「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:熊本( 3 )

2012年 10月 25日
ダイナミック阿蘇火口
馬牛優先」のミルクロードを飛ばして。
f0189867_1143924.jpg


世界最大級のカルデラ阿蘇。
そのおヘソ「火口」に到着。

セーフ!この日は青いランプが点灯。
f0189867_10505490.jpg

火口見学OKです。

阿蘇は活火山。火口付近には有毒ガスがたちこめてます。
つい先日、東京の友人k-子が訪れたときには規制がかかってて
見学ができなかったそう。

隣りを歩いてたガイドタクシーの運転手さんが
「今日は風向きもいいし、煙も少な目で本当にきれいに火口が見えますよ」
って言ってた。
ラッキーだ♪(k-子ごめんね~)

おぉ~ダイナミック火口☆
f0189867_10554216.jpg

エメラルドグリーンの湯だまり。
火口に雨水や湧水等で水が たまり、地下マグマの熱で湯気を出してる。
いろんな鉱物が溶け込んでこの色なんだそう。
(これまたタクシーのおじちゃんに教えてもらった)

火口まで来たのは修学旅行以来かもしれない!?
この歳になっての見学も結構興奮します。
f0189867_1110435.jpg


もう夕陽の時刻だったからね。
荒涼とした景色もなんだかすごく幻想的で美しかったです。
f0189867_10581640.jpg


銀河鉄道999で立ち寄ったどこぞやの星みたいな。
f0189867_1132474.jpg


長く続く遊歩道の先にメーテルとテツローが立ってないかしら?
f0189867_11102879.jpg


日が沈む。
ティカシがちょっとかっちょいい写真撮ってました。
f0189867_11113123.jpg


こうしてあっちゅうまに
阿蘇日帰り旅は終わりましたとさ(^.^)
ちゃんちゃん。

by snapdragon0791 | 2012-10-25 11:16 | 熊本 | Trackback | Comments(4)
2012年 10月 25日
阿蘇神社とおじいちゃん
親がいて、
その親にも親がいて、
そのまた親にも親がいて、、、

ご先祖様がいたからこそ今の私がいる。

無信心に近い私でもそれくらいは考えます。

最近妙に自分のルーツに興味がわいて。。。

この週末
母方のおじいちゃんの本家跡があるという
阿蘇市一の宮町宮地を訪れようと思ったんです。

「阿蘇神社のすぐ側だよ」
と伯父から聞いていたのでそれを頼りに。。。

阿蘇神社
大変立派な楼門です!
f0189867_8461642.jpg

それもそのはず
日本三大楼門のひとつだそう。

楼門に対し拝殿はこじんまり。
f0189867_8474919.jpg


境内の空気がとっても気持ちいい♪
f0189867_8485094.jpg


願かけ石にさわったり
縁結びの松の周りをグルグル回るなど、
パワースポット目当てらしき若人衆も愉しんで(?)ましたよ。

そして阿蘇神社には
全国でも珍しい横参道があります。
(一般的には拝殿に対し正面まっすぐに参道がのびてるもんですが
阿蘇神社は横へ垂直にのびてるの)

その参道に沿って点々と湧水の汲み場があります。
ん?あの赤い男は(笑)!
f0189867_8512723.jpg

f0189867_8515498.jpg


この豊かな湧水群。
「水基めぐり」と称する散策コースとして町おこしに一役買っているようです。
f0189867_951254.jpg

f0189867_902523.jpg

そのおかげか、老若男女とわず多くの観光客が訪れて
横参道は湯布院にも似た雰囲気の観光通りに。
f0189867_94139.jpg


さぁ~おじいちゃんち探し開始!
まずは阿蘇神社駐車場のボランティアガイドのおじさんに聞く。

KANA
「つかぬことを伺いますが、このあたりに昔○○というお宅がありませんでしたか?」
おじさん
「んーワシは知らんねぇ。あの食堂のおばあさんに聞いてごらん」

(駐車場となりの食堂へ)

KANA
「すみませーん。ボランティアガイドのおじさんからここで聞いてごらんと教えていただきまして
・・・・・・・・・・(かくかくしかじか)。」

食堂のおばあさん&地元客のみなさん
「んーもしかしたらあの○○さんとこの横じゃなかろうか。」
「いやいや、その名前はあの洋服屋さんじゃなかかね?」
「そこを入ったらすぐに古い商店街があるからそのあたりの古老さんに聞いてごらん。」

(商店街へテクテク)

みやがわ時計店」さんに飛び込んだ。
古老さんではないけれど、優しそうな店主がいらっしゃった。
f0189867_921495.jpg


KANA
「すみませーん。・・・・・・・(かくかくしかじか)」
時計屋さん
「んーちょっと待てよ~。その名前。なんか聞いたことあるなぁ~。」
「あ、もしかしたら今は駐車場になってるあそこじゃないかな。」
「それはね、丁度このあたりの家だよ。」
昭和23年頃の阿蘇神社周辺の写真も見せてくださいました。
f0189867_923528.jpg

「そこの参道沿い。酒屋さんの真正面だと思うから、酒屋さんに聞いてごらん。」
KANA「記念にご主人の写真撮らせて下さいよ。」
時計屋さん「いや、それはよかよか。」
照れて撮らせてくれませんでした(笑)
f0189867_9313960.jpg

珈琲まで御馳走になり、ありがとうございましたm(__)m♪

(横参道をテクテク)
f0189867_9414486.jpg


井手酒屋」さんについた。
f0189867_9374838.jpg

KANA「・・・(かくかくしかじか)」
酒屋さん「あーあの向かいの駐車場ですよ。」
KANA「やっぱりそうですか、、、」
酒屋さん
「洋品店をされてました。今は娘さんも熊本市内に嫁がれて駐車場にされたんですよ。
うちも今、二台分お借りしてます。」

おじいちゃんの本家は
阿蘇神社よこ参道沿いにあり、現在は駐車場になってました~。
f0189867_9371079.jpg


おじいちゃんはここで育ったんだなぁ~

母が幼いころに亡くなったおじいちゃん。
ここにおじいちゃんは確かにいたんだね。
会ったこともないけれどジーンときちゃいました。

そして、今回、尋ねた地元の方々皆さん本当に親切で
一生懸命思い出そうとしてくれて、リレー案内してくれて(笑)
いい町だなぁ~と感動しました。


ルーツを探る旅、なかなかいい想い出になりました。

by snapdragon0791 | 2012-10-25 09:52 | 熊本 | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 05日
平山温泉
定休日、久々のソロドライブを楽しみました。

私のお決まりリフレッシュコースはコレ!
『ドライブ→温泉→うまいもの』

今回は大牟田への帰省も兼ねていたため、
山鹿の「平山温泉」へ寄り道。

南関インターを降りて20分。
とんでもない田舎道がこれまた最高でして♪

お気に入りの音楽鳴らして、窓全開!
森の木陰をグングンすすむ。
ドライブ大好き!スレスレ離合大好き(笑)!
f0189867_13355347.jpg

お目当ての「平山温泉」は
こんな景色に囲まれた山間の小さな温泉郷です。
f0189867_1338210.jpg


今回利用したのは“湯の蔵”。
日帰り入浴350円。(休憩室も利用する場合は750円)
足し水なしの100%源泉かけ流し!泉質も最高なんです!
トロトロぬめりがあって、硫黄の香りもプーン。
別名『美人湯』!やっぱこれでしょう!
私はココのお湯が大好きです。

ここ“湯の蔵”、お宿がまたいい☆
リーズナブルなのに全室露天風呂付という贅沢なつくり。
当然のことながら最近かなり人気でして、、、
来週の連休の宿泊予約を試みましたがやはり満室とのこと。残念!

ひとっぷろ浴びたら、休憩室で少しだけ読書して、
いざ実家へ。

あたりはすっかり夕陽色。
f0189867_13515589.jpg

f0189867_1352929.jpg


秋のソロドライブ、
稲穂の黄金色と曼珠沙華の赤のコントラストが一番印象的でした。
f0189867_13404234.jpg


すっごくリフレッシュできたひととき。。。
さて、このあと実家に帰った目的は???

to be continued・・・

by snapdragon0791 | 2010-10-05 14:05 | 熊本 | Trackback | Comments(8)