カテゴリ:宮崎スポット( 60 )

2008年 10月 30日
秋の西都原
宮崎の西都原
春は菜の花と桜。
秋はコスモスでいっぱいになります。
ボランティアの方々が植えられているそうです。

10月半ば朝一番に車を走らせ
一人コスモス狩りに行ってきました。

残念ながら三分咲き。
f0189867_16303855.jpg

でも朝の空気は気持ちよく、
点々と咲くピンクのコスモスと、
満開の白い蕎麦の花が迎えてくれました。
f0189867_16311067.jpg

f0189867_16312161.jpg

f0189867_16323375.jpg


by snapdragon0791 | 2008-10-30 20:05 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 24日
ツアーを終えて【あとがき偏】
今回のツアーでは沢山学んだ。

056.gif生産から出荷まで056.gif

直売店大好きオンナの私。
普段からしょっちゅう「道の駅」などに足を運ぶ。

「朝どれ○○」「○○さんが作った野菜」「生産者○○」
これまであまり気にせず手に取ってた。

今は違う。
ここにその商品が並ぶまでの背景がわかるから。

収穫、ひとつひとつ泥を落として洗う、袋詰め、封をする、シールを貼る。
朝一番、トラックに積んで店に運び丁寧に並べる。

大変な重労働を経て店先に並ぶ。

そこんとこ心して有難くいただこうと思うようになった。

056.gifアイガモ農法はいいことずくめ056.gif

テッチャンが教えてくれた。

農薬を使わない安全なお米。
アイガモが大活躍してくれる。
(テッチャンちにはアヒルもいたな)

水田にアイガモを放飼する。
アイガモは雑食だから水田の害虫や雑草を食べてくれる。
スイスイ水かきで泥水を掻き回し、
水田に適度な空気(酸素?)を入れてくれる。
いいことずくめだ、、、

無農薬栽培、減農薬栽培、低農薬栽培、、、
これらの違いすらよくわからず過ごしてる私達。
ここらできちんと勉強してもいいのかもしれない。
(実はフード学校で少しかじったものの覚えてなかった私014.gif

056.gif親子三世代はすばらしい056.gif

核家族。少子化。いまはそんな時代。
一人っ子が多いから
「今つきあってる彼、長男なのよ」
って話も当たり前。

テッチャンちにはテッチャン夫妻、お父さん夫妻、おばあちゃん。
そして、近々娘さん夫妻も一緒に農業をされるとか。
農家にはそんな大家族が多い。

それぞれに役割があって、それぞれが助け合う。
おじいちゃん、おばあちゃんが側にいると
子供は優しい子に育つ(私の考えでは)。
昔からの智恵だってたくさん学べる。
ご飯もみんなで食べると美味しい。

まぁね、
サラリーマンの転勤など現代では仕方ないところもあるけれど。
今回大家族のすばらしさを感じた。

056.gif小林のお水は美味しい056.gif

小林ではなんでもとれる。
お野菜はもちろんのこと、お茶、牛、豚、鶏、花、、、

そして何より『水』!!水はピカイチ!!

全国名水100選にえらばれた『出の山湧水』。
ツアー集合場所のすぐ側だったので私も帰りに汲んで帰った。
f0189867_10475448.jpg

とにかく甘くてやわらかい美味しいお水。
たぶん私がこれまで汲んだお水のなかで一番おいしい。
(といっても水汲みに懲りだしたのは宮崎にいってから・・・ホホ)
カラダの中がきれいなるような感じがする。

056.gif自然は大切056.gif

えびの高原のトレッキング。貴重な体験だった。
機会があればまたぜひ行きたい。

スケートができなくなった池。これは衝撃的だった。
環境破壊、温暖化、、、
こんな身近なところにも影響がでている。

美しい自然に触れて、これは守らなきゃいけないなって思った。

植物もますます好きになった。
帰って「植物大図鑑」を買ってしまった(笑)
今ではいつも車中に置き、ドライブで見かけた植物を即引き!
楽しい趣味が増えた。




今回のツアー、
本当に「きづき」や「学び」の多い旅だった。

海外旅行や温泉、癒されるおだやかな旅行も大好き。
そんな旅は沢山してきた。
でも今回のような体験型旅行は初めて。
思い切って申し込んでよかった。
旦那までかなり影響されたのは嬉しい誤算(笑)

これも旦那の宮崎転勤があったから。
いろんな偶然が重なって、
これってもしかして「必然」だったの?って出会いが訪れる。
不思議で楽しい。

今後も気ままに旅を続けたい。

by snapdragon0791 | 2008-10-24 11:11 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 24日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【最終日】
えびの高原でのトレッキングを終えて
次は『生駒高原』のコスモス畑で癒されよう~。
一行またバスで移動。
もと来た山道をぐるぐる下る。

コスモス園が近づいてきた。
三連休最終日というのもあって
かなりの渋滞。

「ここで降りて少し歩きましょう」

少し歩いた。
向こうのほうでヘリコプターがパラパラ轟音たててる。
「遊覧飛行」ができるようだ。
でもコスモスをはるか上空から見て綺麗なんだろうか、、、
ただのピンクにしか見えないんじゃ?
でも霧島連山の美しさは堪能できるか。

入り口到着。ひとりひとり入園券を渡された。
(この400円の入園券も旅費に入っている。
どう考えてもこのモニターツアー二泊三日で
6500円はお得すぎる♪)
f0189867_9261056.jpg


どうやら先ほどのトレッキングと渋滞で時間がおしているみたい。
コスモス園での滞在時間は30分。
短いからサクっと回ろう~!
旦那と一目散にコスモス畑へ。

わぁ~綺麗053.gif
一面のコスモス。
ここのコスモスはずいぶんと背が高い。
観光客ももりもり。
f0189867_9212538.jpg

とおくの山の緑とコスモスのピンクが超マッチ。
f0189867_9242364.jpg

コスモス以外のお花もたくさん。
f0189867_9252516.jpg

あっというまの30分。
バスに集合。
「では今回のツアーはこれで終わりです。
ホタル館に戻りまーす」

窓の外をみた。隣に『りんご園』が!
あれれ、そういえばりんご狩りもツアーメニューにあったような。
きっと時間がおしてるから×なんだな。

『出の水名水ホタル館』に到着。
終わりの会が始まった。

最後のご挨拶とアンケート記入。
そうだ!これはモニターツアー。
アンケートがとても大切。
沢山記入した。
カリカリみんなも沢山書いている模様。

「お世話になりましたー」ひとりひとり去っていく。
ぐずぐずしてる私のところに
サーちゃんとチイちゃんが挨拶にきてくれた。
とても寂しくなった。
これだけピッタリ一緒に過ごすと
本当に親戚のような気分になる。
「写真おくりますから!」私が言うと
「私は梅干おくるからね」とサーちゃん。
朝まで熱く語り合った鹿児島から参加のご夫妻も
挨拶にきてくれた。
「ブログみますから」(お恥ずかしい、、、)

いい出会い。一期一会ってやつです。

アンケートを提出した。名札を返した。
お礼を述べて小林市観光課のタカノさん、トダカさんにも
サヨナラをした。

おとといココで「はじめまして」のオリエンテーションから始まった。
たった二泊三日の時間、、、とても長く感じた。

この出会いにひたすら感謝。

「疲れたけど本当に楽しかったね~!
カナ、誘ってくれてありがとうね。」
旦那に言われた。

心地よい疲れを乗っけて車を走らせた。

                                    おわり

by snapdragon0791 | 2008-10-24 09:49 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 23日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【トレッキング編】
最終日も晴れ。
このツアー、本当にお天気に恵まれた。

今日は観光。

『かるかや』をあとにして、再度『出の山名水ホタル館』に集合。
そこから全員貸切バスに乗った。

目指すは『えびの高原』!池めぐりコース。
トレッキングなんてどれくらいぶりだろう。
登れるかなぁ、、、

途中コスモスでいっぱいの生駒高原を通りすぎ、
ぐるぐるバスは山を登った。

そして突然景色がひらけた。
えびの高原に到着。
火山独特の砂地でゴツゴツした雰囲気。
すすきがゆらゆら風に揺れてる。

えびの高原の名前の由来、、、
硫黄の影響ですすきが一面えび色になるからだって。
へぇ~知らなかったぁ。

次に大きな『不動池』がおでむかえ。
それはそれは美しいコバルトブルー。
f0189867_17573323.jpg


えびの高原には3つの大きな池がある。
すべて火口湖。
自然のチカラってすごいなぁ。

ペットボトルのお水とお弁当が配られた。
途中で昼食予定とのこと。
そしてトレッキングの先生登場。
やさしそうな72歳のおじいちゃん先生。(って失礼?)
今年はもう160回程山に登ったとか。
私らよりよっぽど元気だ。

さあ~いざ池めぐりコースに出発!
(どうやら素人でも大丈夫な初心者コースらしい。
ほっ。)

さっき迎えてくれた『不動池』を横目に
ずんずん進んだ。

すれ違う人みんな挨拶をかわす。
「こんにちは~」
山でのエチケット。
f0189867_1823183.jpg


赤松がたくさん。枯れた赤松はちょっとアートな感じ。
f0189867_18242763.jpg


紅葉もはじまってる。
f0189867_18254539.jpg

先生がいろんな木の説明をしてくれる。
f0189867_1826670.jpg


f0189867_1910266.jpg
巨大木があちらこちらに。
ここには貴重な植物がたくさん。


f0189867_18304622.jpg
二つ目『六観音御池』に到着。
これも大きな池できれいなブルー。
みんな並んで記念撮影。


f0189867_18302568.jpg


おっ、ここでお弁当かな?

「みなさーん、お弁当は次の池で食べまーす」

はーい、、、

それから10分くらい歩いて三つ目の『白紫池』に着いた。
この池は昔は冬場スケート場になっていたらしい。
でも近年の温暖化のせいで氷が厚く張らなくなったそう。
悲しい話だな。

そしてお待ちかねのお弁当。
写真をとるのを忘れてしまったが見た目も味も量もGOOD。
二段箱になっていて、おむすびとおかずがどっさり。
みんなで岩場に腰掛けパクパク。
私の横ではチイちゃんが「おいしいねー」って。
確かに!山で食べると本当にうまいっ。

昼食を終え、そこから更にサクサク歩いた。
お腹が満たされ少し余裕がでてきたぞ。
足元の見事なコケにも感動~。
f0189867_18432932.jpg


約1時間半のトレッキングも終了。
先生にみんなで「ありがとう」とお礼を言ってお別れ。
いい先生だったなぁ。

山に入ってすぐに先生は涙をうかべて話をしてくれた。
先生は山に入ると必ずゴミ拾いをするそう。
心無い人がゴミを捨てる、、、
ある日、いつものように山を歩いていたらなんと
オムツが捨ててあったそうだ。
そんな親が子供を育てたらどうなるか、、、
嘆かわしい、、、

沢山勉強させてもらった。

韓国岳にサヨナラをした。
f0189867_18593924.jpg


次の目的地は『生駒高原』。
バスで戻る。

by snapdragon0791 | 2008-10-23 19:04 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 22日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【交流会偏】
二日目の宿は『茅葺の宿・かるかや』。
そこで19時から交流会。

『かるかや』は須木(※)のレジャー施設『すきむらんど』内にある。
※須木村は2006年に新市制で小林市と合併。

宿『かるかや』、温泉『かじかの湯』のほか、キャンプ場や水族館など
沢山の楽しい施設あり!

車を降りたとたん、さぶっ。
気温が二度くらい違うように感じた。

交流会の前にまずは温泉につかろう♪温泉だいすき!

「せっかくだから、つり橋を渡って行こう」
またテッチャンからナイスな提案037.gif
でも私はつり橋、ちょっと苦手、、、

『ままこ滝』を横目につり橋を渡った。
f0189867_10581528.jpg

そのとき、、、
サーちゃんが突然このままこ滝にまつわる悲しい伝説を語ってくれた。
f0189867_114455.jpg

継母とその子が一緒に落ちた滝つぼ、、、
向こうに見える滝をみた。ゴーゴーと滝がおちてる。
真下をみた。「たっ、高いぃぃぃぃ~」「こわいぃぃぃぃ~」
つり橋はもともと苦手。怖いハナシはもともと大の苦手007.gif
聞かなきゃよかった~。

やっとのことで渡り終え、ホッとして足をすすめると
もう目の前にかじかの湯が。

あ、昨日オリエンテーションで見かけた参加者らしき人たちが。
そう広くない温泉はおおにぎわい。

ぽかぽかあったまったところで『かるかや』へ。
おぉ~景色がいい☆
小野湖を一望できる。しーんと静まり返った感じ。
f0189867_11103855.jpg


点々と茅葺屋根の古民家宿が、、、
ちょっとタイムスリップした感じ。
f0189867_11463568.jpg

一番上にある「庄屋」で交流会。
続々と皆が集まり、時間通りに全員揃った。

交流会スタート。
お料理は山の幸を使ったメニュー。
「からし菜のおひたし」「切干大根のなます」「柿いり白和え」など、、、
なかでも旦那がおかわりするくらい美味しかったのは
「そばだんご汁」!!これは絶品。
そばがき?らしき「だご」が入った、豚汁のような、、、
すべて自然を感じる健康的なお料理。

盛り上がってきたところで今回の農業体験の発表会。
「えー!?聞いてないよぉー。緊張する~。」と慌てる私に
「テッチャンのためにもがんばろうぜ!」と旦那。
作戦(いや、打ち合わせ)会議開始。

トミミツ家にちなんで以下のように。。。

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
つぜん誘われた農業体験ツアー!すっごく楽しかった!」(旦那)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
んなで頑張った生姜の袋詰め!勉強になりました!」(サーちゃん)

テッチャンが叫ぶ!『ーっ』
んなで食べた季節はずれの流しソーメン!最高に美味しかった!」(私)

トシコさんが叫ぶ!『ーっ』
ぎもまた来ようね!」(チイちゃん)

結果は大成功!
打ち合わせのときは出来るかなってドキドキだったのに
本番ではみんなアドリブまでつけちゃって(笑)

ほかの農家さん&参加者の発表もすごくおもしろかった。
「え!そんなことまでやったんだ!?」なんてところもあった。

大盛り上がりの交流会。
昨日会ったばかりとは思えないくらいみんな仲良くなってた。
不思議なんだけど自然で、、、
農業体験ツアーのチカラおそるべし。

その後、「飲み会部屋」へ移動して朝3時まで語り合った。
小林市観光課の方々、宮崎県庁の方々、みなさんの「熱い」気持ちも
伝わってきた。
調子に乗って私も熱く語った。

明日(いや、もう今日だ)は観光だー!!
これまた楽しみ~053.gif

ラスト「小林観光」は次回につづく、、、

by snapdragon0791 | 2008-10-22 11:54 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 18日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【二日目】
本日も快晴。
6:00起床。6:30朝食。
昨日、自分達でとった「烏骨鶏のタマゴ」かけご飯。
黄身の味が濃厚で美味い♪
旦那は二個もいただいて食べていた。(ずうずうしいったら・・・)
朝食を終えたら出発!
f0189867_16594757.jpg


走る車のサンルーフから青空をパチリ。

<商品出荷>f0189867_165035.jpg
まずは「百笑村」へ。
半分開いたシャッターをくぐった。


昨日準備した「しょうが」「にんにく」「烏骨鶏の玉子」。
「お客さんの目線を考えると右下から並べた方がいいらしいよ」
とサーちゃん。なるほど。
みんなで並べた。そして拝んだ。「沢山売れますように!」
f0189867_16563669.jpg


次はお花「パンジー」と「ビオラ」。
外の棚に並べた。
f0189867_1658850.jpg
花の顔がみんなこちらを向くように。
昨日私が詰めた黄色のパンジーもある。
花びらが朝日に透けて活き活きキラキラ☆


そこに早速のお客さん。
なんと即2ケースお買い上げ!
「やったーっ!」みんなで喜んだ!
タネを蒔いて育てて摘んで詰めて並べ売れていく、、、
最初から最後まで出来るから喜びもひとしお!

それから三軒目のスーパーでは
野菜くずや売れ残りの果物などを沢山もらった。
それをトラックに積み込んだ。これは鶏達のエサとなる。

<鶏のエサやり>
そのまま鶏小屋へ。
さっきの野菜くずをばら撒いた。
つついてる、つついてる。
お母さん特製の別のエサ(糠など)も与えた。
烏骨鶏とカモのエサも少し違うそう。
f0189867_1733395.jpg

チイちゃんと一緒に所定の置き場にサラサラと配っていった。
用心深いカモもしばらくすると近くまで来てエサを食べる。
「カモって可愛いねぇ~。チイちゃんカモを飼いたい。」
とチイちゃん。

<生姜抜き>
次はお隣の生姜畑へ。
f0189867_1743930.jpg


細長い葉をふさふさ茂らせ一面に緑が広がる。
お母さんに手本を見せてもらい、早速はじめ!
f0189867_17114499.jpg

株の大きいものを見つけてググッと引き抜く。
抜けた根っこはまさにあの生姜そのものだ。
抜きたての生姜はみずみずしい。いい香り。
あ~すぐにガリにして食べたいっ。(私は無類のガリ好き)
「おぉ~すごいっ」皆が叫ぶ先を見ると、、、
うちの旦那が遠くから馬鹿デカイ生姜を持ち上げ自慢げ。
その後も調子にのった旦那は次々と大きな生姜を掘り起こす。
以来、旦那は『生姜名人』と呼ばれている。
ボン君たちと一緒に泥を軽く落とし茎からハサミで切る作業。
あとは洗って乾かすのみ。
f0189867_1775339.jpg


<あけび採り>
生姜を洗いに行く前にちょっと寄り道。
テッチャンちの大事な「アサガオ畑」を通った。
f0189867_1729781.jpgテッチャンちの
アサガオは見事!


その脇に櫨の木が。
そしてツルをからませてアケビが生っていた。
櫨はまける可能性があるからと皆用心して採らない。
ここは私が!例の長いハサミ付き棒でプチン。
f0189867_1782426.jpg

熟れた「あけび」ゲット。おやつにしよう。

<生姜洗い>
ビニールハウス横に腰掛けて皆でしょうがを洗う。
f0189867_179972.jpg


たわしを使ってくぼみまでキレイに、、、
皮をこすりすぎると
せっかくの生姜の風味が損なわれる。
チカラ加減が難しい。

チイちゃんはハウスまわりに生えてる「むかご」を
楽しそうに採取中。
大量の生姜を洗い、重ならないようにカゴに並べ終了。
f0189867_17143920.jpg


★楽しい昼食★
昼食はビニールハウスで。
お父さんの緻密な設計で特注された「そうめん流し機」登場。
f0189867_17185155.jpg

湧き出る井戸水をそのままひく。
f0189867_1721110.jpg
透明で美味しそうな水が流れる。


トシコさんがジャーにご飯を炊いてきてくれた。粟入りだ!
女性陣はおむすび握り。
外はギュッと、中はフワッとが基本らしい。
ついつい固く握ってしまいそうで、、、これまた難しい。
全員揃って「いただきま~す」
f0189867_17195960.jpg

そうめん最高!お水の味がいかに大切かを実感した。
ポテトサラダにお煮しめ、野菜の天ぷら、あまーい金時豆、、、
どれもこれもとっても美味しい。テッチャンちに感謝。
帰る頃ハウスのスプリンクラーにスイッチが入れられた。
霧状のシャワーがお花に降り注ぐ。きれい。
f0189867_17344991.jpg


<最後の袋詰め>
午後はまた袋詰め作業。
生姜、にんにく。
昨日もやったし、すっかり慣れた。
お母さんと私達の作業の流れも
手早くスムーズに。
f0189867_17234039.jpg


でももうすぐお母さん達ともお別れと思うと
急に寂しくなった。

そしていよいよ別れの時が、、、

「今回の農家体験どうでしたか?」
ひとりひとり感想を述べる。
地元の人との交流、農業体験、沢山学べた喜びを。
昨日初めて会ったのに、今日にはもう親戚のような気持ち。
テッチャンちにお世話になれてよかったと思った。

サーちゃんも涙声。
お母さんも涙。
みんなでうるうる、、、でも、、、
寂しいけれどまた会えるよね。

大きく手を振ってトミミツ家にさよならをした。

二日目の宿泊処は須木の『かるかや』。
参加者全員泊まる。
そして今夜、参加者と受入れ農家みんなで交流会。
テッチャンとトシコさんも一緒に向かった。

というわけでリポートは交流会へつづきます。

by snapdragon0791 | 2008-10-18 17:35 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 15日
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』【一日目】
行ってまいりました~!
『北きりしま田舎物語農家民泊体験モニターツアー』!!
「速報観光みやざき9月号」を見て即、小林市観光課に申し込み。
1ヶ月半、この日をどれだけ楽しみにしていたことか!
前日の夜は興奮して眠れず、旦那から「お前は子供か」と笑われた。

結果は、、、本当に本当に大満足っ。

私の多くの友人達も大変興味を持ってくれていましたので
ここから内容を詳しくお伝えしま~す。
↓↓↓
まずは初日11日(土)のレポート。
13:00受付の20分前『出の山名水ホタル館』に到着。
f0189867_12214182.jpgf0189867_1222358.jpg


駐車場入り口で明るい笑顔で出迎えてくれたのは小林市の職員の方々。
まぁ~しょっぱなからとっても気持ちのいいお出迎え♪かなりTアップ!
ホタル館入り口にて受付。

体格のいいデッカイお兄さんが窮屈そうに受付席に座り、
満面の笑みで「お名前をよろしいですか?」
(このお兄さん、小林市観光課の「トダカさん」はこの後、
私達と長い時間を一緒に過ごすこととなる・・・)

受付のまわりにも名札をつけた沢山のニコニコ顔、、、
きっと受け入れ農家さん達だな。

全員そろってオリエンテーション。
農家さんの自己紹介と私たち参加者の自己紹介。
受け入れ農家の方々のスピーチはみなテンポよく明るく元気いっぱい。
野菜、稲、花卉、果樹園、酪農、養鶏、、、いろんな農家がある。

「最近労働してお腹ペコペコにすかせてゴハンを食べたことありますか?」
「今回はそれを体験できます」

「確かに最近カラダ動かして腹ペコで飯食ったこと無いかも」
つぶやく旦那、、、ホントそうだね。

参加者はほとんどが県内居住者。
でも、はるばる東京からの参加者1名。
なんと、このツアー、20組のキャンセル待ちがいたらしい、、、
参加できてよかったぁ~。

私ら夫婦は花卉栽培農家『トミミツさん』宅でお世話になることに。
一緒に組まれた参加者は
60代に見えない若いおばあちゃん「サーちゃん」と
その孫小学二年生の「チイちゃん」。
計4名。

トミミツさん(以下「テッチャン」と呼ばせて頂きます)のお宅は生駒高原のふもと。
テッチャンちの畑からは霧島連山を一望できる。それはそれは壮大な景色。
f0189867_12262737.jpg



車をとめて荷物をかかえて「お世話になりまーす」
テッチャンちは、大家族。
奥様「トシコさん」、お父さん、お母さん「なみこさん」、おばあちゃん、
研修生の「落合くん」、「ボンくん」(ボン君はフィリピンからの研修生)、
そして犬の「さくら」。
お茶をいただき、お互いの紹介を済ませて早速農作業へ。
そこへ先ほど紹介した「トダカさん」も。一緒に農作業へ参加してくれるようだ。

軽トラでいざ出発!テッチャン運転で私達はうしろの荷台に乗った。
ビュンビュン風をきって農道を走る。
うしろからお父さんの軽トラがついてくる。
そちらの荷台に落合君とボン君。
「おーい」って手を振った。
二人ともニコニコ手を振り返してくれた。
横でチイちゃんも大喜び☆

<烏骨鶏のタマゴ採り>
鶏小屋へ着いた。
といってもここはフツーに広い広い林の中。そこを網で囲ってある。
f0189867_12273560.jpg

烏骨鶏やカモ(合鴨農法のため)がいる。
網をくぐると鶏たちがトットットットと元気に走り回っている。意外に足が速い!
何百羽いるんだろう、、、テッチャン自身もハッキリとした数はわからないらしい(笑)

卵回収はじめ~っ!
「あったーっ!」横に倒したバケツやかごの中に卵発見。ニワトリの卵より小さめ。
なかにはジッと温め続けている鶏もいる。
「ごめんね~」謝りながらおそるおそる鶏を押しのける。
「コッコ、コケッコ~!」お怒り気味のおたけびをあげ鶏が飛び退く。
つつかれそうで怖かったけれどなんとか卵ゲット。
f0189867_12281432.jpg

産みたて卵はあたたか~い。

<花のケース詰め>
鶏小屋のすぐ近くにお花のビニールハウス。
中には沢山のお花が並んでいた。
f0189867_12284044.jpg

今回は明日出荷予定のパンジーとビオラのケース詰め。
黄色、白、紫、青、オレンジ、ピンク・・・テッチャンちの花は活き活き。

「好きな色をケースに並べてくださーい」

でもただ並べりゃあいいってもんじゃない。
テッチャンが花並べのコツをレクチャーしてくれた。
枯れかけたり、明朝には枯れていそうな古い花は摘まねばならない。
葉をかきわけ茎の根元を見る。
茎の位置の上下で先に咲いた花がわかる。なるほどね~。

私は黄色と薄紫のパンジーを詰めた。
遠くで旦那もせっせと詰めてる。
店先でケースを並べたときに前を向く方向に花の顔を向け、揃える。
私の黄色パンジー完成!なかなか上出来じゃん!
旦那は白色。テッチャンから褒められてる。よしよし。
↓↓
f0189867_12301087.jpgf0189867_12304698.jpg


トダカさんも並べてる。でも奥さんのトシコさんからダメだし。
「やーい、やーい、注意されてやんの~♪」叫んでみた。
皆でドッと笑った。花並べって楽しいね。

ビニールハウスの中は少し暑いけど、汗かいても全然平気!
花はやっぱりいい!癒される。
テッチャンのお父さんも花を扱うと気持ちが優しくなるとおっしゃってた。
確かに。

花詰め完了。喉が渇いたな。
ハウスのよこの井戸水。ごくごく飲んだ。うまーい。
サーちゃんは脇に生えてる葉っぱをコップ代わりに。
f0189867_12314032.jpg
さすがです!

<しいたけ採り>
帰り道しいたけ林に寄った。
「ずいぶん来てないからなぁ~」とお父さん。
おぉ~あるある!育った超巨大しいたけがいっぱい!
私の顔と同じ位デカイしいたけもある。
f0189867_1233287.jpg

プチプチと木からもいだ。
チイちゃんはしいたけが苦手らしく触れないし、食べれない。
でもこれが、、、後で素敵な大逆転となるのだ、、、ふっふっふ。

<柿もぎ>

もいっこ寄り道。
テッチャンちの小屋の裏に柿の木がある。
ハサミ付の長い棒で柿をもいだ。
f0189867_1234430.jpg

「お酒のあとには柿食べるといいよ」とテッチャン。
まさか、私が酒飲みと知っているの???

<生姜の袋詰め>
家に戻って、今度は明日出荷予定の新生姜の袋詰め。
テッチャンちの新生姜は大きくて、うすピンクでとってもきれい。
生姜独特のいい香りがそこらじゅうにただよう。
作業の流れは自然と以下のとおりに、、、

なみこ母さんが量りで重さをはかる→私とサーちゃんで袋に詰める
→テープで封をする→表に旦那がシール(生産者名が書かれている)を貼る

とにかく生姜がデカイ!
袋にはマチがないし、小さい。
なんせ、生姜は根っこ。形もボコボコ。
向きによっては入らなかったりする。
二個を一つの袋に入れるときなんか、まるでパズル。
「お母さ~ん、入らんよ~」ヘルプを求める。
「こう向けたらいいんよ」なみこ母さん、いとも簡単に袋に入れる。
さすが名人だーすごか!
とちゅうで落合君とボン君も参加。
いつもは彼らがお母さんと一緒に作業してるらしい。

<烏骨鶏タマゴの袋詰め>
これも明日並べる予定。
チイちゃんがタマゴを拭く→旦那が袋に詰め、封、シール貼り
「あとの残りは明日の朝食にしましょうね」とテッチャン。
やあり~!楽しみ!絶対タマゴかけご飯にするぞ!

本日の農作業はここまで。
f0189867_12392025.jpg


★楽しい夕食★
今夜の夕食はお庭でBBQとのこと。BBQ大好き!旦那も大喜び!
みんなで準備。材料が次々に並ぶ。
f0189867_12354326.jpg
f0189867_12355667.jpg


あの黒い物体は何!?ちょっとグロテスクにも感じる。
f0189867_12371428.jpg

「これはね、烏骨鶏の肉ですよ」とお母さん。
どっひゃ~、烏骨鶏の身ってこんなに黒いの!?おどろきだった。
「ちょっと硬いけど美味いよ~」とお父さん。

みんな揃ってBBQ開始。

お父さんが旦那に朝鮮人参とニッケ入り自家製焼酎をくれた。
私も少し飲んでみた。かぁ~効っく~!!こりゃ健康によさそう。

いよいよ烏骨鶏を口にした。
鶏肉の焼けたいい匂い。
外はパリっとしていて、身は・・・確かに硬め。
中までやはり黒っぽい。
ジューシーというよりは、噛めば噛むほど味がある。
美味しい!酒に合う!ビールがすすむ!
烏骨鶏のBBQ食べれるなんて最初で最後だろうなぁ。
そして、巨大しいたけ登場。
当たり前だが焼いてもデカイ。塩コショウだけで十分美味。
「うまいうまい」と食べていると横でチイちゃんが「私も食べてみる!」
これにはおばあちゃんのサーちゃんもビックリ!
「この子、しいたけ食べれないんですよ」
チイちゃんが自家製ポン酢をかけて、パクリ!「おいし~い」
チイちゃんは本日しいたけ克服。素晴らしい~。

旦那が突然空を見上げて「星がきれいやなぁ」
私ら夫婦は大の星好き。(家にはホームプラネタリウムもあるんだぞ)
「今夜は月が明るいから星があんまり見えないね」とトシコさん。
それでも都会に比べれば星が沢山。

何時間経っただろう。飲んで食べて、本当に楽しいひととき。
だんだん寒くなってきた。小林市は盆地で朝晩は冷える。

「中に入ろう」片付けに入ったとき、テッチャンが
「今からコスモス園に登ろうか」と提案してくれた。

生駒高原コスモス園が三連休中、
ナイトコスモスなるイベントを行っているのは私も知っていた。
10000個、300個の手作り灯篭。
キャンドルにお客さん皆で一個ずつ火を灯すという素敵なイベントだ。
お酒を飲んでいないトシコさんが運転してくれてコスモス園へ向かった。
ほんの5分しないうちに到着。かなりの人で渋滞している。
入り口はスルーして、とっておきの場所にトシコさんが車をとめてくれた。
さすが地元人。
コスモス園のすぐ横だけど誰もいない。
柵のすぐ向こうには灯篭がずらり。
ゆらゆら灯りが揺れている。幻想的でうっとりした。
f0189867_1247827.jpg
f0189867_12472414.jpg


f0189867_12474489.jpg



旦那は芝生に寝転がり夜空を見上げてた。
しばらくみんなで灯りと夜空をながめて家に戻った。

順番にお風呂にはいってテレビのあるお茶の間へ。
お父さん、お母さん、テッチャン、サーちゃん、私ら夫婦で
ちびちび飲みながら団欒。お父さんの語りが面白い。
テッチャンもお父さんもとっても物知り。

おつまみで地元産の「落花生」をいただいた。
とっても小ぶりだけど豆の味が濃いのなんのって!
すごく美味しかった。
もちろん二日酔い防止の柿もむいて食べた。

12時前に就寝。
チイちゃんは既にスヤスヤ。いっぱいはしゃいで疲れたのね。
そのチイちゃんとサーちゃんは和室に、
私ら夫婦は落合君の部屋をあけてもらった。
「こっちは朝方冷えますから」と毛布に圧い掛け布団をご用意いただいた。

「おやすみなさーい」、、、消灯。

隣をみると旦那が早くもスヤスヤご就寝。
毎度のことながらこの寝つきの良さは羨ましい。
明日は二日目、早朝から百笑村に商品を並べに行く予定。
それから夕方まで農作業だ。
がんばるぞー!

リポートは二日目に続きます。。。

by snapdragon0791 | 2008-10-15 12:32 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 11日
農家民泊体験ツアーin小林
本日快晴!
今日から二泊三日で小林市観光課主催のグリーンツーリズム『農家民泊体験ツアー』に参加してまいります。楽しみ~
レポートはのちほど。
いってきま~す☆

by snapdragon0791 | 2008-10-11 09:18 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 10日
いい朝
今日は朝から小雨パラパラ…
久しぶりにご近所『宮崎神宮』へ行ってみた。
f0189867_1625638.jpg

ここに来ると樹木のパワーを感じる。
宮崎では「巨樹百選」に選ばれた大樹をよくみかけるが、
ここ宮崎神宮の鳥居横にもラクウショウという大樹がある。
見上げるとクラクラする。
参道から境内までも樹々が森のように育ってる。
砂利道をザッザッと歩いた。
早朝にもかかわらず団体観光客やウォーキングの人々とすれちがう。
少し霧がかった空気がとても気持ちいい。
お賽銭をいれて手を合わせた。
気分スッキリ。

今度は近くの県立図書館へ。
文化公園の敷地内にある。
ここもすっごく広くて一面の芝生に沢山の大樹。
たまにボ~ッとしたいとき来る。
そして癒される。
f0189867_1625672.jpg

すでに図書館の駐車場は満杯。
宮崎の人はこんな朝早くから図書館来るんだな…。
f0189867_1625725.jpg

f0189867_1625748.jpg


数冊の本を読み二時間ほどつぶして、うちに帰った。
いい朝の過ごし方だった。満足、満足。

by snapdragon0791 | 2008-10-10 16:25 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 04日
いってきま~す
宮崎にいってきま~す019.gif

あちらは(旦那の家は)まだネット環境が整っていないため
つながり次第ブログ再開します。

f0189867_604134.jpg



南郷のビーチ。
宮崎にはビーチが沢山。海水浴シーズンでも混みません。


f0189867_611397.jpg

日南の堀切峠あたり。
フェニックスが南国らしい。。。

by snapdragon0791 | 2008-10-04 06:03 | 宮崎スポット | Trackback | Comments(2)