2017年 06月 08日 ( 1 )

2017年 06月 08日
法事
週末、夫ティカシの叔父さん50回忌法要のため
島に帰省。

もちろん、この人(犬)も一緒。
f0189867_11572492.jpg

早朝、義弟夫婦と渡船場で合流。
島まで船で約15分。
f0189867_17431320.jpg
小さな小さな三日月形の相島。
静かで波の音しか聞こえない相島。
それがここ数年
「猫の島」として世界中のメディアに取り上げられ
あっちゅうまに有名になってしまった。
休日ともなれば外国人含め多くのニャンコファンが押し寄せる。
臨時便が運航されることもしばしばらしいです(驚)

けど、、、
この日のこの便はガラガラ。
f0189867_11451554.jpg
(このあと昼からの便は大入り満員だったらしいけど)


お天気良好!!
相島のシンボル「眼鏡岩」もきれいに見えます。
f0189867_17425859.jpg

なんて、のんびりもしてらんない。
実家に着いたら早速お手伝い開始。

弟嫁と流れ作業でお返しの品を紙袋に詰めていく。

このお返しの品の調達は毎回私が担当でして。
今回は「今治タオルセット」と「茅乃舎のだし」にしました。
島の風習ではさらに「お饅頭を四個」つけるらしい。
お饅頭の調達は義母に任せていたのですが、、、
ん???
「お母さ~ん、お饅頭5個入ってるけど~」
「あ~、それね、よかと」
「あ、よっ、よかとですか(笑)」
爆笑~

こんな大らかな義母が大好きな私たち嫁です(笑)

それから他にどんなことするんだっけ?
二年前に祖母の法要をやったばかりなのに
また段取り忘れてる(汗)
長男の嫁、随分のんきです、すんません。

島の人たちはこんな時みんなで助け合います。
近所の親戚が来てくれて煮物を作ってくれたり
お寺の準備も手伝ってくれたり。

ということで私らもお寺へGO。

島で唯一のお寺『神宮寺』。
ティカシのご先祖さまはここに眠っておられます。

お寺に着いたら
お膳の盛り付けを。
何度見ても配置や中身を忘れるから写メにとる。

お坊さんに最初に渡すよういわれたモノもしっかり渡し
これでよし!

以前のお堂は畳に座布団で正座でしたが
いまは絨毯敷きの椅子になってました。
島もお年寄りばかりになって足腰大変なんでしょうね。
私らも楽になって嬉しい。

お経が始まった。
最後に叔父の名前と享年が読み上げられる。

九大大学院で登山部だった叔父は
日本アルプスを下山中に落石で亡くなったそう。
享年25歳。若すぎます、、、
だから私も写真でしか見たことない。
いらっしゃったら盆正月には
島で会ってたんでしょうねぇ。。。
お会いしてみたかったです。

それから家へ戻り親戚一同で食事。
無事に法要を終えました。


それからはのーんびり。
半平太のお散歩がてら海沿いをぶらり。
f0189867_13332679.jpg
f0189867_13385087.jpg
f0189867_13392879.jpg
f0189867_13341106.jpg
f0189867_13392396.jpg
f0189867_13364427.jpg
f0189867_13364153.jpg
f0189867_13370319.jpg



実家の黒猫クロもすっかりお爺ちゃんになりました。
f0189867_13413720.jpg
義父いわく体重もかなり軽くなってしまったそうで
毛艶はまだあるものの耳の後ろあたりの毛は
うっすら薄くなっていました。
若かりし頃はかなりブイブイいわせてたクロ。
島の猫の中の首領(ドン)だったらしいデス。
きっとモテモテだったのでしょう
島中にクロにそっくりな黒猫がい~っぱいいます(笑)
まだまだ長生きしてほしいもんです。


そんなこんなな島への帰省話でした。









by snapdragon0791 | 2017-06-08 13:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)