg


次の目的地は『生駒高原』。
バスで戻る。

by snapdragon0791 | 2008-10-23 19:04 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 22日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【交流会偏】
二日目の宿は『茅葺の宿・かるかや』。
そこで19時から交流会。

『かるかや』は須木(※)のレジャー施設『すきむらんど』内にある。
※須木村は2006年に新市制で小林市と合併。

宿『かるかや』、温泉『かじかの湯』のほか、キャンプ場や水族館など
沢山の楽しい施設あり!

車を降りたとたん、さぶっ。
気温が二度くらい違うように感じた。

交流会の前にまずは温泉につかろう♪温泉だいすき!

「せっかくだから、つり橋を渡って行こう」
またテッチャンからナイスな提案037.gif
でも私はつり橋、ちょっと苦手、、、

『ままこ滝』を横目につり橋を渡った。
f0189867_10581528.jpg

そのとき、、、
サーちゃんが突然このままこ滝にまつわる悲しい伝説を語ってくれた。
f0189867_114455.jpg

継母とその子が一緒に落ちた滝つぼ、、、
向こうに見える滝をみた。ゴーゴーと滝がおちてる。
真下をみた。「たっ、高いぃぃぃぃ~」「こわいぃぃぃぃ~」
つり橋はもともと苦手。怖いハナシはもともと大の苦手007.gif
聞かなきゃよかった~。

やっとのことで渡り終え、ホッとして足をすすめると
もう目の前にかじかの湯が。

あ、昨日オリエンテーションで見かけた参加者らしき人たちが。
そう広くない温泉はおおにぎわい。

ぽかぽかあったまったところで『かるかや』へ。
おぉ~景色がいい☆
小野湖を一望できる。しーんと静まり返った感じ。
f0189867_11103855.jpg


点々と茅葺屋根の古民家宿が、、、
ちょっとタイムスリップした感じ。
f0189867_11463568.jpg

一番上にある「庄屋」で交流会。
続々と皆が集まり、時間通りに全員揃った。

交流会スタート。
お料理は山の幸を使ったメニュー。
「からし菜のおひたし」「切干大根のなます」「柿いり白和え」など、、、
なかでも旦那がおかわりするくらい美味しかったのは
「そばだんご汁」!!これは絶品。
そばがき?らしき「だご」が入った、豚汁のような、、、
すべて自然を感じる健康的なお料理。

盛り上がってきたところで今回の農業体験の発表会。
「えー!?聞いてないよぉー。緊張する~。」と慌てる私に
「テッチャンのためにもがんばろうぜ!」と旦那。
作戦(いや、打ち合わせ)会議開始。

トミミツ家にちなんで以下のように。。。

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
つぜん誘われた農業体験ツアー!すっごく楽しかった!」(旦那)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
んなで頑張った生姜の袋詰め!勉強になりました!」(サーちゃん)

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
んなで食べた季節はずれの流しソーメン!最高に美味しかった!」(私)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
ぎもまた来ようね!」(チイちゃん)

結果は大成功!
打ち合わせのときは出来るかなってドキドキだったのに
本番ではみんなアドリブまでつけちゃって(笑)

ほかの農家さん&参加者の発表もすごくおもしろかった。
「え!そんなことまでやったんだ!?」なんてところもあった。

大盛り上がりの交流会。
昨日会ったばかりとは思えないくらいみんな仲良くなってた。
不思議なんだけど自然で、、、
農業体験ツアーのチカラおそるべし。

その後、「飲み会部屋」へ移動して朝3時まで語り合った。
小林市観光課の方々、宮崎県庁の方々、みなさんの「熱い」気持ちも
伝わってきた。
調子に乗って私も熱く語った。

明日(いや、もう今日だ)は観光だー!!
これまた楽しみ~053.gif

ラスト「小林観光」は次回につづく、、、

by snapdragon0791 | 2008-10-22 11:54 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)