2015年 09月 14日
プーアル茶
10年以上前。
台湾旅行で歩き回りゲットしたプーアル茶(普洱茶)

「あった!あった~!」
水屋の奥に眠っていたのを今朝引っ張り出しました。

これがそのとき自分で買った20年ものだっけか?プーアル茶。
別名〝レンガ茶”とも呼ばれる持ち運びやすい固形。
f0189867_1031611.jpg


こちらは半円ドーム型の〝沱茶(だちゃ)”。
お土産でもらったものです。
f0189867_10305393.jpg


手にした瞬間、あの台湾旅行の想い出が蘇る~

「こっちでしか手に入らない年代物のプーアル茶を買って帰りたい!」
と・・・その頃なんでだかプーアル茶を欲しがった私。
(今となってはその動機もよく覚えていない)

一緒に旅行したトモタンたちにつきあってもらい
老舗の中国茶専門店が並ぶ通りへ行ったんだったなぁ。

映画に出てきそうな
埃かぶって漢字が書かれた茶缶が陳列されてる
古~い茶舗に次々飛び込んで。。。
怪しげなオジサンに見えたけど結構親切で
煎れ方なんかも教えてくれて試飲させてもらって。
日本語が通じずテキトーに相槌うって買ってしまった茶葉(笑)

帰国してすぐに飲んでみたけど「マズーイ」、、、お蔵入り。
それが今頃になって飲むことになるなんて。

更年期が始まったか!?
ここ最近体調がイマイチで、、、
プーアル茶がいいかも!と聞き
「それなら確かうちにあったはず!」
となったわけです。

さて、カサカサと包装紙を開いてみると・・・
f0189867_10454977.jpg

そうそう、一度だけ飲んだ形跡が残ってる(爆)
あの頃はガッチガチで手でほぐすのは不可能でした。
湿気が加わったのか今回は端っこから手で崩すことができました。

どれどれ、こちらは?
f0189867_1047838.jpg

こちらは無傷(笑)でも包装紙は開けた形跡有~

今日から毎日試してみよう!

あの台湾のオジサンが「〇△×・・・」と教えてくれたのを
思い出しながら煎れてみました。
一煎目は茶葉を洗いすぐに湯は捨てる!
二煎目を飲んでみました。
f0189867_10511564.jpg

※器は夫ティカシが鹿児島にいた頃購入した
薩摩・沈寿官さんの青釉菊型湯呑
プーアル茶の色がよくマッチしてる気がします。

「なんだ!けっこう美味しいじゃな~い☆」
この10年で味覚も大人になったのでしょうか(苦笑)
クセのある独特の香りも嫌じゃない。

これなら続けられそうです。
私の三日坊主だけが問題ですが、、、

10年以上前に購入した20年物のプーアル茶
ってことは30年物になるのかっ(笑)
せっかくなんで美容と健康のため
いっちょ頑張りますかっ!

by snapdragon0791 | 2015-09-14 11:00 | いいもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kimakana.exblog.jp/tb/24467340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ひさびさの二金会      きょうの半平太 >>