カテゴリ:お料理しよう( 89 )

2015年 03月 30日
めかぶのもろみ和え
週末、ティカシの両親が島から
泊まりにきてました。

うちにくるときはいつも両手いっぱい
旬の海の幸を抱えてきてくれます。

今回はとろっとろネバネバ「メカブのもろみ和え」。
f0189867_13513846.jpg

そう!フコイダンたっぷり!
旬のメカブです!

義母はネカブと呼びますが、
どちらもアリのようですね。

義父が漁師ですから獲れたてのメカブが手に入ります。
それを義母がサッと湯通しし、ザクザクと刻み粘りを出します。
※この時点で冷凍保存も可。
そこにこだわりの?もろみを加え和えたら出来上がり。

といっても、
私は毎年いただくだけで自分で作ったことはないのです(^_^;)

ほかほか炊きたての白ごはんに
のっけて食べれば頬っぺた落ちます。

by snapdragon0791 | 2015-03-30 14:06 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 10日
ひさびさの・・・
先日友人から開いたアジをいただいたのでベランダで一夜干し。

最初に魚は軽く振り塩してペーパーで巻き巻き&ラップ、冷蔵庫で寝かせます。
臭みが出たところでサッと酒(水)で洗い、水気をよーくふき取る。
あとはもっかいちょちょっと塩を振って干しただけ。

Coleman(コールマン)の三段カゴ、確か1000円位でしたよ。
めちゃめちゃつかえます!

ついでに上二段に大根とリンゴもスライス干し。
ひさびさのドライベジフルです。
f0189867_124638100.jpg

干してる間、半平太もクンクン嗅いで落ち着きません(笑)

干すこと約1日半。

自家製の切り干し大根は白くてふわふわ♪
そのまま食べてもシャキシャキ噛めて
甘味がぐぐーんと増してます。
f0189867_12232756.jpg


リンゴだってあの甘酸っぱ~い蜜の味が
100倍UP!?ってな位に濃縮されて感じます。
小腹がすいたらポリポリってね、美味しい♪
あっちゅうまに減っちゃって、瓶は空っぽ間近。
f0189867_12261635.jpg


おいらも大好物なんだ。
f0189867_12281033.jpg


旨味と栄養価をUPさせる
お日様のチカラってホントすごいですね♪

by snapdragon0791 | 2015-02-10 12:37 | お料理しよう | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 26日
こっぱの煮つけ
こっぱ』。

聞いたことありますか?

夫の実家(福岡の離島です)では
魚をさばいたあとに残る
頭、エラ、骨の周りについた身、
つまり「アラ」のことを『こっぱ』と呼びます。
※魚の種類のアラ(クエ)じゃないですよ。

漢字にするときっと「木っ端(こっぱ)」でしょうか。

実は魚ってこの『こっぱ』が一番おいしい。

よく動かすヒレのまわりの肉は筋肉質でしっかり絞まってる。
(えんがわが有名ですね!)
頭には目玉の周りにゼラチン質(コラーゲン)たっぷりだし、
脂のりのりのカマの部分は塩焼きなんかにしたら、酒の肴にぴったり。
お肉もそうですが、骨の周りの肉って旨味凝縮なんですよね。

お煮つけにしたり、塩焼きにしたり、
味噌汁やお吸い物にしたり。

今回夫の実家からとっても大きなスズキをもらったので
(夫の父は漁師です♪)
身は刺身、ムニエル、お鍋、と大いに堪能して、
残った『こっぱ』はお煮つけにしてみました。

f0189867_15115719.jpg


少し濃い目に甘辛~く。
香りの高い新ゴボウは皮つきで一緒に煮ましたよ。

なかなかおいしかったです。
こんなときやっぱり日本人だなぁと思うのです(^^)


☆今回使用した器は砥部焼
【梅山窯】8寸切立丸皿(ごす菊)です。
近いうちに「砥部工房からくさ」さんより発売予定でーす。

by snapdragon0791 | 2015-01-26 15:25 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 05日
原木椎茸にヌエボと八丁味噌。
カテゴリを「お料理しよう」にしてもいいものか
悩むくらいに素焼きしただけの原木椎茸(笑)

友人から頂いたものです。

キノコ類、大~好き。
夫が新年会の今夜、私が独り占めです。

直径10センチ超のふっくら肉厚椎茸!
こりゃあ素焼きで素材のうま味をまんま頂くのが一番♪

和と洋、二度おいしいコースで。ムフフ。

まずは「和」から。
自家製の田楽味噌をたーっぷり塗って
炒り胡麻を指で軽くつぶし半摺りでふりかける。
f0189867_18261729.jpg


この自家製の田楽味噌、
名古屋の友人から頂いたカクキューの『八丁味噌』を使用しました。
f0189867_181825.jpg

八丁味噌、砂糖、酒、みりんを煮詰めるだけで簡単にできますよ。
※カクキューさんHPのレシピどおりに。

もう一皿はゲランドの塩とエキストラバージンオリーブオイルのヌエボをかけて。
f0189867_1827231.jpg


ヌエボとは???
ヌーボーと言えばピンと来る方も多いのでは?
そう、ワイン新酒のボージョレヌーボー同様に
初摘み(一番搾り)極上オリーブオイルのことなんです。

この我が家のヌエボは通販サイトすこやか工房さんの
予約販売で購入させてもらい12月下旬に到着したばかり。
スペイン産です。
f0189867_18273516.jpg

昨年のスペインは干ばつによりオリーブの収穫量が少ないと聞いていましたが、
(私が昨年夏スペイン旅行した時も確かにオリーブ畑カラカラに乾いて見えました)
ヌエボのお味は大変良好!!!!!

美しいグリーンのオイル。
鼻腔をくすぐるあおーい青い果実のフレッシュ香、
喉を通る瞬間のわずかなピリッ辛、
さらっとしていてジュースのように飲めちゃう。

って、調子こいて、
ここ数日夫婦してバゲットやら温野菜やらに
椀飯振舞にドボドボかけて食べてました。

しかし、今日私は気づきました、、、気づいてしまいました、、、
瓶底の深いブラックホールに、、、ぎゃああああ~
f0189867_1851178.jpg

(もっとはよ気付けよって感じですねwww)

このヌエボ、ノンフィルター製法で瓶詰されるため
濁(おり)が沈殿するんですよね。
これもワインと一緒ね。

だから、メーカーさんがケチってるわけではなく
ちゃんと理に適ったボトリングされてるわけです。ハイ(笑)

夫ティカシはまだこのブラックホールに気付いてない、、、
年に一度の希少なオイル。180gで2800円。
大事にいただきたいもんです。
(でもフレッシュさがウリだからそう長くも置いとけないのよねぇ)

大きくて肉厚の原木椎茸
極上のヌエボオイル
八丁味噌で作った田楽味噌

大変おいしゅうございました~

by snapdragon0791 | 2015-01-05 19:01 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 12日
ガリ!ガリ!ガリ!
このブログでも100回くらい書いたけど
私とにかくガリが好き~!!!!!

新生姜の季節。

どこぞやのお国の着色料や保存料バリバリのは嫌だし
お寿司屋さんにもそうしょっちゅうは行けない。

つくれば安心安全低コスト。

f0189867_13502555.jpg


新生姜はこの量(500g強)で370円でした。
お酢は千鳥酢、
お砂糖類は蜂蜜、きび糖、白糖、氷砂糖のMIX。
※お砂糖が足りず急きょ氷砂糖で代用。

漬けたてはまだピリピリ若ガリ。
1週間ほど経てまろやか熟ガリ。
楽しみです♪

by snapdragon0791 | 2014-09-12 13:53 | お料理しよう | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 04日
uchi-meshi
家でゆっくりがいい。

年齢のせいか
最近はウチメシでお祝いが多くなりました。

ティカシどの、51歳の誕生日。
f0189867_10551025.jpg


手の込んだ料理はしませんでしたが
本人のリクエスト「スペインの想いで」を織り交ぜつつバル風に(笑)
f0189867_1102171.jpg


これは、、、
f0189867_1114593.jpg

これの再現。
http://kimakana.exblog.jp/22700743/
「パンコントマテのアンチョビのせ」
パンの断面にニンニクとトマトを塗り込み、
刻んだトマトをの少し塩コショウ、オリーブオイルをたっぷり。
スペインで食べたとき、少し甘みを感じた覚えがあったので
少量のハチミツをオリーブオイルに混ぜました。
カリカリっと焼いたらアンチョビフィレをのっけて追いオリーブ。
※このアンチョビはイタリア土産で頂いた本場直送もんです♪

これは、、、
f0189867_11137.jpg

これの再現。
http://kimakana.exblog.jp/22716238/
「フライドポテトの生ハム&目玉焼きのっけ」
なんともジャンキーなこの料理、
スペインで食べてティカシ殿たいそうお気に召したご様子。
カリカリあつあつのフライドポテトに生ハムの濃厚な塩気、
とろ~り半熟卵を崩せばまろやかに。
※この生ハムもイタリア土産。

ビールもいいけどやっぱり
シャンパンと同じ製法でつくられるスペインのCAVA(カヴァ)。
少し荒っぽい泡がのど越し爽やかで美味しい!!
f0189867_11115850.jpg

f0189867_11353294.jpg


そして!大事にとっておいたキャビア登場!
f0189867_1139932.jpg

「サーモンタルタルのキャビアのせ」

こうなりゃもうガンガン「のせ」料理や~(笑)
f0189867_11392568.jpg

生サーモンの柵を小さく切り、ビネガー、ハーブ塩、コショウ、サワークリームであえる。
クラッカーにのせたらトッピングにキャビア様☆
全粒粉のバゲットなんかにのせてもきっと美味ですね。
※このキャビアもお土産でいただいたもの。

スナック系のメニューばかりでは申し訳ない。
と、魚料理は「鯛のポワレ・レモンバターソース」
f0189867_11425192.jpg

鯛の切り身に小麦粉はたき、カリッカリにソテー。
取り出したフライパンにレモン果汁、バター、粒マスタード、蜂蜜を投入し
少し煮詰めてソースに。
添えたのは畑で獲れたジャガイモを軽くマッシュしたもの。
このジャガイモに甘酸っぱいソースがしみてこれまた美味なんです。

肉料理「鹿児島牛ステーキ・バルサミコと巨峰のソース」
f0189867_11453298.jpg

お肉を焼いたフライパンで半分に切り種を抜いた巨峰を皮ごとソテー。
そこに8年物バルサミコ酢、醤油を加えフツフツっとしたらソースの出来上がり。
これにバターを加えるとさらに濃厚になりますが、
魚のソースで使ったのでお肉にはあっさりめで。
これについては熟成バルサミコ様がすべてをまとめてくれた感じです。
バルサミコのとろみと甘さで蜂蜜いらず。
※このバルサミコもイタリア土産。感激!

もりもり食べてたら
デザートのピスタチオアイスまでたどり着かず、、、

51歳になっても変わらずいつものようにティカシはソファで眠りにつき。
気が付けばまたひとりで飲んでる私がいた、、、(^_^;)

最近は眼鏡をオデコまでずりあげ、新聞を遠~くに離して読んでるティカシさん。
これからもとにかく元気ハツラツ、お仕事がんばって稼いでください(笑)

f0189867_1215063.jpg

これこの日のメニュー表。ぷぷ。
今回のお料理はいただきものの高級食材サマサマでした。
T家に感謝です。

by snapdragon0791 | 2014-09-04 12:00 | お料理しよう | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 26日
新物かなぎちりめん
新物シールみると手に取らずにはいられない。
かなぎちりめん』。

f0189867_1693147.jpg


九州で『かなぎ』と呼ばれるこの魚ですが
正式名は『いかなご』です。

近所の八百屋のおじちゃんが
「こ―れ―はウマイよぉ―――――!!!!!」
と、力込めて長音符(「―」)使いまくりでオススメするから買ってみた。

こういった珍味系に目がない私。
家についてすぐに開封。
ひとつまみ頬張ってみた。

うわっ、確かに☆
こ―れ―は激ウマだ――――――!!!!!
(うん、確かに長音符使って叫びたくなるわ)

こんなにチビっ子なのに
しっかり脂がのっててか―な―り濃厚。

f0189867_16173013.jpg


口に広がるその凝縮した旨味ときたらっ。
なんだかジューシーな焼き魚一尾食べたよな妄想に浸れます。

以前、関西出身の友人の“おかん”から
これを「釘煮(くぎに)」にしたのを頂いたことがあります。

生姜と一緒に甘辛く佃煮状に煮たそのお味もかなりイケましたが
今回食べたこの“まんま”の美味しさを知っちゃうと
味付けるのがもったいない気すらします。

普段食べてる“イワシのちりめんじゃこ”とは味が全然違うんですよ。

今日のお昼は春キャベツ、菜の花、生ハムと一緒にパスタに。
撮影用にと作ったものなので終了後冷めてからいただいたわけですが
それはそれはおいしかった(*^。^*)
ワインもね(笑)
f0189867_1618108.jpg


この時期しか食べれない旬のお味、ぜひお試しあれ~

ちなみに近所の八百屋さんで一袋350円(たぶん150g位)でした。

by snapdragon0791 | 2014-03-26 16:19 | お料理しよう | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 20日
生ひじき。
ひじき』が旬です!
生ひじきが出回る季節になりました♪

私、海藻類好きなんですよね~

乾燥ヒジキをもどしたシャキシャキ食感もいいけれど
フワフワプチプチの『生ひじき』はたまりません。
この時期しか食べれない自然の恵みねん(^^)

旬のものは何せ安い!
1パック98円で買えました。

サラダにしたりゴハンと一緒に炊き込んだり・・・
いろいろ楽しめますが。

でもやっぱりコレでしょう。
f0189867_9413054.jpg

ひじきと大豆の煮物

ゴマ油で人参ジャーっと炒め
生ひじきと大豆を加えチャチャっと炒め合わせ
(生ひじきは炒めすぎてはダメダメよ)
南関揚げをパリパリと割り入れ
酒、ほんの少しの出汁汁、醤油、みりん(砂糖)で味付け。
煮汁が飛ぶまで手早く炒め煮。

ものの20分ほどで出来上がり。
多めに作って冷凍しとけば常備菜としても大活躍ね。

生姜の千切りたっぷり入れてもピリリと美味です。
ちくわやさつま揚げ等の練り物加えると出汁代わりなってコクがでる。

煮過ぎないことだけ(食感なくなりますから)
気を付ければ誰でも簡単。

和食ばんざーい!です。

by snapdragon0791 | 2014-03-20 09:49 | お料理しよう | Trackback | Comments(1)
2014年 03月 05日
さば味噌定食
点々と散らしたソース。
上からみればまるでフレンチ・・・みたくない?
f0189867_122068.jpg


でも横から見ると・・・
f0189867_1222847.jpg


まだわからん。

いくら好きだからって糸唐辛子のっけすぎたか。

そっととってみた。

まだ少しくっついとるで。
f0189867_1295555.jpg


薄切り生姜もよけてみた。
(私は魚煮るとき生姜を薄切りと千切り(最後に飾る用)の二種類いれます)

おぉその全容があきらかに・・・
f0189867_12122095.jpg


そ、ひっぱってみましたが
ただの「さばの味噌煮」です(笑)

サラリと粒のない味噌を使うと上品ですが
あたしゃ合わせ味噌(うちは決まってツル味噌)のプチプチ感が大好きです。
この写真に撮ったときのシズル感がもぉたまらんでしょう♪

これ、昨日の夕飯の残りもの。

しかし魚の切り身パックって何故か3切れ入りが多い。
「夫婦+一人っ子」って設定なんでしょうかね?
しかしうちの息子はドッグフードなもんで、、、(^_^;)

というわけで、これから
KANA亭のさば味噌定食いただきまーす♪

by snapdragon0791 | 2014-03-05 12:17 | お料理しよう | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 07日
真珠の貝柱
先日、夫の実家が玄界灘に浮かぶ離島というお話しましたが、
その「相島(あいのしま)」が最近ではミキモト社の“真珠養殖”で広く知られるようになりました。

その養殖、2007年から始まったばかりなのでまだほんの7年ほど。
なのに先日知り合った方に
「主人の実家は相島っていう小さな離島なんですよ。」と話したところ
「あー真珠養殖の島ですね。」と返ってきた!

正直ビックリでした。

これまでは釣りのメッカ、もしくは猫だらけのネコ島として
ごく一部のフリークにしか知られてなかったのに。

前置きが長くなりましたが、
先日法事で島に帰省したときに
両親からその「アコヤ貝(真珠貝)の貝柱」をもらいました。
私、小さい頃から貝柱が大好きなんです♪

有明海沿岸育ちだから「たいらぎ貝」はテッパンです。
ホタテ貝、アオガイ・・・どの貝柱もお酒のアテにすれば、たまりません(^^)

おっと、また脱線(汗)
そうそう、真珠貝の貝柱。
これは生まれて初めて食べます!!!!!
12月中旬から1月上旬のみ流通する、しかも限られた量しか獲れない
大変貴重な珍味らしいです。

果たしてそのお味は?

昨晩実食☆
半解凍状態の貝柱。細長三角形ですね。
f0189867_9452691.jpg


まずはそのまんまの味を。
塩焼きで食べましたよ。
しっかり弾力をもち、噛みしめるとほーんのりと苦味、
あの貝柱にしかない旨味がギュギュっとつまった
濃厚な味わいでしたね。

残りは白菜などの野菜と一緒にクリーム煮に。
いい~具合に貝柱エキスがスープに染みわたり。
これが生クリームや牛乳と合わさると、
まるで陸海の宝石箱やぁ~☆

今朝も残りをいただきました。
f0189867_9287100.jpg

この冬も取り寄せ冷凍しておいた野村農園の飛騨高山杵つき餅』の古代米餅
サイコロ状に切って投入。
f0189867_9373558.jpg

とろ~り食感♪腹持ちもよい。

真珠貝の貝柱、KANAり気に入りました☆
もうこの冬は手に入らないと思うと悲しい、、、

最後に。
ミキモトさんのHPより拝借しました。
相島での養殖のことが書いてあります。
↓ ↓ ↓
~離島の外洋性漁場での真珠養殖事業に挑戦~
2000年に福岡県の玄界灘にある離島、相島(あいのしま)で純国産の天然アコヤガイの稚貝が発見されました。これを機に、九州大学や福岡県、新宮町などとの連携・協力によって、2007年から日本で初めて外洋性漁場での天然アコヤガイを利用した真珠養殖事業に着手しました。純国産種の天然アコヤガイを保護し資源増殖すると共に、ゼロ・エミッション型の真珠養殖を実践し、良好な自然環境の保全に努めています。海の環境を守り、アコヤガイ資源を大切に育てることで、自然の恵みである高品質なアコヤ真珠を生産しています。


相島でとれる真珠はKANAり質がよいらしく高値だそう。

でも私、アクセサリーにはまったく興味ないのよねぇ、、、ざんねーん。

by snapdragon0791 | 2014-02-07 09:48 | お料理しよう | Trackback | Comments(4)