カテゴリ:お料理しよう( 88 )

2013年 07月 01日
キーマカレー
夏になると無性に食べたくなる。
キーマカレー』。

f0189867_20312948.jpg


MY畑で収穫した玉ねぎとトマト(+トマト水煮缶)を煮詰めた自家製トマトソース。
夏の万能選手です。
パスタソースに使った余りをストックしといて『キーマカレー』に。

今回はニンニクみじん、ショウガみじん、唐辛子小口、
ひき肉、ジャガイモ小さな角切り(これも畑の収穫物)、
カレー粉をフライパンで炒めて
自家製トマトソースを投入。しばし煮込む。

そんだけ。

私は隠し味に
ウスターソースや味噌、醤油、ケチャップ、コンソメ、ナンプラー、バター・・・
その日の気分で組み合わせ、ほんの少~し加えてコクを出します。

案外何でも合うから驚きです。
カレーって許容範囲広い(笑)

by snapdragon0791 | 2013-07-01 20:44 | お料理しよう | Trackback | Comments(5)
2013年 06月 26日
雨の日の仕事
福岡、朝からどしゃぶり。

そんな日はこもって机上のお仕事、、、

と思っても

人間の集中力はそう長く続かない(^_^;)

そんなときは保存食作りに気合いが入ります。

といっても

この雨の中、外出したくない(-_-;)

家にあるものでなんかできないかとキッチン見渡せば
今日は果物がいくつかあった。

で、TV見ながら皮むいて(笑)

ほんの1時間もかからず作れてしまう
りんごジャム』と
甘夏とレーズンのはちみつ漬け』。
f0189867_12104895.jpg


りんごジャム』は
皮むいたリンゴをスライスしてほんの少しのお水とレモン汁、きび糖入れて
短時間coto-coto煮ただけ。

甘夏とレーズンのはちみつ漬け』は
大雑把にペディナイフで甘夏の果肉をとりだし(種は取り除く)、
レーズンと合わせ瓶に入れ、上から蜂蜜たっぷりと料理用ラム酒を少々、
軽くshaka-shakaしただけ。

いずれも瓶は煮沸が面倒だったので
冷凍庫に常備のウォッカで拭き消毒(^.^)
※梅雨の時期は特に消毒は必須デス。

朝食のヨーグルトやパンにのせれば
あっちゅうまに食べちゃいます。
※特に火を入れていない甘夏の方は2~3日で消費。

この甘夏漬け、酸っぱいのが苦手な夫にも大好評です。
f0189867_1218271.jpg

アイスにのっけたりなんかしても美味しい。

無農薬栽培の甘夏だったので皮も捨てないよー
f0189867_12183958.jpg

いわゆる陳皮ですが、
一部はいまザルにのっけて乾燥中。
写真のものは生のままの皮を千切りと大きいのに分けて冷凍。

お吸い物に浮かべたり、つけ麺のつゆの薬味にしたり、
1年中、非常に役に立ちます。
しかも冷凍すると香りも数倍たちます。
(柚子の季節も同様に皮を冷凍してます)

リンゴと甘夏の香りに包まれフフフンフン♪と鼻歌まじり。
なんともアロマ~なモーニングタイムに大満足。

そうこうしてたら
雨も止んだ。。。

by snapdragon0791 | 2013-06-26 12:32 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 18日
かわいい西洋野菜
お土産でいただきました♪
ありがとうございますm(__)m
f0189867_12265643.jpg



近年、
こうした西洋野菜も日本各地で栽培されるようになり
私たちも手に入れやすくなりました。


コリンキー
せっかくだから半分は生でサラダに混ぜてみよう。
もう半分は最近ハマってる糠床に埋没させて。。。
ウッシッシ☆どんな味わいになるのか楽しみです。

ハロウィンでもおなじみのプッチーニ
かわいいから形をいかしてプチグラタンに。

丸ズッキーニ
軽くソテーして。

って感じでしょうか(*^_^*)

by snapdragon0791 | 2013-06-18 12:54 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 07日
BLT sandwich
ベーコン(bacon)
レタス(lettuce)
トマト(tomato)

頭文字をとってBLTサンド

その昔、英会話の授業で初めてこのBLTサンドなるモノを知った。
当時「なぁんてかっこいい響きのサンドイッチだろう☆」と思ったんですよねぇ。

いまじゃね、
AKBだのMK5だの(ちょっと違う?)省略語がうじゃうじゃ氾濫しておりますが。

レタスはもちろん先日自分の畑で収穫したもの。

そして
通常のBLTにプラス目玉焼きも一緒に挟み込みました。
焼き方はターンオーバーのミディアムで(*^。^*)

f0189867_23411093.jpg


シャクッとレタスの食感に
「おぉぉ~これよ!コレコレ!」
と、悦に入ってる場合ではない。
間髪入れず、とろーり黄味があふれ出す。
「おっとっと(汗)」
急いでふたくち目。
カリっと焼いたベーコンと甘い元岡産トマトのスライスもいい仕事してます。

調理も簡単でごくごくシンプルなサンドイッチですが、
そこはかとなく、アメリカーンな気分になれる朝食メニューなのです。

この季節、ベランダの新緑の下でBLTブランチなんて最高です。。。

by snapdragon0791 | 2013-06-07 23:52 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 31日
しそジュースちゃん
久々の二日酔い、、、

やっぱり
空きっ腹に冷えた日本酒グビグビはやっちゃいかん(^_^;)

午前の友達との待ち合わせまでに
この頭クラクラをなおさねばっ<(`^´)>

朝からお水ガブのみ。
お味噌汁とゴハン。
梅干しも食べた。

あとはコレコレ~

自家製『しそジュース』!!!!!
f0189867_847171.jpg


冷蔵庫の奥~のほうに追いやられてた。

昨年の秋、今年最後のしそジュースになるな~と張り切って
(だいたい梅雨から夏場に赤シソが出回ります)
オーガニック葉とちょっといいお酢、きび糖なんぞも使って作ったのに
こんな二日酔いの朝くらいにしか思い出してもらえない、、、

ごっ、ごめんよぉ~しそジュースちゃん(>_<)

f0189867_850408.jpg


半年以上経ってるけど大丈夫だろうか、、、

うっ、うまぁーい☆
ぐびぐびイケちゃう。

ん?ぐびぐび?グビグビ?
どっかできいたよな、、、
あー空きっ腹に日本酒はやっちゃいかん。

せっかくなんで
しそジュースの作り方をちょちょっと。

私は毎年大量に作り、親などに配ります。
とはいえ、ここでは少量レシピを。

<1リットルの出来上がり>
①鍋に1リットル強の水をいれ沸騰させる。
②よく洗ったシソ葉200g位を投入(葉を摘み取った分量ね)
③5分ほど煮出す。(赤かった葉が緑に変わるよ)
④シソ葉をザルでこす。
⑤煮出したジュースを再度鍋にかけ砂糖300gを加え溶かす。
⑥砂糖が溶けた頃、米酢200ml位を加え火を止める。
(酢を加えると鮮やかな赤に発色するよ)
⑦粗熱がとれたら煮沸消毒した瓶に詰める。
※酢や砂糖の分量はお好みで。
※酢は黒酢を少量MIXさせたり、砂糖はきび糖にしたり。

私は砂糖の量を控え目にしてますが、
だいたいシソ葉の倍量を目安に加えておけば長期保存も可能。

夏場はソーダ割りにすると爽快で美味しいです。


さ、本日もエンジン始動~!

by snapdragon0791 | 2013-05-31 09:13 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 25日
あまおうジャム
みんな大好きイチゴちゃん。

旬をむかえ、
露地物がたくさん出回る季節となりました。

福岡が誇る「あまおう」も
粒が小さかったり不揃いなものであれば
と~っても安価で手に入れることができます。
(地元福岡ならではなのかな?)

私が昨日立ち寄った産直市でも1パック250円で売っていましたよ。
傷みも早いイチゴですのでひとまず2パック買いました。

今回はジャムにしよう!

だいたい1瓶500円~で販売されている『あまおうジャム』も
家でつくれば安心安全なうえ贅沢に出来ちゃう。

じゃじゃーん。
f0189867_12532094.jpg

数年前、山形屋デパート(宮崎)のバーゲンで買った
DANSKのホーロー鍋」がジャム作りで毎度大活躍。
(なぁんとこれ定価1万円程するのが2500円だったんです!)

イチゴをやさしく洗い、ヘタをとり、水気をきります。

鍋にイチゴをゴロゴロゴロっと投入し、
喜界島(鹿児島)のきび糖」をザックザックとまぶします。
ざらめの結晶がキラキラ宝石みたいでしょう♪
f0189867_12561310.jpg

グラニュー糖を使うよりも
ずっとミネラル豊富で、コクと風味が増します。

1時間程放置すればイチゴから水分がジュワーっとでてる。
(私はお水は足しません)
そのまま弱めの中火にかけて

コトコト
コトコト

コトコト
コトコト

数回アクをすくったあとは鍋まかせ。

煮詰める間に
ネット通販でお買い物。

くんくん
くんくん

「んん~イチゴの甘い香りがするぅ~」

なぁんてうっとりしてたら

「がちょーん(>_<)」

煮詰めすぎました。
ちょっとした水あめ状態になっちゃいましたが
かろうじてセーフ(^_^;)

きび糖使ってるから
いわゆるイチゴ風味の「黒蜜」っぽい仕上がり(笑)

気を取り直して
あまおう喜界島のきび糖(*^。^*)
贅沢イチゴジャムの完成でーす☆
f0189867_14304541.jpg

※煮詰めすぎたもんで今回は大瓶二つとれなかった(泣)

我が家では
パンにヨーグルトにチーズに・・・
と、ジャム消費率が相当高い。

だからこの「あまおうジャム(水あめ?)」も
あっちゅうまになくなることでしょう(^_^;)

by snapdragon0791 | 2013-03-25 14:42 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)
2013年 03月 13日
昆布様スープ
ここ最近、
いまさらながら昆布サマの素晴らしさに脱帽の日々。

とろろ昆布、昆布茶、塩昆布・・・
なかでも昆布からとる『昆布だし』サイコー★

これまでも当たり前のように加えていた出汁昆布。
少し大きめのままペローンと一枚投入していた。

ところが、
今年に入って我が家のマイブームは
料理用ハサミでチョキチョキチョキチョキ♪
細切りにして加える。

これ、
私の実家“大牟田雑煮”のダシのとり方からヒントを得たんです。
(実家のお雑煮は鶏ガラスープにスルメと昆布を細切りにして加え出汁をとります)

ティカシも
「旨いなぁ~やっぱ手間暇かけると違うね~」
と、ワカッタ風に絶賛。

ハサミで切っただけなんですけど。
手間暇まったくかけておりまっしぇん(笑)

これまでも昆布は加えてたんだけどなぁ(^_^;)
やはり細切りすることによって
うま味成分」グルタミン酸の出方がUPするようですね。

カツオ・いりこ・干し椎茸など
その日の気分で昆布の“相棒”をチョイス。

そこに根菜類やベーコン、塩麹に漬けといた鶏肉(※)など、
具の組み合わせは自由♪
とにかくお出汁さえしっかりとれていれば
どんな具材でも味がキマリます。
二日目にはコンソメ・薄口醤油・カレーなどでスープ自体に変化をつけます。

なんといても細切りしてるから昆布自体も入れっぱなしで食べることができます。
無駄なしっ(^^)v

※塩麹漬けしておいた鶏肉や豚肉を加えると
旨味+旨味=まるで旨味成分の宝箱や~


我が家
ほぼ毎日このスープ飲んでるけど飽きない。
f0189867_9382912.jpg

名付けて『昆布様スープ』!


そうそう、朝食なんかの時は
これに「とろけるチーズ」をのせたりします。
バゲットをひたして食べればもう気分はトレビア~ン(^^)v

昆布サマは今日も食器棚の上から見守ってくれてます。
f0189867_1013340.jpg

ちなみに毎日使うものだから高価なモノは買ってません。
出汁もとれてそのまま食べることを考えると日高昆布あたりがオススメかな(^.^)
(横の白いかたまりは以前紹介した吉野本葛
これでスープにトロミをつけることもあるよ。)

ここんとこ買い物にいけば
フフフンフーン♪と、おいしそうな昆布を探してしまう私。
カンペキ『昆布サマ教』の信者と化しております(爆)

日本が生んだ「うま味成分」バンザーイ!ですね。

by snapdragon0791 | 2013-03-13 10:13 | お料理しよう | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 24日
豚軟骨の味噌煮
たまらーん(#^.^#)

とろっとろ!
ぷるーんぷるん。

f0189867_11485667.jpg


たっぷり身もついた豚軟骨を1キロ!(←今回は大量)
ゴボウと一緒に味噌煮にしました。

圧力鍋で40分。
あっちゅうまにできます。

これ、夫ティカシの大好物でして。
毎度ウマイウマイとパクパク食べます。

めっちゃ簡単簡単。

まずは軟骨の下茹でします。
①軟骨とシロネギの青い部分をポンと鍋に入れ、しっかりかぶる位の水を注ぎ火を入れる。
②グツグツしてきたら火を弱め、ひたすらアクをすくう。(←これ大事な作業よ)
③20~30分ほどゆでたら、ザルにあげてネギを除く。
④ぬるま湯で軟骨についたアクを洗い流す。

下茹でしてる間に煮汁をつくります。
①(軟骨1キロに対して)水3カップ、酒大さじ7、味噌大さじ7、醤油大さじ1、
砂糖大さじ5、みりん大さじ5くらいをよく混ぜ合わせる。
②生姜のスライスをたっぷりと、下茹でした軟骨を圧力鍋に入れる。
③①の煮汁を加える。
④圧力鍋ON!圧がかかってから約30分~40分で出来上がり。
※調味料は味噌の種類で加減する
※圧力鍋によって時間は調節する
※生姜をニンニクに変えてもガツンとくる味噌煮になっておいしいよ。

私はこれに
ゴボウや人参、大根、こんにゃく、茹で卵など、
そのときあるものを加えて煮ます。
※その材料によって煮汁の量も調節してね。

白髪ネギのっけて、和辛子ちょちょっとつけて、
ビールや赤ワインに合います♪

我が家ではおでんのスジの代わりに使ったりもしますが
これがまたよく出汁がでて美味しい♪
牛筋より安価ですし(^^)v


おためしあれ~

by snapdragon0791 | 2013-01-24 12:19 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 19日
ゆず茶
奥さん、なあんと
柚子が一袋で100円台!
出血大サービスよ~!もってけもってけ!

という、
柚子が大好きな私にとって
有難く嬉し~い季節です。

タイミングよく
初詣にてめでたく末吉でゲットした
霊験あらたかなシュガーがありまして。
f0189867_11242241.jpg


珈琲はブラック派の我が家。
昨年のとあわせて2箱水屋に眠ってました。

これに「きび糖」「はちみつ」を合わせ
まぜまぜ。

f0189867_11273836.jpg


ホッと冬のビタミン補給。。。

by snapdragon0791 | 2013-01-19 11:43 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 05日
乾燥。
寒くなりましたねぇ~

ともすれば、やってきますねー乾燥の季節。

そのせいか私のおでこにも大人ニキビがポツポツ。
え?吹き出物だろって?
いえ、お・と・な・ニ・キ・ビです。ぷんっ。

ネットで“大人ニキビ”検索したら
「男性ホルモンの活発化」とあった、、、
複雑な心境だ(-_-;)


でもね、乾燥させるといいこともあるのだ。

最近、キノコ類や野菜の天日干しに凝ってます。
f0189867_13435312.jpg

いつかTVでやってて、早速「干し籠」をAmazonでお取り寄せ。
コールマンのアウトドア用で1000円弱ですよー安いっ。
大活躍です!
f0189867_134827100.jpg

エノキ茸なんか、
まるで“スルメ”のような香りと深い味わいに変化するんですよ。
瓶に入れて乾燥剤を放り込んどけば日もちもする。
お味噌汁の具や炊き込みご飯、いろんなものに使えます。

ニンジンやらたけのこは結構カビがきやすいようです。
早めに使い切るのがよいよい。

なかなか楽しい乾燥野菜。
おためしあれ♪

by snapdragon0791 | 2012-11-05 13:59 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)