「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:佐賀・長崎スポット( 16 )

2014年 02月 18日
肥前浜宿『酒蔵通り』
f0189867_902522.jpg


太良町大浦が「もぐり発祥の地」とは知らなんだぁ~
でも最初にもぐった!って誰が証明するんだろ、、、(笑)

『蟹御殿』をチェックアウトし、国道をまた北上する。

南の島原方面まで足をのばし復路は“有明フェリー”って話もでましたが
この日はとにかく寒かった(>_<)!
小雪舞う中の島原観光にはイマイチ乗り気になれず
昨日通った陸路でまた大牟田まで帰ることに。
(半平太を大牟田の実家までお迎えに行かねば)

でも、せっかくだから帰り道で寄り道できるところをチョイス。

佐賀県鹿島市浜町にある
肥前浜宿酒蔵通り

昔ながらの酒蔵が軒を連ねるレトロで大変趣ある街並みでした。
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているそうですよ。

ちゅうことで、photoはセピアにしてみた。

しかーし!寒いから?平日だから?朝10時過ぎって早すぎた?
めぼしい観光ポイントは結構シャッター閉まってた(^_^;)

通り入り口の酒蔵見学から行きますかっ。

『肥前屋(ひぜんや)』さん。
峰松一清酒造場と光武酒造場の二つの蔵元で造られた清酒や焼酎が並ぶ。
f0189867_992146.jpg

f0189867_912989.jpg

日本酒の「金波」、焼酎なら「魔界への誘い」がよく知られていますね。
光武酒造場も同じ通りにあります。
f0189867_932233.jpg

「奥の昭和レトロの再現もぜひご覧ください」と案内されテクテク。
f0189867_936199.jpg

おぉ~こんなにいろいろ昭和グッズが残ってるなんて!すごい☆

んーしかし酒蔵はやっぱりサブイ(-_-;)
そそくさと見学。

どちらかというとこんな風景の方が私には魅力的♪
少し開いたドアから裏庭を覗き見。
f0189867_9372311.jpg

絞り袋でしょうか。昔ながらの酒造りがうかがえますね~


f0189867_940784.jpg

タンクもカッコイイ!

試飲も沢山ありましたが、この日の私はハンドルキーパー(>_<)

コレなら味見しなくても間違いなかろうと
大好きな純米吟醸の新酒を1本購入し肥前屋さんをあとに。

通りは人っ子一人いない。冷たーい風が通り抜けておりました。

お天気よくて温暖な気候だったらこの通りはさぞかし気持ちいいでしょね~
f0189867_9464673.jpg



f0189867_941976.jpg



酒蔵だけでなく江戸時代の宿場町だった名残が沢山。
f0189867_9471036.jpg



大好きな日本酒「鍋島(なべしま)」を造る冨久千代酒造さんまでもう少し!
ってとこでしたが、蔵では直販されていないとのこと。
寒さに負け敢え無く退散~。


酒蔵通りから少し離れた「浜庄津町浜金屋町」の茅葺屋根群もいい感じでしたよ。
(こちらも全宅雨戸がピシャっと閉められてましたけどね(^_^;))
f0189867_9525752.jpg



佐賀平野のふくよかなお米、多良岳山系のおいしい水、
酒造りにもってこいの町。
九州の酒もおおいに自慢できますっ(^^)v

by snapdragon0791 | 2014-02-18 09:59 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 06日
そういえば『平戸』いきました!
平戸

子供の頃、家族旅行で行ったきり。
九州にずっと住んでるのに
なかなか行かなかったスポットです。

「KANAさん、平戸の生月島いったことあります?
今度いきますよ。」
「えー!うちも行きたい!いくいく!」
先月、残暑厳しい休日、
S夫妻&H夫妻に便乗させてもらいました。

いやぁ~
たかが平戸。されど平戸。
えらく遠かった~

f0189867_20412479.jpg


その甲斐あって、素晴らしい景色を堪能できました☆
海!山!とにかく自然がいっぱいで気持ちいいったらっ!

川内峠』。
グリングリーン♪青空にぃは~小鳥が歌い~♪
ここは阿蘇!?って錯覚おこしそうな峠でした。
f0189867_19432281.jpg

我が車には常時フリスビーとキャッチボールセットがつんである。
子供もいないのに不思議と思われるだろうが
私ら夫婦は原っぱ見つけたら本気で「速い球」投げてキャッチボールするのだ(笑)
変な夫婦って?ほっといて~

フリスビーを皆でブーンブーン!
f0189867_19421187.jpg


テクテク。。。
猛暑の中、階段を登って頂上まで。
さとちゃん、たぶんバッタ見てるねコレ(笑)
f0189867_1946292.jpg

高台からクッキリ海が見えます。
「うわぁ~きれい☆」一同感激!
f0189867_19463018.jpg


平戸にいったらココは外せません
ザビエル記念教会』。
f0189867_19474388.jpg


脱帽。
おごぞかデス。。。
f0189867_19481899.jpg


お寺と教会を同時に眺めることができる石階段をテクテクくだり散策。
あーだこーだとお目当ての茶室『閑雲亭』を地図で探しております(笑)
f0189867_19525324.jpg


地元の方に時折尋ねながら。
f0189867_20112076.jpg


なんとか、松浦のお殿様の茶室がある『松浦史料博物館』に到着。
f0189867_1959418.jpg

茶室『閑雲亭』は扇風機もクーラーもない茅葺屋根の佇まい。
f0189867_20161951.jpg

何故か極暑にもかかわらず涼しく感じ、
お茶にあまり縁のない私ですら、と~っても落ち着く空間でした。
f0189867_1959427.jpg

んんんー?あの向こうからのぞいてる人ダレー(笑)RYO兄!

ま、
ほかにもウデ湯、アシ湯につかってみたり。
f0189867_20182647.jpg


この日大潮だった湾の魚をのぞいてみたり。
f0189867_20193070.jpg


本当にいろいろ楽しかったよ。
でもね。
でもね。

この日、平戸市街でお祭りが。
f0189867_2026931.jpg

ふと横をみれば
地元人に紛れていてもおかしくないこのお姿。
セニョーラかつ~こ!!
f0189867_2027172.jpg


やっぱりこのお方が最後はすべてをもってくのです(爆)

あ、また打ちながら思い出して笑いが止まらんくなってきた。
本当におきゃんな女性ですカッチャンは。

それから
福岡に戻って打ち上げ焼き鳥「富士」で
旅は幕を閉じたのでした~
f0189867_2029279.jpg


いいとこでした、平戸。

by snapdragon0791 | 2012-09-06 20:35 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(10)
2012年 07月 24日
グラバー園
ホテルモントレ長崎に戻り、チェックアウトを済ませまーす。
f0189867_11345987.jpg


ほんの少し移動して『大浦天主堂』と『グラバー園』へ。
修学旅行のテッパンコースですね!(^^)!

『大浦天主堂』。
正式名は「日本二十六聖殉教者天主堂」。
26人が処刑された西坂の丘を向いて建っています。
f0189867_11354818.jpg

聖堂内は撮影禁止。
日本最古のゴシック様式教会。
天井にかけてのアーチを見上げうっとり。
ステンドグラスを透し射し込む光が
なんともいえず悲しげで、それでいて厳かな色を放つ。

マリア様が見下ろすものは???
f0189867_122158.jpg


お次は
お隣の『グラバー園』へカニ歩き。

ナガサキですからね、平地はありません。
施設内もエスカレーターでブーン。
f0189867_1222228.jpg


ドックハウス。
造船所で船を修理中の間、乗組員が宿泊した施設だそう。
f0189867_12143497.jpg

f0189867_123250.jpg

長崎港を一望できるの。なんとも贅沢な宿泊所ですよねぇ~
f0189867_1281918.jpg


そしてメインのグラバーさんち。
素敵すぎるでしょう!どこぞやのカフェレストランみたい。
f0189867_1292257.jpg


雨の予報は見事に外れ、空、海、市街地を眺める丘からの景色は最高でした!
f0189867_1203130.jpg


by snapdragon0791 | 2012-07-24 12:12 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(5)
2012年 07月 24日
孔子廟
少しだけ観光もしてきました。


十九二十歳そこそこの学生時代、
たかが600円の入場料が惜しくて行けなかった『孔子廟(こうしびょう)』。
今回初入場~!
f0189867_1025443.jpg

温故知新
切磋琢磨
巧言令色
お馴染みの四字熟語も孔子やそのお弟子さんたちの言行録「論語」から。

それらの意味がやっと解りはじめたお年頃の今。
そう!今だから楽しめるスポットかもしれない『孔子廟』。

ズラリと並ぶ等身大の「72賢人」。
ひとりひとり名前が刻まれています。
f0189867_10281669.jpg

か~なりリアルです。
f0189867_10254469.jpg

yo-koもすっかりマブダチできた(笑)!?
f0189867_10255930.jpg

私もすっかりマブダチできたよ。
f0189867_1026631.jpg

一番気が合いそうな人はこの人。
会話してるみたいっしょ♪
f0189867_103492.jpg

両廡(りょうぶ)にはホンモノ大理石に刻まれた論語全文が!
f0189867_10354718.jpg

f0189867_1036159.jpg


そして、
敷地内には北京故宮博物院と提携している
なんと世界で唯一の常設博物館があります。

想像以上に楽しめる博物館で、
ウンウン、そうそう、と頷きたくなる儒教の“教え”が盛りだくさん。

書道好きのyo-koと私は書写コーナーで足止め。
“八徳”の中から私は「禮(れい)」の一文字をチョイス。
f0189867_1174243.jpg


最後に恒例の「乳鋲(ちびょう)」を撮影して。
(日本のお寺のしか撮ったことなかったけど、中国の門にもあるんだねぇ~)
f0189867_111625.jpg


朝からひとしきり楽しんで、
一行、12時チェックアウトのためにホテルに戻るのでした。

by snapdragon0791 | 2012-07-24 11:19 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 07日
七山温泉
5月3日、佐賀の七山温泉『ななのゆ』へ。

すんごい遠くまではきついしなぁ~
でも少しくらい離れてないとドライブした気になんないしなぁ~
そんなときココに行きます。

一般道でのんびりルートもよいけれど、
渋滞嫌いな夫と一緒のこの日はスイスイルートをチョイス。
都市高速→福岡前原道路(西九州道)→今宿バイパス→二丈浜玉道路、、、
f0189867_9165428.jpg

曇りだったけど、雨のあとの新緑が際立ってきれい!
f0189867_961022.jpg


唐津湾を高台から眺める二丈浜玉道路(かもめロード)からの景色はサイコー!
(写真なーい)

浜玉インターでおり、323号線へ。玉島川沿いを快走~♪
川のせせらぎと山の緑。これまた気持ちいい♪

スイスイルートなら我が家から約40分程で七山村へ着けちゃう。

途中、産直「鳴神の庄」に必ず寄ります!
これテッパンね☆
f0189867_9135910.jpg


鳴神の庄から約1分。
最終目的地の『ななのゆ』にとうちゃーく。
f0189867_8595725.jpg

さすが、GW!多くの人で賑わっていました。
今回は昼食もここで。
セルフ式で好きなおかずをとって最後に清算。
ウッドデッキで“いただきまーす”。
f0189867_92288.jpg

お土産品も販売されてる。となりには大きな休憩用広間あり。
f0189867_932696.jpg


肝心のお風呂はといいますと、
泉質はアルカリ単純温泉。ぬるぬるっとした、いわゆる美人の湯。
浴場の窓がとっても大きく明るい。
露天風呂は緑に囲まれて癒し度満点!

ちゃぷちゃぷ、ゆるゆる、うとうと、、、
温泉あがりしばし休憩ののち、福岡へと帰ったのでした。

そうそう、
「鳴神の庄」で買った七山特産「葉わさび」。
f0189867_9313172.jpg

この時期にしか買えないコレが私大好きでして。
適当な大きさに切り、ざざーっと熱湯をまわしかけて、
あとは狂ったように密閉タッパーで振り続け(辛みをうんと出すため)、
煮きったミリン&酒+薄口醤油に漬けたら、
美味しい美味しい葉わさびの醤油漬け出来上がり~。
ピリっとした辛みが焼酎のアテに最高ですぞ♪
f0189867_9395035.jpg

今ならまだ間に合う!
ぜひ七山の葉わさび、お試しあれー


※『ななのゆ』近辺にはいいスポット沢山あります。
以前の記事→クリッククリック

*****************
『ななのゆ』
http://www.7noyu.jp/
〒847-1106
佐賀県唐津市七山滝川1150
0955-70-7070
営業時間=10:00-21:00
休み=第一火曜日
*****************

by snapdragon0791 | 2012-05-07 09:52 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 23日
佐賀ドライブ②樫原湿原
観音の滝から更に車で5分。

こんなところに観光スポット!?
樫原湿原(かしばるしつげん)』はそんな感じで突如現れます。

最近造られたばかりらしい広くてきれいな駐車場に
佐賀県のチカラのいれ具合がうかがえます。

まずは大きな池が広がってまして。。。
f0189867_11384919.jpg

水面はジュンサイの葉で覆われグリーングリーン♪
あーん!ジュンサイ大~好き!ジュンサイたべたーい!
(注:ここは自然環境保全地域特別地区。ジュンサイ採っちゃいけません、、、)
f0189867_11421481.jpg

道をすすむと、お目当ての湿原がみえてきます。
f0189867_1158744.jpg

湧水のめぐみで形成されたこの湿原、海抜591mに位置するそう。
九州の「尾瀬(おぜ)」とも呼ばれているらしいです。知らなかったー。

これこれ!
湿原といえば、この木でつくられた展望歩道ですよね~
f0189867_1156667.jpg

んん!?
f0189867_1223366.jpg

いやーん、怖~い!

湿原の中やまわりに生きる植物たち。
淡い紫のコバキボウシに、毒々しいオレンジのコオニユリ、
真っ白で可憐なサギソウはあまりにも有名。
f0189867_1253394.jpg

ワレモコウなんて久しぶりに見たなぁ。かわいい♪

有菅(ユウスゲ)の黄色い花は夏の夕方から開花し、翌朝また閉じる。
f0189867_1274068.jpg

「あと、1時間くらいで開くよー」
とボランティアガイドのおいちゃんから言われましたけど、待てなかった~(泣)

同じように神秘的な花はコレ。
未の刻(午後2時)に咲き始めることからその名がついたヒツジグサ
(実際はもっと早い時刻から咲くようですが、、、)
f0189867_12201183.jpg


そうそう、ここでも珍しいオトモダチに会いましたよ。

「ホラ!お姉さん、これ撮っとかんね!」

またまたおいちゃんに呼ばれ駆けつけると、
葉にとまってジーっと休憩しているハッチョウトンボ

美しい真っ赤の身体をもつオス。
f0189867_1214471.jpg

メスは、、、んーあんまり綺麗くない。
f0189867_1215275.jpg


「オスとメス両方見れるのは滅多にないとよ。ラッキーやったねー。」
と、おいちゃん。なぜか私にドヤ顔(笑)
このトンボ、絶滅危惧種らしいデス。

『樫原湿原』。ゆ~っくり一周して約30分。大満足♪
年中、季節の花や生き物を見ることができるようです。
決して派手さはないけど、静かに自然を楽しめて癒しのパワーは200%!
なぁんにも考えずにボケェ~っと湿原を眺め、
空を見上げハァ~っと深呼吸。
癒されます。

ハッスル&フィーバーが大好きな私ですが
定期的にこんなとこに訪れたくなるんですよねぇ。
このスポットを見つけてくれた夫に感謝です。
でかした!ティカシ!

あ、忘れちゃいけないのが『鳴神温泉ななのゆ』の立ち寄り湯!
ぬるぬるの泉質がよいよい♪
かけ流しの寝湯でゆっくり身体を休め、帰りの運転に備えます。

で、帰路は二丈浜玉道路でビューンとひとっぱしり。
1時間弱で福岡まで帰れます。

行きはブラブラ三瀬の山越え、帰りはビューンと唐津の海岸線。
佐賀ドライブコース、おすすめです。

by snapdragon0791 | 2011-08-23 12:48 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(8)
2011年 08月 22日
佐賀ドライブ①観音の滝
私の長いお盆休みも昨日で終わり。
今夜からまたワンノートカナ元気に営業です♪

さて、その長いお休み中にわたくし久々に佐賀方面までドライブしました。

三瀬峠あたりブラブラしながら、
「直売所マッちゃん」の角から西に折れ、七山方面へ。

あざやかな森林の緑が続く道、
大きな声で歌うたいながらドライブドライブ~♪

ほどなくして唐津市七山村へ到着。

第一目的地『観音の滝』。

そう期待してなかっただけに、見た瞬間感動!
夏の「涼」を求めるなら超おすすめ☆
f0189867_17301160.jpg

滝つぼ側からの景色はこんな感じ。
f0189867_17314747.jpg

結構な落差があるため水しぶきがすごい!迫力~♪
f0189867_17315928.jpg


観音の滝の脇には長い遊歩道が伸びています。

滝の上のほうには、目の病気を治してくれる観音様をまつった神社があり、
(この観音様が滝の名の由来みたい)
その境内を抜けると水場で遊べます。
って、勝手に遊んだんですけどね(笑)
f0189867_17334798.jpg

幾重にも小さな滝と渕が重なり、
岩肌をすべるようにサラサラと水が流れ落ちています。
f0189867_17341580.jpg

f0189867_17453751.jpg

大きな岩に腰をおろして携帯で写真撮影のティカシ。
f0189867_1745386.jpg


大きな「観音大橋」からの眺めも絶景!
f0189867_17461899.jpg

滝の落ちるサマがまるで絵画のようにスローに映ります。
f0189867_17463757.jpg


そうそう、遊歩道ではこんなオトモダチにも会えました!
すっごいきれいな色の「トカゲ」!?と、、、
f0189867_17473973.jpg

ひっさしぶりに見た「ナナフシ」!!!!!
f0189867_17475226.jpg

木の色に同化して、うまーく化けてるつもりでしょうけどお見通しなのさっ。
意地悪な私がフゥーっと息を吹きかけましたが、
フルフルゆれながらも必死で「おいらは枝だよっ!」と踏ん張ってました(笑)

いやぁ~『観音の滝』すっごい見ごたえありました。
滝のまわりの木々が開けてて、とっても明るいから気持ちよかったです。

ここから更に車で5分。
次なるスポットも期待以上の見所でしたよー

to be continued...

by snapdragon0791 | 2011-08-22 17:59 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(6)
2011年 02月 17日
長崎ランタンフェスティバル⑤番外編
こうなったら、もうババっと長崎記事つづけちゃいます。

ランタン巡りの翌日、
私達は「なつかしの場所」をまわってみました。

やっぱり母校!
青春時代をすごした一番行きたい場所。

毎朝、遅刻ぎりぎり。
このオランダ坂をゼェゼェいいながら駆け登ったものです(笑)
f0189867_16101112.jpg

今では歩いて登るのもキツイんですけどぉ、、、とほほ。
f0189867_16104443.jpg

めっちゃ厳しい警備員のオジチャンに頼み込んでキャンパスに突入。

f0189867_16114242.jpg

うわぁ~なつかしい!
見た目は全然変わってません。
f0189867_161261.jpg

でも実は私達の母校「短期大学」はなくなってしまいました。
現在は4年生大学のみ。悲しい、、、
f0189867_16134850.jpg

六角堂の前で、はいポーズ!
f0189867_1615429.jpg

学校を少し下れば洋館群。
f0189867_16383131.jpg

長崎ってこんな路地で、急な坂と階段ばっかりです。
友達んちに遊びに行くにも体力いります(笑)
f0189867_1639598.jpg

f0189867_16401975.jpg


オランダ坂沿いにあったユースホステルは
なんと「グループホーム」に変わっていました。そんな時代なんですねぇ。
f0189867_1619299.jpg

よく行った浜の町アーケード近くの定食屋「コロッケ」はまだあった♪
良心的価格でおいしいんですよ~☆
f0189867_16242356.jpg


あっというまの一日でしたが、
そんなこんなな想い出の場所めぐり、楽しかったぁ~♪

本当に長崎はいいところです。

by snapdragon0791 | 2011-02-17 16:27 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(6)
2011年 02月 17日
長崎ランタンフェスティバル2011④「崇福寺」編
テクテク。

「なつかしいね~」ってこれまた想い出話をしながら、
思案橋を歩く。。。
なんだか昔の活気がなくなって静かでした。さみしい、、、

カステラの福砂屋本店はココね。
f0189867_15543671.jpg

この通りにはウマーイ中華や肉まん、ギョーザ屋さんがあります。
f0189867_15581078.jpg


歩いた歩いた。
やっと鍛冶屋町にある『崇福寺』にたどり着きました。
通称“赤寺”。
すべてが朱塗りのお寺なのです。
f0189867_15411726.jpg

先ほどまでの「唐人屋敷」は随分と賑やかでしたが、
こちらはガラガラ。
f0189867_15413484.jpg

静寂につつまれた境内で、ランタンたちが火の玉のようにフワ~フワ~。
f0189867_15423449.jpg

「少し怖いくらいだね」って、話しながらあたりを散策。
f0189867_15435211.jpg

三脚をたてたカメラ女子やオジサンもいましたよ。
f0189867_1550189.jpg

へへん、私だって、三脚なしの割にはうまく撮れてるでしょう♪
ね?↓↓↓
f0189867_15471178.jpg


こうして私達のランタン巡りは終わったのです。

このあと?

もっちろんオンナ三人で飲みに行きましたさっ♪

by snapdragon0791 | 2011-02-17 16:00 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 17日
長崎ランタンフェスティバル2011③「唐人屋敷」編
さぁー、気を取り直して長崎ランタンの記事へ。

私がいっちばん好き!だった『唐人屋敷』会場。

何故だったか!?

すっかり提灯(ランタン)の数が増え、人が増え、
明るすぎて、賑やかすぎて、
以前のタイムスリップしたような雰囲気が激減していたから。

昔はココ、穴場だったんですけどねぇ、、、

それでも、いい感じは残していますが。

『唐人屋敷』といえば、
この“願いが叶う赤いロウソク”。
f0189867_3235110.jpg

今年私は買いませんでしたが、
沢山の人々の願いを背負ったロウソクは
今年もお行儀よく並んでゆれていました。

ゆーらゆら。
f0189867_324412.jpg


細い路地を歩く。
f0189867_3252567.jpg

歩く。
f0189867_3254116.jpg

小さなお寺を巡る。
f0189867_326448.jpg

巡る。
f0189867_3262369.jpg

巡る。
f0189867_3264352.jpg

途中には中国語の看板を掲げた銭湯。
なつかしいです。
短大時代、この道通ってたなぁー。
f0189867_3274665.jpg

広場には派手なオブジェもありましたが
f0189867_3283357.jpg

私はやっぱりシンプルなランタンが好きです。

そして、
場所はクライマックス『崇福寺』に移ります。。。

by snapdragon0791 | 2011-02-17 03:31 | 佐賀・長崎スポット | Trackback | Comments(0)