カテゴリ:鹿児島グルメ( 34 )

2012年 11月 14日
『AUTOMNE(オトヌ)』
あー美味しいもん食べたいっ。

ふと写真の整理してたら「美味しいもの」がでてきた♪

鹿児島のフレンチレストラン
AUTOMNE(オトヌ)』。
f0189867_13422921.jpg

あの坂井シェフがフードプロデューサー。

ここのお料理は
本気で頬っぺたが落ちるんじゃないかと思うくらい美味しかった。

『AUTOMNE』はマナーハウス島津重富荘の中にあります。
おもに結婚式場としての施設ですが、普通に食事のみの利用も可能。

島津公の別邸で150年を越えている建物なのですが、
ひっじょーにひっじょーに素敵にリノベーションされています。
歴史的価値のあるもの等、残すべきところはそのまま保存し使用。
サロンや水回りなどはモダンに変身☆
センスの良さがうかがえます。
f0189867_13404389.jpg


『AUTOMNE』の中。
(↓↓↓この写真はHPよりお借りしましたm(__)m)
f0189867_13452668.jpg


私らが訪れたのは夕方。
日本庭園では松明がゴォゴォ燃えてました。
f0189867_1348814.jpg

明るいうちは正面に桜島がデーンと見えます。
お殿様たちってやっぱり最高のロケーションに邸宅を構えるんですねぇ。
うらやますぃ。。。

テーブルコーディネートもおっしゃれ~。
f0189867_1494664.jpg


お料理を待つ間、貴重な調度品の数々を鑑賞。

これ、西郷隆盛の書ですよ。すごい♪
f0189867_1350566.jpg

他にも白薩摩の置物や、斉彬公の書など国宝級文化財
ごく普通に飾ってあるのです(+o+)
f0189867_14201848.jpg

f0189867_14202391.jpg

f0189867_1420436.jpg



そして、お料理。
f0189867_1443984.jpg

完璧☆
ここのお式に呼ばれたゲストは幸せですね~。
(実は夫ティカシも後輩の結婚式で一度訪れてました)

ワインもデキャンタージュしてくれました。
f0189867_148322.jpg


あーあー幸せだったなぁ~あの日。
f0189867_14193755.jpg

f0189867_14222717.jpg


かれこれ1年半も前の「美味しい」を
いま頭の胃袋?で反芻してるKANAなのでした。。。

鹿児島の『AUTOMNE』また行きたいよぉー。

マナーハウス島津重富荘HPはこちら→クリック

by snapdragon0791 | 2012-11-14 14:23 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 24日
河内源一郎の『塩麹』
河内菌

ばい菌じゃないよー(笑)

焼酎好きの方ならご存知ですね「河内菌白麹」。
今では全国の焼酎工場の8割以上がこの麹菌を使用しているそう。
すごーい。スーパー菌ちゃんなんですね。

それを発見したのが焼酎の父とも呼ばれる河内源一郎さん。
いまも鹿児島で源一郎さんの娘婿さんが継がれています。

その河内源一郎商店が経営されてる「チェコ村」に
4月鹿児島から引っ越す当日立ち寄ってみました。
※正式にはバレル・バレー「プラハ」チェコ村

鹿児島空港のすぐ近くにあります。
f0189867_10412476.jpg

んんー想像以上にこじんまりしたテーマパークです。
f0189867_10415144.jpg


私の目的は鹿児島を去る前の『塩麹』買い溜め(笑)
麹の父の会社が作る『塩麹』ですからね、美味しいんです!

初めてのチェコ村。
多数の河内菌を使用した商品が販売されているのですが、、、
なぜかあの韓国の生マッコリがずらりと並んでいる。

なぁんでここにマッコリ???

なんと韓国のマッコリもルーツは河内菌だったんです!
びっくりですね。

こりゃあぜひ飲んでみなきゃでしょう!
福岡の自宅でその夜早速開封~ゴクゴク。
うまーい☆微発砲のカルピスのようで爽やかテイスト!
お酒に弱い女子でもクイクイいけそうなマッコリでした。

ボトルには興味深い歴史が書かれていましたよ。
↓↓↓
■源一郎直伝のマッコリ
近代焼酎の父と呼ばれている祖父河内源一郎。
昭和20年の夏、源一郎は工場の焼け跡に悄然と立っていた。
横には戦前から種麹の製造を手伝ってきた韓国人の従業員がいた。
源一郎は言った。
「君なあ、もうこの菌を持って韓国に帰りなさい。韓国で河内菌を広めてや。」
その韓国人は河内菌を手土産に韓国に帰り事業を成した。
今では韓国の焼酎の殆どがこの河内菌で造られている。
それだけではない。韓国のどぶろくマッコリも河内菌で造られているのだ。
韓国でも源一郎に敬意を表して「カワチキン」と呼んでいる。
河内菌と乳酸菌のコラボで造られた生マッコリ。
他では味わえない源一郎直伝のマッコリをお楽しみ下さい。


なぁんて懐の深いお方でしょう、ゲンちゃんってば♪

そして、お目当ての『塩麹』もゲット。
今回買ったのは「塩麹づくりセット」。
f0189867_10495095.jpg

すでに米麹と塩がミックスされてますからこれにお水を足すだけ。
初心者でも簡単に作れます。

私も今朝作りましたよー
①開封したらザザーっとタッパーにいれる。
お、甘酒のような味噌のようなふんわりいい香りがします。
f0189867_10522032.jpg

②一日目、200CCのお水を注ぎ混ぜ混ぜ。
あれ、小さな泡が。早くも発酵しだした!?
f0189867_10534682.jpg

③二日目さらにお水を200CC注ぎ混ぜ混ぜ。
④あとは常温で1週間~10日、「おいしくなぁれ」と唱えながら
毎日1回混ぜ混ぜすれば完成。
⑤角のとれたまろやかな塩麹。冷蔵庫保管で3か月ほどで使い切りまーす。

あーん、楽しみ~
f0189867_10564845.jpg


流行りの『塩麹』に私もはまってます。
本まで買いました。
f0189867_1057303.jpg

最近はKANAり気ままにいろんなお料理に使っています。
要はお塩の代わりに使えばいいんですが、
とにかくまろやかな塩気で魔法のように素材を美味しくしちゃいます♪

美容と健康にもいいってんだから、これは使わな損損!
デスネ♪

************************************
バレル・バレー「プラハ」チェコ村
HPはこちら→http://www.praha-gen.com/
河内源一郎さんについても詳しく書かれていますよ→クリック
************************************

by snapdragon0791 | 2012-05-24 11:00 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 02日
【鹿児島・市内】ワインのおいしい店
鹿児島でワインの美味しいお店。

引っ越す数日前に知ったから相当残念(泣)
それも名前がわからない、、、

4月のはじめ、
私ら夫婦が大好きだった行きつけの二店
「ceri」のタイシ君と「いしい」のイシイさんが
有難いことに夫ティカシのために送別会を開いてくれた。

その一次会の店がその“ワインの美味しい店”。

昨年までは確か
イタリアン『trecald(トレカルド)』という店名で看板も出されていたのですが、
メニューがお高めだった印象が強く、行ったことがなかったのです。
業態をワインバーに変えられたようで、現在の店名がわかりません。

送別会の日はこの店のテラスで
なんとバーベキューコースを準備してくれてました。

「うっそー!?このロケーション信じられんっ!うれしすぎる~!」
夫と私は大興奮♪
だって、市街のど真ん中「中央公園」前でバーベキューですよ!!!!!
信号待ちする車、公園で遊ぶ人たち、すぐ下の歩道を歩く人たち、
みーんながモクモクあがる煙と騒ぎ声にこちらを見てます(笑)

おかまいなしにハイチーズ。
f0189867_1246991.jpg

乾杯!の泡から始まり~の
f0189867_1250282.jpg

次々とワインや焼酎が注がれる~
ソムリエ資格を持つ店主さんのワインセレクト流石です!
こうなるとビールはチェイサーね(笑)
f0189867_12501659.jpg


そのあと二次会→三次会と予定していたため、食材は少な目ですが
みてください!この空豆の立派なこと!
鹿児島の指宿は空豆生産日本一ですからね~♪
タイシ君の作ったチーズのパン(ポンデゲージョ)も登場してます。
ワインにあうあう!
f0189867_125313100.jpg

街中で昼間っからバーベキュー、
なんだか贅沢すぎて夢のような時間でした。
f0189867_12531075.jpg


このあと、引っ越す前にもう一度このお店にワインを飲みにいきました。
やっぱり好みにあわせて出してくれるセレクトがすっごくうまくて、
おつまみも目からうろこな組み合わせがあったり、大変勉強になりました。

もっと早く飛び込んでればよかったな、、、
確かグラス700円くらいからだったと思います。
鹿児島でしっかりと選んでワインを飲みたい気分のときにはぜひ♪
中原別荘横のビル2階です。

by snapdragon0791 | 2012-05-02 13:06 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 27日
【鹿児島・市内】教えたくない名店『いしい』
石井さんからお店の宣伝したくないと言われていたけど、、、
いうこときかないKANA様は載せちゃいまーす。
石井さんゴメンね~

夫が住んでいたマンションのすぐ裏にある『いしい』。

あれは2年ほど前。
鹿児島転勤になり夫の引っ越しが済んだ夜、
ご近所店を探索。
f0189867_13455623.jpg

『いしい』の入口みて
「うわぁ~なんだか高級そうなお店だねぇ。」
ものすごーく気になるものの覗くことすらできなかった。

数日後、
夫が近所のBARで『いしい』がそう恐れるようなお店ではないと聞き(笑)、
安心して行ってみたのが始まりでした。

それからは『いしい』の店主・石井さんともすっごく仲良しになって♪
足繁く通った鹿児島のお店のひとつとなりました。

広くはありませんが、
店内はスッキリとしていて、すごく上品で、THEオトナの店!です。
f0189867_1474974.jpg

照明も暗め~に落としてあって、まったり飲んでると本当に心地よいのです。
夫ティカシが何度ここのカウンターで寝ちゃったことか。

お通しから、すべてのメニューすっごく美味しい!
きちんと手間暇かけて作られたお料理のなかでも
「いしいの生ハム」はテッパンです!

そうそう、あの吉田類さんも訪れたそうですよ。
壁にサインが描かれています。
f0189867_1350874.jpg


で、そのサインを写メに撮る、、、
何故か福岡のご近所Tさん(笑)
(Tさんが鹿児島出張時に一緒に飲んだ時の写真です)
f0189867_13512265.jpg

f0189867_1411066.jpg


いつもピシーッとキメてて、
どんなに慣れても敬語を崩さずマジメな接客をなさる石井さん。
なのに!どうしちゃったんでしょう、この写真は(爆)
f0189867_13544233.jpg


そして、私らがお土産であげた「南関あげ」の包装紙を
やめときーって止めるのもきかず、入口の柱に貼ってくれまして(汗)
調子こいて吉田類さん張りのサインしちゃった私ら夫婦。
だいぶヘタクソですね(爆)
f0189867_13595716.jpg


鹿児島から引っ越す前日も夫婦で『いしい』にいきました。
お別れがとっても辛くて涙がでそうでした。
「これからもご縁は続くよね」ってサヨナラして、、、

お料理全部美味しい!雰囲気も最高!お値段もそれなり!
なかなかあんなお店ないです。

鹿児島の隠れた名店、教えたくない名店。
そんなお店が『いしい』なのです。

あーまた行きたくなってきた(泣)

by snapdragon0791 | 2012-04-27 14:24 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(5)
2012年 04月 25日
【鹿児島・霧島】WaiWaiアトリエ
今日は鹿児島ネタです。

霧島の温泉。
結構食べるところに困ったりします。
お昼間なら、ランチはココがおすすめ!

Wai Wai アトリエ(ワイワイアトリエ)』
f0189867_14104120.jpg

バイキングスタイルで大人1785円。

入口は一瞬「え!?」とひるんじゃうよなプレハブ小屋(笑)
ソロソロと中を進むとウッドの気持ちいいテラス席が!
f0189867_1410541.jpg

冬はテーブル横にストーブを置いてくれて、ひざ掛けも貸していただけます。

箸置きも小枝ちゃん♪
f0189867_141145.jpg


陶器プレートも地元作家さんのものでしょうね。
f0189867_14114231.jpg

バイキングにはちょっぴり重たいけど、
お料理を盛ってみれば美味しく見えて結果◎デス。

お料理は地元農家さんの野菜を使ったメニュー中心にヘルシー!
もちろんお肉やお魚もあります。
f0189867_141271.jpg

f0189867_14121643.jpg

手作りジュースもならんでます。
「ぐみジュース」なんて飲んだことありますか!?
甘酸っぱくて不思議な味でしたー!
f0189867_14124596.jpg


ドレッシングやタレ、調味料などもすべて手作りで販売もされています。
f0189867_14132454.jpg


とにかく、どれもすごく美味しいです!
へぇ~このお野菜ってこんな調理法あるんだーなんて勉強になったりしますし。
メニュー数もすごくて、少しお高め1700円という料金に満足できます。

で、
バイキングってついつい欲張っちゃうもんだから、
帰りは毎度お腹の皮が伸びきっちゃうくらいパンパン!

この季節、春のポカポカ陽気のなか『WaiWaiアトリエ』絶対おすすめです。
(冬は待っても室内がよいです。ストーブあっても寒いもんw)


***************************
『Wai Wai アトリエ』(ワイワイアトリエ)
11:30~15:00 バイキングのみ
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2972-9
0995-76-0333
※不定休のようなので電話で確認のうえ行かれたほうがよいです。
***************************

by snapdragon0791 | 2012-04-25 12:00 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 08日
『BOTANICA』
BOTANICA(ボタニカ)』
あのディープな飲み屋街“名山堀(めいざんぼり)”のすぐ側、
みなと大通り公園の前にあります。

ココは夫ティカシが開拓したお店。
ティカシはだいぶオッチャンですが、客層は若い方のほうが多く、
女子一人でも気軽にいけるお店です。

木が基調であたたかい。
外観も内装もオーナーのユミチャンのセンスが活きてます。
f0189867_9555295.jpg

f0189867_1010986.jpg

壁も自分で塗ったって言ってました。すごいね☆
f0189867_9561528.jpg

ユミチャンは現在赤ちゃん生まれて産休中。
その間、店を任されてるのはマルチャン。
厨房で美味しいオツマミ作ってくれてます。
f0189867_9575161.jpg

gutsu,gutsu,gutsu、、、フライパンのオイルで何かが踊ってます。
オイルサーディン♪手作りしてるんです。
f0189867_9582892.jpg

レコードの数がすごいっしょ!
ユミチャンの旦那様は有名なDJもされてるんです。
f0189867_1023184.jpg

そしてこの日のカウンター後ろ姿は、
ティカシ、テンメイクン、スーチャンで~す。
f0189867_105158.jpg

常連スーチャンは消しゴムハンコのアーティストもされてます。
私もめっちゃやってみたくなりましたが、鹿児島もあと一週間ですからね、、、
ウルウル。

ここ『BOTANICA』も
ワンカナに負けず劣らずいろんな業界の人たちが集う愉快なお店なのです。

夏はこのタイ製だっけか、ベトナム製だっけか、
かわいいワゴンが活躍するらしいよ。
f0189867_10122641.jpg


私はワイン、ティカシはスコッチ。
『BOTANICA』の洋酒で〆てteku,teku家路についたのでした。。。


***************
『BOTANICA』
鹿児島市名山町5-6 西田BLD1F
099-227-2633
営業時間:18:00〜23:00
休み 日曜日
***************

by snapdragon0791 | 2012-04-08 10:16 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 08日
『菜々かまど』
鹿児島の夜。
この山形屋のライトアップももうすぐ見納めです、、、
f0189867_9244451.jpg


ラスト一週間はお世話になったお店めぐり。

美味しい料理と焼酎でお腹を満たすため、
まずは『菜々かまど』。

ココはこれまで何度かご紹介しましたね。
鹿児島の焼酎・郷土料理を含め、な~んでも美味しい。
焼酎においては、通常の八幡(はちまん)も非常に美味しいんですが、
ラッキーな方は幻の焼酎「古八幡(いにしえはちまん)」もキープできちゃう。

福岡から来てくれた友達も沢山連れてきたなぁ~
ウルウル。

「きびなごの刺身」。
新鮮だからお刺身でいただける。
これは鹿児島でしか食べれないといっても過言ではないでしょう。
f0189867_9343796.jpg

大将がまたオマケだしてくれました♪
開いてない状態だと更に食べ応えあり!
f0189867_9363262.jpg

これがうまいんだ。「カンパチのカマ塩焼き」。
カンパチの養殖(ブランド名=桜勘おうかん)でも鹿児島は有名です。
f0189867_9374359.jpg

菜々かまどに来たら絶対食べてほしい「とび魚のつけあげ」。
でっかくて、まんまるで、ふわっふわ。
f0189867_9402376.jpg

他にもから揚げ、焼き鳥、なすみそ、、、なんでも美味しい♪

最後にこの2ショット。
f0189867_9265763.jpg

あのシャイな大将がピースしてくれるなんて、、、感激です(笑)

おなかいっぱい!
うまい焼酎「八幡(はちまん)」飲んだら、、、
今度は洋酒が飲みたくなる。これ常識!?

にぎわう天文館をあとにして、、、
f0189867_9445642.jpg



たどりつくは、、、

by snapdragon0791 | 2012-04-08 09:50 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(6)
2012年 03月 28日
海醤油!

道の駅をはじめ、産直が大好きな私ですが、
鹿児島でもだいぶまわりましたねぇ~。
その地の特産物キラリ!を発見した時の喜びときたらっ♪

七つ島にある
『サンライフパーク 鹿児島ふるさと物産館』
f0189867_13505957.jpg

そこでキラリいいもん見つけました!

海醤油』!
f0189867_135006.jpg

トビウオ100%の魚醤です。
これがビックリするくらいに激ウマで、買い溜めしたいくらいです。
(120mlで500円と少しお高めですが)

魚醤といえばナンプラー。
しかしこの『海醤油』はナンプラーほどの臭みはなく、
ほんの少しで上品な“ダシ”の味を主張してくれるお醤油です。

なんてったってトビウオ(博多ではアゴといいます)ですからね!
うまいダシがでてるはずです♪

この季節、旬の春キャベツを手でざっくりちぎり、
ニンニク&唐辛子を加えたオリーブオイルでサっと炒め、
この『海醤油』をすぅーっと少量回しかける。
f0189867_14213232.jpg

今思い出してもヨダレがぁ~
これ、思いつきでやったんですが、本当に美味しかったですよ!!

さて、この『海醤油』いったいどこ発なんでしょう?
それはね、鹿児島県のトカラ列島のひとつ「小宝島」。
そこにある小林工房さん。
ネットで調べるとどうやらこの小林さん、東京からの移住者のよう。
すごいなー、世の中には思い切りのいい人がいるもんだ。

トカラ列島ってどんなとこ?
鹿児島にはびっくりするくらい沢山の離島があります。

種子島・屋久島よりももっと南に位置する吐噶喇列島(とかられっとう)。
北から、
「口之島」「中之島」「平島」「諏訪之瀬島」「悪石島」「小宝島」「宝島」の有人7島。
臥蛇島、小臥蛇島、小島、上ノ根島、横当島の無人5島からなっている。

正式な名前は鹿児島郡十島村
日本で一番長~い村だそうですよ☆

鹿児島にいるうちに一度いってみたかったけれど、
かなりの覚悟をしていかねばならない地でして(笑)

そのわけは、、、?

アクセスはフェリー船のみで6時間ほど。
運行は2~3日おき、天候不良だとでない。
病院は診療所のみ、緊急時はドクターヘリだのみ!?
コンビニなんてもちろんナシ!

便利すぎる都会に慣れた軟弱モノが
気軽に旅行気分でいけるとこではないのです、、、ハハ。

めちゃめちゃ海がきれいで、静かで、、、
憧れは120%級なのになぁ。

ちなみに「諏訪之瀬島」出身の貴重な友達がいます。
先日紹介した『なずな』のスタッフなっちゃん
彼女は鹿児島市内へでてきてもう長いみたいですが、
「たまに帰省しないの?」
と聞くと、
「船がでないこともあるのでなかなか。」
と言ってました(笑)
そうだよね、仕事してると帰省も難しそうです、、、

いろんな想いを馳せていただく『海醤油』、ネットでも買えるみたい。
嘘じゃないよ、本当に美味しい☆

by snapdragon0791 | 2012-03-28 14:42 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 25日
『osteria ceri(オステリア・セリ)』
『Ceri(せり)』『なずな』『osteria ceri(オステリア・セリ)』。

ご紹介してきた三軒のお店は、、、
『なずな』=お母さん
『Ceri』=長男
『osteria ceri』=次男
がやっておられます。

そして、
『osteria ceri』のヨシト君とこに先日赤ちゃんが生まれました。
めでたい!
赤ちゃんの顔見るのも兼ねて夫ティカシとランチに♪

西郷隆盛で有名な城山の中腹にあります。
自宅のリビングを開放したようないい雰囲気のお店。
f0189867_2249013.jpg

お庭を眺めることができる席を準備してくれていました。
f0189867_22502565.jpg


んー♪相変わらず美味しい。
今写真みてもパブロフの犬状態、、、(笑)

ソラマメのスープ。
鹿児島(指宿)は空豆生産の日本一!
f0189867_22544862.jpg

前菜もひとつひとつ手が込んでます。
白ビーツは初めて食べましたし、
この塩トマトのフリットとモツァレラ!たまらんっ☆☆☆
f0189867_22555231.jpg

ずわい蟹と新筍のクリームパスタはやさしい春の味がしました。
f0189867_2257913.jpg

箸でちょちょいとつつくとホロホロ、、、牛ホホ肉煮。
まわりにはふんだんに焼き野菜が添えられています。
f0189867_22592753.jpg

デザートのブリュレのカラメル層が分厚くカリカリ!
f0189867_2302191.jpg

最近プクプク成長中の私とヨシト君(爆)
f0189867_2313745.jpg

ティカシとヨシト君。
f0189867_2331727.jpg


最後に~
ヨシト君ちの赤ちゃん!かわいい~♪
f0189867_23141086.jpg

お休みされてた奥さん、突然ごめんねーっ(汗)

しかし、私よー最近友達の赤ちゃん抱いて写ってますよね、、、
まるでベテラン産婆さん(笑)
「私がこれまでとりあげた赤ちゃんたち」ってタイトルつきそうです。

ちょっとご無沙汰してましたが、
久々にヨシト君と奥様、かわいい赤ちゃんに会えてよかったです。

昼から贅沢なランチをいただき、
私のおなかにも一人入ってる!?ってなくらいに満腹さすりながら
城山をくだったのであります。

ヨシト君にも本当にお世話になりましたー!




以前の紹介記事はこちら→クリック
**********************
『osteria ceri』
鹿児島県鹿児島市城山町18-6
099-295-3968
駐車場 あり
営業時間
 お昼 11:30~14:00オーダーストップ
 夜  18:00~22:00オーダーストップ
定休日 毎週月曜日、第3火曜日
**********************

by snapdragon0791 | 2012-03-25 23:21 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 25日
『なずな』
『Ceri(せり)』の上、お二階にある和食処は『なずな』。

並ぶ焼酎は、、、
f0189867_22282313.jpg

もちろん「三岳」!
鹿児島では多くの飲食店で
三岳キープがフツーに並んでいます。

ここ『なずな』のお料理はすべてママさんの手作り。
おふくろの味的料理から洒落たツマミ系、鹿児島郷土料理まで、、、
がっつり胃袋つかまれちゃうヤバイお店です(笑)

この日は大入り満員、大忙しでチラっとしか話せず
写真だけパチリ。
奥がママさん、手前右はスタッフのナッチャン。
めちゃめちゃ気が利く女の子で、
愛嬌もよくてスーパースタッフとしてママをしっかり助けてます。
f0189867_22301456.jpg


今日は「和」の気分って時は2階『なずな』でママの手料理、
今日は「洋」の気分って時は1階『Ceri』でワインとイタリアン。

本当に鹿児島では私たち夫婦がお世話になった二軒なんです。

以前載せた記事はこちら→クリック

**********************
『なずな』
鹿児島県鹿児島市城山町3-38-2F
099-223-6240
お休み=日曜日
**********************

by snapdragon0791 | 2012-03-25 22:40 | 鹿児島グルメ | Trackback | Comments(0)