カテゴリ:鹿児島スポット( 69 )

2012年 03月 10日
鹿児島さんぽ(みなと大通り公園)
さらにテクテク。

ここは「みなと大通り公園」。

桜島も見えて、
緑の芝生がひっじょーに気持ちの良い空間です。
f0189867_15113914.jpg


振り返れば、レトロな鹿児島市役所。
f0189867_15115134.jpg


ここのベンチでしばらくボーっとしてました。
お散歩犬がフリフリ寄ってきてベロベロなめられ、
飼い主のオイチャンから
「あらーあんたにはフレンドリーやなぁ」
なんて笑われながら、、、

うん、戌年生まれですからね。ワンコ大~好きです(笑)

この「みなと大通り公園」、
観光では訪れないけれど、
住んだら行きたい“ほのぼのスポット”とでもいいましょうか。

冬のイルミネーションがこれまた本当にきれいです!
※記事はこちら→クリック

公園のすぐわきには先日ご紹介したディープな「名山堀」という飲み屋街があります。
※記事はこちら→クリック

で、、、
目のかゆみと喉の痛みが限界に達し、
泣く泣く帰宅したKANAなのでした。
花粉症大嫌いぃぃ(泣)

by snapdragon0791 | 2012-03-10 15:20 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 10日
鹿児島さんぽ(寒緋桜と白木蓮)
鹿児島、昨日今日と快晴です!

青い空がベランダの窓から見える。

「おんもへ出たいと待っているぅ~♪」

ズルズルかゆかゆ花粉症で苦しむとわかっていても、
家の中にじっとしてらんない性格。
テクテクお散歩にでました。

徒歩2分くらいで会える「西郷ドン」にオハヨッってご挨拶。
f0189867_14362812.jpg

すぐ裏のお宅の庭には満開の花たち。

寒緋桜(カンヒザクラ)」と「白木蓮(ハクモクレン)」。
純白とショッキングピンク。
対照的ですが、違和感なく純和風のお宅に彩りをそえていました。
f0189867_1447503.jpg


f0189867_14403470.jpg

バシャバシャ写真を撮ってたら、観光客らしきオイチャンが
「ほぉ~これはまた立派なコブシじゃなぁー。」
とつぶやきながら通り過ぎてった。
「んにゃんにゃ、オイチャン、これはハクモクレンばいっ。」
と喉まで出かけたけれど、やめといた。

f0189867_14544731.jpg

うん、コブシとハクモクレンはよく似てますからね。


f0189867_14311818.jpg



どれくらい前から咲いてたんだろう、、、
f0189867_14552424.jpg


この花たち、
西郷隆盛像の並び
観光情報センター横のお宅で見れます。
(外からそぉ~っとね)

※カンヒザクラは仙巌園(磯庭園)にも沢山ありますよ。

by snapdragon0791 | 2012-03-10 15:06 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 08日
ビーチコーミングin天神島(荒平天神)
鹿児島県鹿屋市天神町の『荒平天神(あらひらてんじん)』。
「天神島」という錦江湾に突き出た小さな島に鎮座されてます。
f0189867_22465085.jpg

晴れた日には右手に桜島、遠い対岸奥には開聞岳も望めます。

青く透きとおった海がそれはそれはきれいで、
夏だったらザブーンといってます(笑)
f0189867_2247726.jpg

f0189867_22473011.jpg


この砂浜には貝殻などたくさんの漂着物が辿りつきます。

菅原道真を祀る荒平天神。
道真さんが愛でた梅花の形に似た貝殻がうちあがり白く光る、、、
f0189867_2354514.jpg

うーん、それってこれ?
f0189867_22304250.jpg

「これ、梅じゃなくて薔薇やろう(笑)」と夫に言われたけど
私には梅に見えるもーんだ。

これは貝殻以外に
何気なく拾った陶器のかけら「陶片(とうへん)」。
f0189867_22351020.jpg

これまで夫の実家の離島海岸でも拾ったことがあったのですが、
今回はなんでだかめちゃめちゃ惹かれて家に持ち帰りました。
f0189867_22352359.jpg

長~いこと海をさまよい波に揺られ洗われ削られ角がとれた陶片は
まぁるくてなんだか優しい印象です。
f0189867_22353645.jpg

鹿児島?沖縄?韓国?中国?はたまたベトナム?
どこの国で、どんなおうちで、どんな人が使ってたんだろう、、、
なーんて、ロマンと妄想が広がる。
中には両面ともデザインされてるかけらもありましたよ。
f0189867_22362183.jpg


まさに海辺の宝探し。
ビーチコーミングにハマりそうな予感です。

※ビーチコーミングは英語の「comb(コーム)」からきているようで、
 櫛で髪をとかすように海辺の漂着物を探し収集すること。
 それを行う人のことはビーチコーマーと呼ぶようです。

by snapdragon0791 | 2012-03-08 23:06 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 07日
桜島・大隅半島コース
二日目は桜島経由で
大隅半島を鹿屋あたりまでドライブ。

午前10時すぎ、桜島フェリーに車で乗船。
朝ごはんには船内の「うどん」を皆で注文。
わずか13分の船旅です(汗)
ずずーっと麺をかっこんで桜島港に到着。

最初の記念撮影は「茶ミマ」。(茶色いファミリーマート)
f0189867_233541.jpg

茶いローソーン」。(茶色いローソン)
f0189867_23354940.jpg

f0189867_23362100.jpg

悪い顔してモクモクやってる二人の後ろのATM看板も茶色。
f0189867_23423972.jpg

桜島では景観配慮により両コンビニの看板が茶色なのです。
珍しいから観光スポットになっております。

お次は
桜島ビジターセンター』で桜島についてたっぷり学習タイム♪
DVDでみた桜島の歴史とそこで共存する島民。大変勉強jになりました。
それにしてもここ数年、元気すぎる桜島、、、
これまで繰り返された歴史上のスパンを見る限り、
近いうちにデッカイ爆発があるんでは!?と怖くなりました。

それから、センターすぐ側の
溶岩なぎさ公園足湯』でちょいとひとやすみ。
f0189867_23415656.jpg

この日も噴火がしょっちゅう起きてて灰がパラパラ。
ヨーコ、マスクをずり上げ目まで覆っております。おもろいやっちゃ。
それを見て大ウケのティカシ(笑)
f0189867_2350522.jpg


そこから3分ほど車で移動して
赤水展望広場』へ。
ここは長淵剛が桜島オールナイトコンサートを行った場所。
ぬわんと「叫びの像」というモニュメントまで立っております。
f0189867_23532184.jpg

タケウチ、、、顔マネめちゃ上手(爆)


それからまた少し下って、
桜島シーサイドホテルの温泉へ。
硫黄臭プーンの茶褐色温泉に浸かり湯上りポカポカ♪

しばし錦江湾沿いの美しい道を走り抜け、40分ほどで鹿屋市内へ突入。

この日のランチはとんかつの名店『竹亭鹿屋本店』。
地元客で常に満席。
それぞれ夫婦で、
“特上ロースとんかつ定食”1000円と“特上ヒレとんかつ定食”1300円を注文。
肉厚のとんかつで衣は細目パン粉。
わりと歯ごたえのしっかりした肉質で肉自体の味濃い!
f0189867_0124072.jpg

自家製ソースもスパイス効いてて美味。
野菜にもかけちゃいます。

満腹になったら今度は
鹿屋市天神町にある『荒平天神』へ。
私のすーっごいお気に入りの神社でこれまでも何度か訪れました。
(この神社もパワースポットとして巷じゃ有名のようです)
菅原道真公を祀る学問の神様。
砂浜に鳥居がたってて、満潮時には鳥居の足もとまで水がきます。
その海の水もすっごく青くてきれいなんです♪
f0189867_020024.jpg

肝心な御社はこんもりと木々が囲む岩のてっぺん!
階段とロープをつかって登るの~すごいっしょー★
降りる時も要注意よ。
f0189867_0201959.jpg


そして、
海岸には梅の花の形をした貝殻(菅原道真だからね)が流れ着き、
白くキラキラと輝きを放つという不思議な説があり、、、

みんなで探す探す(笑)
f0189867_0231889.jpg


お尻をつきだし必死にコーミング中のわたくし(爆)
f0189867_024244.jpg


その成果は!????ふふふ。
また後日UPします♪
(実は私前回ここに来た時もしつこく一人で探した!w)

どれくらいいたんでしょう。
「そろそろ行かないと」と夫から促され、
神様にサヨナラを告げ、一行は帰路北上。

最後に『道の駅たるみず』に寄り、
鹿児島特産品をお買いあげ~。

また桜島フェリーに乗り、鹿児島市内まで戻ったのでした。
f0189867_0265356.jpg


楽しかった2日間。
別れるときの寂しさときたら(泣)
「ばいばーい、KANAのこと忘れないでね~」
って手を振りながら、、、
また数週間後に会えるのにね(笑)

S夫妻とT夫妻はブーンと赤い車で福岡に帰って行きましたとさ。
くすん。

by snapdragon0791 | 2012-03-07 10:00 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(6)
2012年 03月 06日
南薩コース③
頴娃(えい)町に来たら、
やっぱり『釜蓋神社』参りはテッパンです。

ここの神様からもいいかげん
「お前たちの顔は見飽きた!」って言われそうですが(笑)
何度訪れてもやっぱり気持ちのいい神社なんです。

では今回のメンバーの釜蓋詣でショットをどーぞ♪

はい、
まずはサトちゃん。
坊主頭だけに釜蓋がうまくのっかるか皆で心配しましたが、
なんのなんの、とっても上手に一発OK♪
f0189867_150460.jpg

ヨーコはこわごわ(笑)
難所の階段で一度失敗、二度目にOK♪
f0189867_1502294.jpg

タケウチ、うまいうまい♪
カメラ目線はいらんいら~ん(笑)
f0189867_1503245.jpg

ケーコちゃん、だいぶ釜蓋がユラユラしてたけどなんとか無事OK♪
f0189867_1504137.jpg


おまけ。
ラブラブな若い夫妻は二人用をのっけてみてましたが、難しそうで断念。
ふふふ、微笑ましい。
f0189867_150524.jpg


最後にサトちゃん、ミニ釜蓋投げにチャレンジしてましたが、
なかなか上手くいかず、だいぶ悔しそうでした(笑)
f0189867_151131.jpg



一日目、楽しかった南薩ドライブこれにて終了。
知覧をぶっ飛ばして北上し、鹿児島市街に帰ったのでした。

by snapdragon0791 | 2012-03-06 02:03 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(10)
2012年 03月 06日
南薩コース②
さぁーお昼ごはんは名物『唐船峡(とうせんきょう)そうめん流し』。
池田湖の近くにありまして、そうめん流し発祥の地なんですよ~

渓谷だけに空気もひんやりしていて、
この季節はもちろんお客さんガラガラ(笑)
※年中無休。冬場はストーブ完備の部屋があります。
f0189867_1123192.jpg
f0189867_1125183.jpg

大量に湧きでる清水を利用したそうめん流し。
グルグルグルグル。かーなり流れ早いデス(笑)
f0189867_1131169.jpg

ビール運び屋サトちゃん。似合いすぎっ(爆)
f0189867_1243583.jpg

たかがそうめん、されどそうめん!
唐船峡で食べるとなんだか特別に美味しく感じます☆
甘めの“めんつゆ”が癖になります。(唐船峡のめんつゆは有名です)
そして、何より楽しいぃぃぃぃ~♪♪♪
f0189867_1201738.jpg


お腹を満たしたあとは、頴娃(えい)町にある
番所鼻自然公園(ばんどころばなしぜんこうえん)』へ。
自然が作った海の池!?うまい具合に波が岩を侵食したんでしょうねぇー
f0189867_133572.jpg

伊能忠敬も絶賛した景色は息をのむ美しさ。
f0189867_1343866.jpg

こちらから眺める開聞岳も美しい!
晴れてたらよかったのになぁ~
f0189867_1351822.jpg

f0189867_1353745.jpg

ちなみに私、この岩場で滑って転びました、、、
海藻が貼りついてて滑ります、、、みなさんも行かれる際は要注意デス!

この公園の敷地内には『タツノオトシゴハウス』なるタツノオトシゴ養殖所があります。
f0189867_1405399.jpg

中は狭いですが、
滅多に見れないタツノオトシゴがウヨウヨ水槽で泳いでて興味深い♪
f0189867_1421143.jpg
f0189867_1422378.jpg

f0189867_1424615.jpg

タツノオトシゴって縁起もの!?
しかし“タッツミー”ってあーた(爆)うまいっ☆山田くーん、座布団三枚☆
f0189867_1431818.jpg

みんなでタツノオトシゴポーズで!
f0189867_1435665.jpg

ん!?
このタツノオトシゴがかぶってるものは????
f0189867_1451316.jpg

おわかりですね。
ここから5分で『釜蓋神社』でーす。

by snapdragon0791 | 2012-03-06 01:00 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 06日
南薩コース①
この土日は福岡から友人たちが二組、
鹿児島に遊びにきてくれました。
S夫妻とT夫妻。

両日とも予報は雨だったにもかかわらず、
ほとんど降られることなくギリギリ曇り空。

土曜日は南薩コース。
先日の弟夫妻の来鹿時と同じルートではありますが、
今回は更にディープなスポットも織り交ぜて(笑)♪

まずは、指宿手前の国道沿いクレープ屋さん『Plage』に寄り道。
f0189867_07461.jpg

みんな美味しい!と絶賛。
f0189867_072038.jpg

※Plageの以前の記事はこちら→クリック

指宿の街は今回は素通りし、いつもの山川町の温泉へ。
まずは砂むし温泉『砂湯里(さゆり)』。
f0189867_0142341.jpg

私は指宿の砂むし温泉よりもこちら山川のほうが好きです。
※砂湯里=タオル持参で入浴料800円
すぐそこは海!砂浜に寝そべると、、、
おばちゃんが慣れたシャベルさばきでザックザックと温かい砂をかけてくれます。
ザザーっ。波の音を聞きながら約15分。汗びっしょり!
入り口前には「温泉たまご」も蒸してあります。
白身まで茶褐色に色づいてて、めっちゃめちゃウマイ☆
※一個50円

砂むし温泉のあとは、すぐ近くの『山川ヘルシーランド露天風呂』へ移動。
※入浴料500円
前回、弟夫妻とも行きました→クリック

温泉でさっぱりしたら、
お次は日本最南端の駅『西大山駅(にしおおやまえき)』へ。
f0189867_026284.jpg

さつま富士(開聞岳)をバックに、広大な自然の中ポツンとたたずむ無人駅。
すごくいい感じです!
菜の花が満開の頃は更に絵になる風景だったでしょう。
みんなで、はいチーズ♪
f0189867_0301345.jpg

タイミングよく電車が到着。
いつの間にか、
それに合わせて集まったテッチャン(鉄道マニア)だらけになってました(驚)
f0189867_0305798.jpg

本気のテッチャン隊に対し、私達はだいぶお気楽。
列車が停車する10分間でやりたい放題(笑)
f0189867_036859.jpg

f0189867_0365271.jpg

f0189867_0485148.jpg

そうそう、幸せを運ぶ黄色いポストも可愛かった!
菜の花のイメージで黄色なんでしょね、きっと。
f0189867_0401740.jpg

幸せの鐘なんかも鳴らしたりして♪
背後の緑のオッサンは無視して(笑)
f0189867_0483182.jpg

それから
一行はお昼ごはんへ向けて車を10分ほど走らせます。。。

by snapdragon0791 | 2012-03-06 00:52 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 01日
コウタ夫妻in鹿児島
先週土曜日からまた鹿児島にきています。

日曜日、弟夫妻が遊びにきてくれました。

南薩方面ドライブ。

私らお気に入りの『山川ヘルシーランド』の露天風呂へ。
義妹(弟のお嫁さんね)ヒロチャンの後姿、、、ん~色っぽい♪
ロッカーキーで髪を束ねるとこあたり、いわせません(笑)
f0189867_23103136.jpg

「お姉ちゃん、ここギャンすごかぁ~!ギャンきれいかぁ~!また来たか~!」
※ギャン(大牟田弁)=very
大牟田弁で叫ぶヒロチャン、かわいいです(笑)♪

そしてパワースポットの『釜蓋神社』へ。
お決まりの釜蓋を頭にのせて。
我が弟コウタ、、、なんでしょう、この不自然な両手の突き出し方は(爆笑)
バランスとってんでしょうけど、だいぶスリラー系です(笑)
f0189867_23121323.jpg
f0189867_23122334.jpg

それを見て大爆笑の嫁ヒロチャン。
f0189867_23123542.jpg


夜は鹿児島市街の天文館でたーっぷり飲んで食べて、、、
最後の締めは鹿児島ラーメン『小金太(こきんた)』
f0189867_23251733.jpg

料理人コウタ、何やら語ってます。
食べ物のこととなると熱い私たち姉弟ですから、、、
周りから見れば、ちと、しゃあしい(笑)
※しゃあしい(博多弁)=せからしい(博多弁)=うっとおしい
f0189867_2326643.jpg

コウタも私と同様、鹿児島ラーメンのスープには少し物足りなさを感じるよう。
f0189867_2335796.jpg

見た目濃いけど、豚骨の出汁が薄く感じるんですよねぇ~。
長浜に慣れてるせいでしょうか(泣)
そして、値段が高い!平気で800円くらいしますからね、、、

でも、私、鹿児島ラーメンにおいては
最近「和田屋」と「ざぼん」好きになってきました。
(その話はまた今度♪)

お酒もそう強くない弟夫妻はラーメンの後、
我が家に戻り、早々に寝ちゃいました。

翌日のランチは山形屋の焼きそば食べにいきました。
レトロな山形屋の外観にも感激してましたよ♪
f0189867_233472.jpg

「お姉ちゃん、私、これギャン好いとる!」
と、鹿児島独特の甘~い三杯酢をたっぷり焼きソバにかけながら
またしてもヒロチャンがギャンギャン言うのでした(笑)

そして、
海沿いから見た桜島噴火に弟夫妻、
「うわぁ!ギャンすごか!」
って興奮しながら、ばいばーい!
大牟田に帰っていったのでした。
f0189867_23325173.jpg



楽しかったのか、なんなのか、
とにもかくにも大牟田弁で最上級の「ギャン」が百回くらい聞けたから
まぁ~ヨシとしようか(爆)

鹿児島、私の身内にも好評なようです!

by snapdragon0791 | 2012-03-01 23:48 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(4)
2012年 02月 01日
コーンスプラウト
先日、
鹿児島の高級宿「指宿白水館」の敷地内にある
イタリアン『フェニーチェ』でこのような前菜をいただきました。
f0189867_0501582.jpg

この上にのっかってる黄色い葉っぱみたいのわかりますか?
これ、
コーンスプラウトといいます。

生まれて初めて食べました。

噛んでみると、最初は
ん???なんだか青臭くて苦~い。

あれあれ!?甘くなってきた~。

うわぁ~こりゃトウモロコシの味やん(驚)☆

口の中で起こる味覚の変化がめちゃめちゃ楽しい!

スプラウトとは新芽野菜の総称です。

最近はいろいろ出回っていますよね。
私たちが昔から口にしてるモヤシもスプラウトの一種。
カイワレをはじめ、
ブロッコリースプラウト、マスタードスプラウト、豆苗、ソバの芽、、、
このあたりは我が家の近所のスーパーでも見かける位に身近です。

スプラウトって、みんなヒョロヒョロ~ポッチンってスタイル(笑)
f0189867_1375927.jpg

こんな頼りなげなオチビちゃん達にどんな栄養があるっていうんでしょう。

興味がわいて少し調べてみると、
種類によって栄養素もさまざまのようですが、
デトックス効果、がん予防、アンチエイジング、整腸作用、血液サラサラなど
オチビちゃんたち、とにかく良いこと尽くめの優良選手。

どうやら発芽の環境が栄養素UPに大きく関係してるようですが
詳しく読むのは今日はやめときました。

とにかく身体にいいのね。

これからはもっとサラダに取り入れよう!
そう思ったKANAなのでした。。。

あ、リストランテ「フェニーチェ」は東京広尾の名店「アクアパッツァ」の系列。
九州初出店だそう。
私がいただいたのはランチでしたが美味しかったですよ。

f0189867_1172949.jpg

ワインもね(笑)





by snapdragon0791 | 2012-02-01 01:20 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(4)
2012年 01月 30日
釜蓋神社
パワースポットとして
全国的にもすっかり有名になった『釜蓋神社(かまふたじんじゃ)』。
(ホントの名前は射楯兵主神社(いたてつわものぬしじんじゃ))
鹿児島県の頴娃町にあります。

昨年私らが初めて訪れた時にはガラガラガラーンだったのに
(そのときの記事はこちら→クリック
たった一年で専用駐車場まで出来てた(驚)

私たち、この釜蓋神社で今年三社目。
かなりノロマな三社参り完了(笑)

今年はお天気に恵まれ海岸沿い参道からの景色も最高!
f0189867_1447022.jpg

おぉーぎょうさん人がおる!
f0189867_1447231.jpg

風もなく絶好の釜蓋日和。
なぜ釜蓋日和かって?
それはね、、、

これこれ!
f0189867_1448957.jpg

鳥居の前からお釜の蓋(わりと重い!)を頭上にのっけて賽銭箱の前まで。
昨年は極寒で風がビョービョー吹いてましたからねぇ~
今年も多少ドキドキしましたが無事落とさず到着♪
なぜか皆私を見て笑ってないかい!?
f0189867_14504465.jpg


恒例の龍の絵を撮影し、
f0189867_1451513.jpg

アベックたちはキャッキャいいながら、このお釜にミニ釜蓋を投げ入れてました。
見事入れば願いが叶うそうな。(宮崎鵜戸神宮の運玉と同じですね)
f0189867_14553915.jpg


そして今年もお参りの後は神社裏でひとやすみ。
開聞岳(薩摩富士)がクッキリ姿をあらわしてます。
釜蓋型ベンチも健在(笑)
f0189867_14532514.jpg

いつのまにかシャモジ型ベンチも増えてるやーん(爆)
f0189867_14535172.jpg


そういえば、
年配の女性が「うわーここ、なんかビリビリくるー!」と叫んでました。

残念ながら鈍感な私はパワースポットと呼ばれる場所にいても
毎度なーんも感じません。
「ここなんか気持ち悪っ」って場所はわかるんですけどねぇ。

ただ、この釜蓋神社がぐるり美しい海に囲まれ、
まるで禊ぎを終えたかのようにとっても清々しい気分で
お参りできる神社だってことは間違いなく感じます。

参拝した芸能人のサインも随分と増えてました(笑)
一般ピープルも自分の名刺を貼り付けて帰ります。
(そういえば我が夫も貼っておりましたw)

みなさんも機会があれば
一度いかれてみてはいかがでしょうか。

by snapdragon0791 | 2012-01-30 15:08 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(8)