カテゴリ:鹿児島グルメ( 34 )

2010年 02月 11日
にごり梅酒『梅太夫』
鹿児島、
今日はなまぬる~い突風と
打ちつける大雨で荒れ荒れのお天気でした。

春一番だそうです。


私にしては珍しく、
こちらでリキュールを買いました。

鹿児島県薩摩川内市「山元酒造」の
『にごり梅酒・梅太夫』。
f0189867_2291553.jpg


普段甘いお酒はあまり買わないのですが、
「にごり」というフレーズにひかれまして…

本格芋焼酎造りの梅酒に
すりつぶされた南高梅の果肉がゆっさゆっさ!

f0189867_2291538.jpg


ん~♪確かに!
にごっとります!

これは“まんま”か“ロック”がよいですねぇ。

リキュール系って、
くいくいジュースみたいに飲めちゃうから危険ですよねぇ~

だって、アルコール分12%なんですから~

ん?待てよ?
甘いってことは…
度数高いってことは…
ハイハイハイハイ、カロリー高ですぅぅぅ~(@_@)

ダイエットや~い、
どこいった~

でも、このにごり梅酒美味しいです。ハイ。

by snapdragon0791 | 2010-02-11 22:09 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(8)
2009年 12月 30日
噂の鹿児島塩ちゃんこ『千代茶屋』
先日、なかなか予約がとれないという、芸能人もお忍びで通うという、
鹿児島の塩ちゃんこ『千代茶屋』で忘年会に参加しました。
(いろんなとこで忘年会に参加しております、、、ハイ)

「いらっしゃーい」
「よう予約とれましたねぇ~」
「鹿児島はいいとこだよ~」
元力士のオーナーらしきオジサマがハイテンションで語りかけてくれます(笑)

コースになっており、まずは前菜。
って!これどーですかっ。豪勢すぎますっ☆☆☆
ウニにアワビ、ウチワエビ、、、他にもいろいろ。感動でした。
f0189867_0123760.jpg

そして、これが噂の「塩ちゃんこ鍋」!
とにかく、すんごい具だくさん!!!!!
イカの団子は裏ごししてあるそうで、食感はまるでハンペンです。ふわふわ。
黒豚は酒粕につけたものだそうで、まろやか。
高級魚のアラなども入ってました。
f0189867_0111141.jpg

煮込んでいるうちに、
いろんな具材からでるおダシが加わり最後に残るスープは絶品。
そこに喉越しツルツルの稲庭うどんを投入。私はこれが一番気に入った!

多くの芸能人が訪れるちゃんこ屋『千代茶屋』、予約がとれたらぜひ♪



********************
『千代茶屋』
住所:鹿児島県鹿児島市名山町4-11
電話:099-224-0787
営業:17:30~21:30
休み:不定休
********************

by snapdragon0791 | 2009-12-30 00:30 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(2)
2009年 02月 14日
夜のかごんま<食べ歩き編>
鹿児島の夜の街は驚くほどに賑わっていました。
f0189867_358918.jpg

案内してくれたのはK夫妻。
私達の後輩ミカちゃんとその旦那サマK君です。

二人が予約してくれていたのは天文館近くの『黒福多』。
f0189867_3575693.jpg

私が大の豚肉好きだから。
嬉しすぎます!ありがとう~!

じゃ~ん☆黒豚づくしです053.gif

黒豚軟骨の煮込み。
f0189867_359348.jpg

黒豚ローストンカツ。
f0189867_4082.jpg

黒豚コロッケ。
f0189867_405376.jpg

箸を入れると、紫のお芋と豚肉!え~コロッケでまさか甘いの!?
と思いきや、甘さはほんのり程度で豚肉とよく合う。
K君が「このパン粉うまいなぁ。これもツマミになりますよ~」。
確かに!このお皿に残った粗めパン粉、フワフワさくさくでかなり美味。
f0189867_413417.jpg

黒豚しゃぶしゃぶ。
先にお野菜を鍋に入れちゃったんで、お皿に残ったお肉をカシャ!
きれいなしゃぶ肉です。
つけだれは三種類。なかでもお店自慢のタレは麺つゆに似た濃いダシの味。
f0189867_434731.jpg

これは黒豚のほお葉焼き。ほお葉の香りがお肉についてスパイシー。
f0189867_441932.jpg

そりゃあもう、かなりのメニュー食べました。
とにかくどれをとっても美味しい美味しい011.gif
お酒もすすむすすむ!

好物の黒豚でお腹も満たされ大満足♪
よぉし、二次会へ。
ここでK君とはお別れ。明朝仕事で早起きの予定だったので、、、

「Nさん、KANAさん、おしゃれなBARと、昔ながらの焼酎屋、
どちらがいいですか?」
と聞かれ、昔ながらの焼酎屋さんを希望。
おしゃれなBARなら福岡でもいけるからね。これぞ鹿児島!ってとこがよかったの。

で、『焼酎天国』へ。
f0189867_4122498.jpg

店内にはズラーッと焼酎の一升瓶が並びます。
これぞ鹿児島!って感じです。
f0189867_4155823.jpg

ついたてにもチラシが沢山貼られてます。なんかこういうのも好き♪
f0189867_4131272.jpg

「だれやめ」とは、、、「疲れを癒す」という意味の方言らしいです。
つまり、疲れを癒す晩酌処ってことかなぁ。
f0189867_420694.jpg

いろんな焼酎飲みましたよぉ~。福岡では見かけない珍しい焼酎もありました。
逆に福岡にはあるのに、本場鹿児島にはない焼酎も。不思議な感じです。
f0189867_4165769.jpg

ずっとずっと食べてみたかった「カツオの腹皮」も食べました!
これ、お酒の“アテ”に最高です!!気に入りましたよ♪
f0189867_417211.jpg

おぉ~名物おかみさんが登場!
TVにもよく出演されているそうです。
「こないだタケシが来たよ」って嬉しそうにおっしゃってました。
f0189867_41934.jpg


鹿児島っぽい焼酎処で飲んだら、
今度はティカシのお気に入りの『のり一』ラーメンへ。
地元でも飲んだ後の一杯としてかなり人気のようです。
f0189867_4263298.jpg

塩豚骨ラーメン。麺は鹿児島らしく、ちゃんぽん並みに太い。
f0189867_4233233.jpg

満席。待ちもでていました。
f0189867_432974.jpg

私の感想は、、、う~ん、塩の味がつよくて豚骨の味が負けてるような、、、。
ラーメンも好みありますよねぇ。
ティカシはここのラーメンが大好きなのです。

そして、夫ティカシはホテルへ。
ミカちゃんと私は次なるBARへ。
f0189867_438952.jpg

女二人、鹿児島の夜は続いたのであります。。。

どのお店も大満足☆でした。
K夫妻に感謝です!

by snapdragon0791 | 2009-02-14 06:00 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(4)
2009年 02月 12日
『兵六』との再会<焼酎編>
芋焼酎『兵六(ひょうろく)』。
私が芋焼酎を好きになったきっかけとなったお酒。

その昔、中洲のBAR(確か「スクォーラ」。今もこのお店あるのかなぁ。)で
いただいたのが最初の出会い。。。

ロックで飲んだその瞬間、衝撃をうけたのを覚えています。

フワリと鼻から抜ける香ばし~いかおり。
さつまいも芋を「飲んでる」感覚。
芋焼酎においてはありきたりの表現ですがトロっとしていて、
驚いたのが、氷で割っても飲み干すまで続くその「コク」!
私に言わせればキレはないです。それがたまらなく旨いんです。
私にとって、芋焼酎にキレは必要ないのです。

感動のあまり、そのお店で仕入れ酒屋を聞き出し、
翌日夫ティカシと車で買いに行ったのを覚えています(笑)

何度かリピートしたものの、その後、ワインに走ったりなんたりしていて、
わたくし原点を忘れておりました。

そして今回。
鹿児島に行く!?焼酎の郷だよね、、、
無性に『兵六』のふるさとを訪ねてみたくなりました。
直接蔵元『相良酒造』さんで買いたい、、、

ついに見つけました!鹿児島駅のすぐ近く。
見逃してしまいそうな小さな店舗。
f0189867_17384062.jpg

裏に蔵があるようですが、見えません。
f0189867_1739610.jpg

「こんにちは~」

40代くらいかなぁ~優しい女性がでてこられました。

かくかくしかじか、、、
私が『兵六』のおかげで芋焼酎を好きになったって、
どこまでもひとりよがりな話を興奮気味に伝えると、

「まぁまぁそれはわざわざ有難うございます」
と嬉しそうに応えてくれました。

途中で、若い杜氏さんらしき男性があらわれました。
それからずらりと並ぶ焼酎の説明を軽くしてくださいました。
f0189867_17555682.jpg

私達が以前飲んでいたあの古めかしいイイ感じの『兵六』ラベルは今はなく、
『相良兵六』というモダンなラベルに様変わりしていました。
f0189867_17564368.jpg

そして、兵六だけでもこんなに沢山の種類が。
黄金千貫、安納芋、紅薩摩、栗黄金。
f0189867_17565356.jpg

悩んだ末、
あの頃と同じ「黄金千貫」を使ったものと、変わり種の「栗黄金」を使ったものを購入。
杜氏さん(らしき人)いわく、この「栗黄金」は希少品種らしく、あまり出回っていないそう。
来た甲斐があったな♪

f0189867_18151237.jpg

この小さな焼酎蔵元『相良酒造』。
鹿児島で最も古い蔵のようです。
(醸造から瓶詰めまで行う蔵としては今では唯一になってしまったとか)

「今は鹿児島県内にはほとんど卸してないんですよ。福岡ならとどろき酒店に卸してます。」

あ~そうだ!私「とどろき酒店」でいつも買ってたんだったぁ。
つまり福岡でも同じものが買えるってこと。
でも、いいのいいの、ココ蔵元で一度買いたかったんだから。
ネットでも多少流通してるようですが、蔵元からの直売はしてないみたい。

希少な「栗黄金」のほうは何故か私が福岡に持ち帰ってきました(笑)
まだ封を切ってません。近日中に飲む予定。
楽しみ~037.gif

by snapdragon0791 | 2009-02-12 18:40 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(7)