「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:海外旅行( 16 )

2015年 06月 18日
スペイン旅行⑭グラナダ(フラメンコ編)
「せっかくアンダルシア地方いくんだからフラメンコ見ようぜ!」
とティカシが言うもんで日本にいる間に予約しておきました。

現地グラナダについてまず予約手配で御世話になった
「日本語情報センター」の石谷さんのもとへ。

日本でプリントアウトしてきた案内片手に
「このあたりのはずなんだけど~・・・」
f0189867_11391374.jpg

「あった!」
f0189867_11251926.jpg


メールでやりとりしてどんな人だろうと想像してましたが
なかなかの男前さんで、とっても気さくな方でした。
そして、なんと!もうひとつの職業はフラメンコの踊り手なんだって。
かっちょいい~☆

支払いを済ませ、ガイダンスを終え、
石谷さんからフラメンコ以外の地元情報も沢山頂きました。
個人旅行だけに心強く有難かった。
少しお金を払ってでもお願いしてよかったと思いましたよ。

そして夕方、予定通りタクシーチャーターで
いざ世界遺産アルバイシンの丘までグーンと登ります。

ついた!本場ジプシーフラメンコを観れる店、
(石谷さんいわく実力は市内一だそう)
Tablao Flamenco Albayzin(タブラオ・フラメンコ・アルバイシン)』
f0189867_114191.jpg

※タブラオとは板張りの踊り舞台の設置されたバルや飲食店の事らしい


お店が開くのを待つ人たちがパラパラ?
f0189867_11523159.jpg

この上の写真のサングラスの人、よーく見といてね。


開店まで丘からの景色を眺めていました。
屋根の色が統一されてて絵になりますね~
f0189867_11541714.jpg

アルバイシンの丘からの夜景がこれまた素晴らしいらしい。
ショーを観た後みれたらいいな。
f0189867_11535434.jpg


何やら塔もあります。
f0189867_11553333.jpg

f0189867_11554218.jpg


バス停に目がある!?
f0189867_12111397.jpg

f0189867_12112633.jpg


そうこうしてたら日が暮れてきました。
f0189867_12105617.jpg



お店もやっとオープン!
艶めかしい入口じゃああーりませんかっ。
f0189867_1212485.jpg



まだ誰もいない舞台。最前列に座りました。
f0189867_12145798.jpg



さ、役者は揃った!
f0189867_12152172.jpg



私らの目の前に座った踊り子さん、めっちゃめちゃキレイ!
f0189867_12155069.jpg



正直なめてました!
悲哀の表情!踊りの強弱!手拍子!すごい迫力!鳥肌もんです!
f0189867_12161710.jpg

f0189867_1218868.jpg

f0189867_1250673.jpg

f0189867_1250217.jpg


男性の踊り手さん。(正直やっぱり女性の方が見ごたえある)
f0189867_12182485.jpg



歌い手のアントニオ、タイプです(笑)むふ♪
f0189867_12295617.jpg


ん?その横にいる人、どこかで見たような・・・
そうです!あのサングラスの人~(笑)
フラメンコギターの弾き手さんだったんだ。
f0189867_12253018.jpg



終盤。愉しそうな踊りに変わりましたよ。
f0189867_12512190.jpg

f0189867_12184052.jpg

f0189867_12513390.jpg


物語があったんですね、最後はフラワーシャワーで祝福のシーン。
f0189867_12274556.jpg


動画もたっくさん撮りました。
いま見ても感動します。

それから夜景ツアー?
と思ったら時間がなくなり、渋々帰りのチャーターバスへ。
またグーンと下ってアルバイシンにさようなら。
f0189867_1232959.jpg


私の住んでる福岡のスペイン料理店でも
フラメンコショー観たことあるんですが
正直〝別もん”です。
本場のフラメンコを観てそう思いました。
あの震えるような、激しい悲しみ?怒り?
そんな感情が踊りに込められてる感じが伝わってきました。
愉しそうな踊りもよかった!

夫婦して本場フラメンコに骨抜きにされちゃった夜でした。

by snapdragon0791 | 2015-06-18 12:39 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 18日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅲ)
グラナダいったら絶対ハシゴ!です。

プラプラ歩いてテキトーに飛び込んでみようってことに。

で、見つけたのがココ。
LA CUEVA(ラ・クエバ)』
f0189867_10241125.jpg

生ハムのカーテン!ココは天国か(驚)!?
f0189867_10354360.jpg

f0189867_10443030.jpg

そう、このお店は生ハムで有名なお店らしい。
地元人にも人気のようで、お客さんいっぱい!
f0189867_1032783.jpg

悩んでおります(笑)
f0189867_10375394.jpg

で、リオハの赤ワイン。
f0189867_1041124.jpg

もっちろん、ここでも〝おまけタパ”がデーンときました。
(写真撮り忘れ)
お皿ではなく大きなパラフィン紙のランチョンマットみたいのを敷かれ
そこにビックリするくらい大きなパンと厚切りハム。
もはや無料の量じゃありません(笑)しかも美味しい!
これじゃあ他のメニューまでいきつかない・・・

お腹をさすりながら表へでると、
店前のベンチに座る地元のオッチャンから声をかけられた。
で、しばし世間話。
f0189867_1046641.jpg

f0189867_10461813.jpg

言葉通じたんでしょうかね~
酔いもまわってて、会話の内容も覚えてない私です(笑)

それから、またプラプラ。

むむ?
こんな夜中に何やらすごい行列。
f0189867_10504482.jpg

あ!ここガイド本でみたアイスクリーム屋さんだ!
Los Italianos(ロス・イラリアノス)』
あとで知ったんですが、このお店、冬場はクローズするらしく、
地元では毎年このお店が開くと春の訪れを感じるらしい。

で、甘党のティカシさん、もちろん並んでます。
f0189867_1052513.jpg


ゲットして嬉しそう。
f0189867_1103895.jpg

実食後はご満悦。
f0189867_116121.jpg

私も味見~
f0189867_1111796.jpg


グラナダのアイス、安くておいしかったです。

すっかり夜も更けて・・・
f0189867_1171096.jpg

でもグラナダの夜はまだまだ賑やかです。
しっかし、街灯もオシャレ~♪
f0189867_1173220.jpg


もっとバルを回りたかったけど
もうお腹がパンパンでギブアップ。

タクシーを拾って
幻想的なオレンジ灯の小道をビュンビュン飛ばす飛ばす!
宿パラドールまで戻ったのでした。
f0189867_1194146.jpg


こうしてグラナダのバル巡りは幕を閉じました。

by snapdragon0791 | 2015-06-18 11:13 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 17日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅱ)
一軒目のバルで出鼻をくじかれた感じでしたが
なんのなんの、私らはめげませんっ。

旅の初っ端、マドリの冷~たい店員さんで
だいぶ免疫つきましたから(笑)

それから、翌日夜もバル巡りへ。

宿パラドールから街中までは
循環してくれるアルハンブラバスを利用。
かわいいでしょ♪
f0189867_161478.jpg

ぎゅうぎゅう満員。
f0189867_17571340.jpg

なんとベンツだよ、このバス。
f0189867_16152349.jpg


さっ、街に着いたら
おまけタパ”を目指して進め~!!!!!

こんな風に路地裏に
飲食店や雑貨屋さんなどがワシャワシャひしめきあってます。
f0189867_16132327.jpg


すっかり慣れてきた突然のミストシャワー!
f0189867_16192930.jpg


ついた!
お目当ての『BAL CASA JULIO(バルカーサ・フリオ)』
f0189867_17325520.jpg

ここでもやはり常連さんらしき人たちがカウンター飲み。
いい~感じのお店ですね☆
f0189867_1738062.jpg


「ola!」
大忙しの店のオッチャンに声かけたら
ニッコリしてくれて待っててみたいな合図されたので
外の席を確保し待つ。

で、無事オーダー。

ティカシはアルハンブラビール。
私はワイン。
f0189867_17395871.jpg

これがとにかく美味しい地ビールなのだっ。
ティカシ満足そう。
f0189867_17403992.jpg

私もルンルン。
f0189867_17434212.jpg

そして、きたきたぁ~!
ホントに出てきたよおまけタパ
小さいイカのフリットと野菜のマリネっぽいの、大盛!
f0189867_17452972.jpg

二杯目頼んだらまたきたぁ~!
今度は何か得体のしれない食感のフリット。たぶん魚系、また大盛!
f0189867_17465977.jpg

ちゃんと最初のとかぶらないように違うタパを出してくれます。
こりゃあすごいサービスだぁ!
グラナダばんざーい☆

オッチャンすごくフレンドリーでかわいかった。
f0189867_17484937.jpg


ティカシも「バルはやっぱりこれだよね~これこれ!」とすっかりご機嫌。
f0189867_17492621.jpg


わんちゃん連れのお客様も。
あ~私も半平太とこんなバルで飲みたいっ(*^。^*)
f0189867_1750944.jpg


早めに来てよかった!外のテーブルもいつも間にか満席。
そのへんの建物の凹みに腰かけて飲んでるお客さんもいました(笑)
f0189867_17505720.jpg

空も暗くなってきました。
f0189867_17512730.jpg


あ~グラナダ最高~!
次のお店へ・・・

by snapdragon0791 | 2015-06-17 17:55 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 06月 17日
スペイン旅行⑬グラナダ(バル編Ⅰ)
スペイン旅行したのが昨年の7月だったから
もうすぐ1年。
あれれ~すっかりブログの続きをサボってました~(~o~)

グラナダのアルハンブラ宮殿ネタもちょっと飽きたんで
ここらで食事について。

グラナダに行ったら絶対バルをハシゴするんだ~!!!!!

と張り切っていたわけ。。。

だって!
グラナダでは1杯飲みものをオーダーする毎に
タパが無料でついてくるんだものぉぉぉぉ~

すばらしい文化じゃありませんかっ♪♪♪

ところが
このオマケタパがついてこない店もありました。
それは観光客にも地元人にも有名な店
Restaurante Bar Leon(レオン)』。
f0189867_162273.jpg

ネットでのクチコミ評価もかなり高かったし、
地元在住の日本人の方からもオススメされたので
かなり期待してたんですが、、、

「チッ、また日本人観光客かよ」
という態度で店員のおっちゃん、かなり無愛想。
カウンターの常連客にはめっちゃ愛想よろしいご様子だったんで。

奥のテーブル席にすすむと
確かに私ら以外に日本人客けっこういました(笑)

中はカワイイ感じ。
f0189867_1624718.jpg


f0189867_1632949.jpg


海老のオイル煮とガスパチョをオーダー。
f0189867_1635781.jpg

ワインもね。
f0189867_164744.jpg


うん、海老はごく普通。
カスパチョは美味しかった~

え?
おたくらにしては注文数が少ないねって?

そう!私ら急いでたんです!
(ならワインをボトルで頼むなって!?)

フラメンコショーを観に行く時間が迫っていたので!

フラメンコについては後程ね~

by snapdragon0791 | 2015-06-17 16:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 18日
スペイン旅行⑫グラナダ(パラドールのパティオ)
アルハンブラ宮殿内にあるホテル(パラドール)。
ここを宿泊先にして本当によかった!

アルハンブラ観光はめっちゃめちゃ歩きます。
ヒールで来る人にはバカちん!って言いたくなる位に(笑)

だからね、
疲れたら「ちょいと休憩」ってホテルに戻れるのはすごく有難い。

パラドール内の中庭(パティオ)は宿泊客しか入れません。
※レストランは宿泊客以外も入れます。

吹き抜けだから明るくて、すごーく気持ちがいいの♪
f0189867_12241472.jpg

あれ、右のすみーーーーっこに見覚えのある短パン柄が(笑)

そう、ティカシが休憩中でした~
f0189867_1225480.jpg


噴水のチロチロ流れる音に癒されます。
f0189867_12253956.jpg


で、私はウトウトひと眠り。
f0189867_1226337.jpg


パティオを囲む回廊には美術品もセンス良く配置されてます。
f0189867_12273621.jpg


ガラス戸を隔てて
f0189867_12293884.jpg

ゆったりできるソファスペースも。
f0189867_12282894.jpg


ノブにもザクロ(=グラナダ)のタイルが。かわいい♪
f0189867_1229209.jpg


ささ、体力チャージしたら次はいよいよナスル朝宮殿へ。

by snapdragon0791 | 2014-12-18 12:34 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2014年 12月 18日
スペイン旅⑪グラナダ(カルロス5世宮殿)
カルロス5世宮殿
f0189867_1133252.jpg

突然現れる正方形の大きな大きな建物。

数々のイスラム様式のモザイクデザインなんかを眺めてまわり、
ここにきて、あれれ?突然のルネッサンス様式?
ちょっと違和感です。

外壁には勇ましい兵士たちの様子や
f0189867_11422286.jpg

かっちょいいレリーフなんかで装飾されておりますが。
これはカルロっさんかな?
f0189867_11413016.jpg


中に入ると円形の広場。
ぷぷぷ、左端で柱につかまるお兄さん、おもろいわ(笑)
f0189867_115255100.jpg

形状は美しい。
f0189867_11535642.jpg

美しいよ。
f0189867_11592460.jpg

二階にあがって。
f0189867_11544524.jpg

天井も素敵。
f0189867_11542628.jpg


だけどな~
なんだろ、こう~ライブ感が無いっちゅうか、
虚無?建物に命が吹き込まれてない感じ?
うまく言えないんですけど
まるで廃墟のような空気が流れてたんですよねぇ。

ここに関しては行く前に予習もしていなかったんですが
あとでガイド本読んだら、やっぱりね~

この宮殿はカルロス1世(カール5世)の命により
鳴り物入りで建築開始されたようだけど不遇が重なり
終いにゃグラナダの破産状態で結局未完成。
そっかー、完成してないんだねココ。
しかも熱い血潮で完成させたる!って意気込みも感じない。
だからあんな空気感だったんだぁ。

それでもせっかくきたから写真写真(笑)
知らないオジサンと並んで勝負(爆)
f0189867_1182836.jpg


美術館?博物館も併設されています。
ガラス張りの外から見るとライオンさんが。
f0189867_11584622.jpg


ティカシに疲れてる場合じゃないなんて言っといて
私もだいぶ疲れた(^_^;)
だって階段ばっかりなんだもーん。
f0189867_1171338.jpg

f0189867_1173651.jpg


ちょっと休憩。

by snapdragon0791 | 2014-12-18 11:59 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
2014年 12月 18日
スペイン旅行⑩グラナダ(アルカサーバ)
スペイン旅行記!?
忘れてました!なーんてお久しぶりなんでしょう!

日本列島が極寒に震える中、
私は灼熱のスペイン旅行の回顧録をひき続き・・・

グラナダ『アルハンブラ宮殿』の途中でしたね。

乙女な気分に浸った前回の「ヘネラリーフェ離宮」とはガラリ雰囲気変わって
軍事要塞『アルカサーバ』からご紹介します。

ぶどう酒の門
f0189867_9463595.jpg

アルカサーバと市民ゾーンを仕切る通用門。
免税の葡萄酒市場が名前の由来とか?
ぶどう酒って響きいいね~♪私も毎晩飲んでます(笑)!
この門、鍵の形してるのわかります?
f0189867_9504192.jpg


門をくぐるとアルヒベの広場にでます。
デーンとそびえたつ城塞を望む。
ここで兵士たちはどんな会話をしていたんでしょう。
f0189867_9572660.jpg


チケットコントロールから入るとすぐに
オメナッヘの塔につづく通路が。
f0189867_1003663.jpg

石とレンガを積み重ねた高~い壁に囲まれてると、、、
f0189867_1045997.jpg

まるで迷路です。
f0189867_10533687.jpg

180㎝近いティカシも小さく見えるわ。
f0189867_9581126.jpg

これこれ!
このトッペン先の形がいかにも外国のお城!って感じしませんか!
f0189867_10104529.jpg


城壁の内部には広場もあります。
アルマスの広場
f0189867_1012020.jpg


最先端ベラの塔に到着。
f0189867_10182189.jpg

街にとって大変重要な役割を果たしてきたこの鐘楼は大昔落雷にあったりして
現在のはオリジナルじゃないらしくなんと電動なんだって(笑)

こりゃ天空の城や~!って叫びたくなるよな絶景ですよ。
丘の上に建つ塔ですからね~360度バッチリ!
f0189867_10215494.jpg

f0189867_1054515.jpg

アルバイシンの丘のふもとに広がる家々。
私、あのあたりに住んでみたい!(←はじまったよ、また私の“住んでみたい癖”)
f0189867_10225916.jpg


順路は復路へ。
スルターナの塔から細長く続く庭園。
相変わらず巧みに水路が引かれてます。
f0189867_10394558.jpg

またあった!ひょっとこ口の噴水。
f0189867_10404563.jpg

ずーっと高い城壁に囲まれてたからホッとするわ~。
って皆ベンチに腰かけてるよ(笑)
f0189867_1038692.jpg

この脇の甘い後ろ姿!
ティカシも要塞の中の急な階段上り下りで少々お疲れか(笑)?
f0189867_10423992.jpg


疲れてる場合ではなーい、次はカルロス5世宮殿
だよ。

by snapdragon0791 | 2014-12-18 11:00 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 21日
スペイン旅行⑨グラナダ(ヘネラリーフェ離宮)
すっかり肌寒くなった今日この頃、、、
暑い暑い7月のスペイン旅行記つづきです(^_^;)

そうそう、グラナダに着いたとこでしたね。

二日目はメインのアルハンブラ宮殿をまわる!
ココはとにかく歩く!歩く!歩く!
なので早朝から活動開始です。

朝日を浴びる宿(パラドール)の門を出て。
f0189867_14274156.jpg


まずは王族の避暑地『ヘネラリーフェ離宮』へ。

セカーノ(糸杉の散歩道)をテクテク。
f0189867_1426149.jpg

ティカシもテクテクしてます。
f0189867_14402553.jpg



広大な敷地の植物たちへは散水機が活躍。
あちらこちらで小さな虹ができていました。
f0189867_1442848.jpg



早朝にもかかわらず観光客がわんさか。
f0189867_14542583.jpg



敷地内にはあふれんばかりの緑。
樹、草、花、果実。。。
ハーブや花々の香りが時折ふんわり。

ヘネラリーフェ側から見たパラドール。
あそこからテクテク歩いてきたわけです。
f0189867_167050.jpg

※パラドールの部屋から眺めたヘネラリーフェはこちら→クリック


一番有名な「アセキアの中庭」です。
f0189867_14551497.jpg


乾いたグラナダの高地にこれだけの庭園が築けたなんてスゴイ☆
山脈の雪どけ水もあったようですが、
なによりこの時代にして用水路や揚水装置の整備といった
技術力の高さに驚くなぁ。

ココの噴水写真はバッチリおさえたかった。
が、しかーし!
f0189867_15452617.jpg

「〇▲□×~!」大声でしゃべりながら
韓国人らしきオバチャン集団が前を陣取って動いてくれない。
仕方ないから横っちょからカメラ突出しカシャリ。
f0189867_15472343.jpg

オバチャンの頭上からカメラ突出しカシャリ。
こんなとき背が高くてよかった(笑)
f0189867_1547923.jpg


ぐるぐる散策。
建物の細かい細工に目が釘付け。
f0189867_15493124.jpg


棟の上からは城壁も見えます。
f0189867_155688.jpg


糸杉の中庭
f0189867_15515112.jpg

ティカシもコンデジで撮影頑張っとります。
f0189867_15521670.jpg

で、それがコレ。
f0189867_15523872.jpg

こんなのも撮ってたよ。かわいい陶板にはなんて書いてあるんだろう。
f0189867_15532283.jpg


階段をヨイショと登れば。
f0189867_15545767.jpg

上の庭園」へ。
すばらしい眺めです!!!!!
f0189867_15554070.jpg

王家の人達、どんな気持ちでここに立ってたんだろう。

バラのアーチを抜けて。。。
f0189867_15584847.jpg

お、ティカシが外人さんと話してる。通じてるんだろうか(笑)

糸杉の並木道を通って次なる目的地へ。。。
f0189867_1559302.jpg


by snapdragon0791 | 2014-10-21 16:10 | 海外旅行 | Trackback(2) | Comments(2)
2014年 09月 01日
スペイン旅行⑧グラナダ(パラドール)
マドリードから南へ列車で4時間半。
アンダルシア地方『グラナダ』へ到着。

ここグラナダでは念願叶ってパラドールへ宿泊。

パラドールとは、古城や修道院などの歴史的建造物を改修 した
スペイン国営の宿泊施設のことで国内94か所もあるんだって。

なかでもスペイン屈指の世界遺産アルハンブラ宮殿敷地内にある
パラドール・デ・グラナダ』は世界中から大変な人気らしく
最も予約がとれづらいと聞きます。

歴史はさかのぼり18世紀。
イスラム王国最後の砦グラナダを奪還しレコンキスタを完成させた
イサベル女王とフェルナンド王のカトリック両王。
イザベル女王は「グラナダ征服が叶ったら一番に修道院を建てる!」と
言っていたそうで、、、

そうなんです!
このパラドールの前身はそのサンフランシスコ修道院なのです。
当時、両王もここに住んでいたそうですよ。

グラナダ駅からはタクシーでパラドールまで。

街中をビューンと抜け、くねくね細~い迷路のような路地を飛ばし、
(結構スペインの運転手さん運転荒い人多いですwww)
ふと気が付けば緑豊かな高台へ。
f0189867_12453100.jpg

さらにビュビューンと坂道をのぼると煉瓦の門現る!
f0189867_1273261.jpg

これがアルハンブラ宮殿の入り口です。
※ここから先、車両は宿泊客の車かタクシーしか入れません。
f0189867_1272821.jpg


沢山の歴史的建造物を眺めながら
さらにゆるい坂道が続きます。
f0189867_1285355.jpg


敷地内は赤土や煉瓦でつくられた建物ばかり。
アルハンブラ宮殿が「赤い城」と呼ばれる所以ですね。
f0189867_12154236.jpg


ポストも愉快。
f0189867_12134182.jpg

蛇口も愉快。
f0189867_12134753.jpg

アルハンブラ名物「寄木細工」のお店もあります。
f0189867_13581911.jpg

f0189867_12551557.jpg


やっとパラドールの門がみえてきました。
f0189867_12194860.jpg


到着~!
こちらはレストランへ直接つながる入り口。
f0189867_12212315.jpg

フロントへはこちらのエントランスからね。
f0189867_12215534.jpg

f0189867_12234128.jpg

四ツ星ホテルなんですね。
f0189867_12252130.jpg

ムセオ・・・美術館?このホテルは美術館てこと?よーわからん。
f0189867_12245967.jpg


「きゃあ~素敵~!!!!!」
大きな声であたしゃ叫びましたさ!
だって、このアプローチみてくださいっ。
f0189867_12322093.jpg

f0189867_12322085.jpg

外観の地味具合が実にかっこいい☆
f0189867_1238696.jpg


この左の茶色い扉がフロント入口。
f0189867_1240619.jpg


とっても感じがよいアンジェラアキ似の美人フロントスタッフにみとれながら
無事チェックインを済ませました(笑)
いざお部屋へ。

もともと修道士さんたちが使っていた部屋ですからね、
広さはこじんまり、です。
さぞかし設備も古いのか?と思いきや。
f0189867_1343188.jpg

ところがどっこい、中身はとっても近代的で機能性抜群。
壁面の薄型テレビにベッドサイドのモダンライト。
バスルームは洒落たガラス張りで、シャワーの出も上々♪
シンクだけは修道院風?レトロな形状の蛇口でかわいい(笑)
f0189867_13244087.jpg

本当に古い歴史まんまの内装がお好みな方はイマイチと思われるかもしれませんが
私は古すぎる=不潔なイメージあるのでこの清潔感あふれる内装にはすごく好感もてました。

窓からは見学予定の「ヘネラリーフェ離宮」が見えます。
f0189867_13274071.jpg

f0189867_1328098.jpg


そして!!!
部屋に入って一番感激したのはコレ!(結局花より団子か)
f0189867_1317533.jpg

ウェルカムドリンクのCAVAがワンボトル☆
焼き菓子やチョコレート、フルーツがのったプレートも添えてありました。

なんという心憎いお・も・て・な・し♪

ここはまさにパラダイスやぁ~

by snapdragon0791 | 2014-09-01 13:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 21日
スペイン旅行⑦オリーブ畑
マドリードのアトーチャ駅からグラナダのグラナダ駅までは
Renfeの特急列車ALTARIAに乗車。

前日トレド行きで利用していたもんで
もうアトーチャ駅なんざぁ御手の物♪
と余裕のヨッチャンしてたら。

「このチケットはprimer(1階)へ行って!」(1階=日本でいう2階)
とまたまた駅員さんに言われ、、、
最後までアトーチャ駅には翻弄された(笑)

アルタリアの列車内はごく普通。
日本の列車とそう変わりありませんでした。
f0189867_10381894.jpg

ま、違うのは出てる頭が金髪だらけってとこでしょうか(笑)
f0189867_103525.jpg


車窓は。。。

オリーブ!
f0189867_10375494.jpg


オリーブ!
f0189867_1038157.jpg


ときおりポパイ!?
じゃなくて風力発電!
f0189867_10383833.jpg


またオリーブ!
f0189867_1038895.jpg


そうなんです。
スペインは世界一のオリーブオイル生産国

アヒージョなどオリーブオイルを惜しみなく使ったお料理が多いのも納得です(^^)

日本で買えば数十万しそうな立派なオリーブの大樹が
アンダルシアの荒涼とした土地のはるかかなたまで
延々と並んでいます。

最初は「うわぁ~!すごい!」とはしゃいで
「ねーねー、こんだけのオリーブ畑にどうやって水やるんだろ?」
なーんてカワイイ?質問したり、
「あの赤い屋根の住民はどんな人だろう。」
なーんて想像の翼を広げたり(←ん?どっかで聞いたよな)、
してたんですけど。

うとうとして目が覚めて、ふと外見てもこの景色。

ガイド本熟読して、ふと顔をあげてもまたこの景色。

「なんかこの景色飽きてきた。」
「うん、俺も。」

夫婦して最後には飽きちゃいました(爆)

by snapdragon0791 | 2014-08-21 10:57 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(0)