2015年 08月 21日
お盆の事件
今日の記事、ちょっと長いです。

お盆に起きた事件。

15日、夫ティカシの実家(相島)へ1泊里帰り。

行きの渡船。
半平太、デッキ席で潮風あびてゴキゲン。
f0189867_9224422.jpg

f0189867_9232770.jpg

翌日あんな事件が起きるなんて、、、
このときの私らは知る由もなかった。

島のお盆の風景。
ずらりと吊り下げられたこのカラフルな布については
以前の記事で→クリック
f0189867_936485.jpg

購買店もお盆の間はお休みで~す。


昭和レトロ感たっぷりな夫の実家は
義父は漁師、義母が島で唯一の酒屋兼万屋を
地味に切り盛りしております。
f0189867_9252977.jpg



いつものように両親が準備してくれたお魚をたらふく食べて。
夕刻七時、提灯に〝送り火”を灯しお寺さんへ。

同じく提灯を下げた島の人達が
ポツポツと路地を歩いています。
f0189867_931338.jpg


結婚して22年。
毎年、この光景をみるたび感じる。
「あれ?いま何年だっけ?タイムスリップ!?」
f0189867_9554965.jpg

三日月形の島のほんの一部にひしめきあう集落。
f0189867_9394566.jpg

ほそいほそい路地が迷路のよう。
f0189867_9453587.jpg

盆提灯がなんともノスタルジック。
f0189867_9463743.jpg

それぞれのお宅から細い路地を抜けてきた人達が
お寺さんへ続くこの一本道で出会う。
「おぉ~帰ってきとったんね~」
帰省した若者へ声をかけるおばあちゃんもいたりして。
f0189867_9475026.jpg


いい夜だ。

そして事件は翌朝おきた。

島の朝は早い。朝7時。
日が昇る前に半平太のお散歩へ。

お天気は曇り。朝の潮風が心地いい。
「気持ちいいね~!」
このころまではHAPPY。
f0189867_1015264.jpg

すぐそばで泳ぐ魚の群れなんかも眺めたりして。
f0189867_1073442.jpg

朝一番の渡船が汽笛を鳴らし出港。
f0189867_1074864.jpg

べた凪。静かな海。
f0189867_1091977.jpg

テントで夜を明かした釣り人が釣り上げた
ウミヘビ?ウナギ?穴子?
「あれなんやろ!?」
夫婦してそっちに釘付け。

その瞬間!
「ギャンッ!!!!!!」
半平太が聞いたこともない泣き声をあげた!

「カナ!半平太が蜂に刺されたかも!」
足元にアシナガバチが何匹も飛んでいたのです。
横たわる竹筒の穴によく見たら巣らしきものも。

とにかく焦った。
どうしよう!
ふわふわの毛に覆われてるから刺された部分もわからない。
蜂くらいでどうってことないよね!?
刺されたの一回目だし。

でもそれから半平太はぐったり。

次の船まで待ってられない。

慌てて帰り支度をし、義父の漁船へ。

大きな島の渡船に比べればスピードは落ちるけど
それでも次の便を待つよりも早く港へ着く。
「お父さんお願いします!」
f0189867_10233224.jpg

私の腕に抱かれた半平太。
それでも意識はしっかりしてたし、
義父の運転する姿を写真に収める余裕すらあった。

8時40分頃、新宮の港に到着。
かかりつけの室見動物病院は日曜休み。
コンビニの駐車場に車を停め
スマホで日曜早朝から開いている動物病院を探す。

9時過ぎ、
港から近い病院をみつけ電話し状況を話し伺うことに。
それでも10時まで待たねばならない。
その間の半平太。
なんと!みるみる元気に!歩き回ってる!
「なんだよ~半平太~元気じゃん!」
二人でホッとしつつ念のためその病院へ。

初めて行った病院で初めて会う先生。
聴診器をあて、身体をさわり、元気そうな半平太をみて
「今見た限り、熱も平熱、腫れもないし、大丈夫でしょう」
よかった!
一安心して、都市高速を飛ばし自宅へ帰る。

しかし!
家について1時間もしないうち
半平太が嘔吐した、、、
焦点が定まらない目で呆然と立ちすくみそこから動かない。
様子がおかしい。

慌てて抱き上げてベッドへ連れて行くとすぐに倒れ
それから目は半開き、呼吸が恐ろしく荒い。
尋常じゃないその様子に私は震えた。
「落ち着け!病院探して!」
ティカシに言われまた病院探し。
ダメモトでかかりつけの室見動物病院へコールしたらなんとつながった!
それでもやはり日曜で先生は不在。近所の病院を紹介してくれた。

すぐに紹介されたパーク動物医療センターへ。
また初めての病院。でもそんなこと言ってられない。

車中で「半平太!半平太!」必死に叫ぶけど目を開けない。
頬を撫でても反応がない。
ヒューンヒューンと肺から漏れでるような
か細い声が時折聞こえるだけ。
「心臓は!?ちゃんと動いてる!?」
運転するティカシの声も遠くに聞こえる。

もうダメかも、、、

そこから先は記憶もとぎれとぎれ。

病院について、すぐに血液検査。
グッタリと看護師さんに抱かれ
治療室へ運ばれていく半平太の顔が頭から離れない。

一時間弱、
待合室で結果がでるのを待つ間も涙が止まらない。

女性の先生に呼ばれ血液検査結果をきく。
「やはり蜂毒でしょうね。溶血がすすんでいます。」

赤血球が破壊され溶け出し、それがドミノ倒しのように広がるらしい。
そうなると酸素が身体にいきわたらない。
とにかくそれを食い止める点滴をするという。

心拍数は低下し、歯茎は青白く、要するにチアノーゼ状態。
肝臓や炎症の値も正常値をはるかに超え
振り切る位に跳ね上がってる。

「蜂でこんなにヒドイ状態は初めてみるので
なんとも言えませんが、出来ることをやりますので」
的なことを言われた気がする。
それからもいろいろ説明されたけれど覚えていない。
もう限界。
夫にまかせ、私は車へ戻り、、、ひたすら声をあげて泣いた。

なんでこんなことに!ごめんねごめんね、半平太。

それから二泊三日、
ICUの酸素ルームで点滴を打たれ続けた半平太。

毎日面会に行きましたが、
絶食のせいか一気に痩せて虚ろな目。
管がつながれた脚でヨロヨロと立ち
私の腕に抱っこされようする半平太。
そこでまた泣いてしまうわけですよ、私。

院長先生から
「危なかったですね~
この数値はいつ死んでもおかしくない値ですから」
と言われゾッとした。

家にいても何も手に着かず
食欲もでず、あれだけダイエットしても痩せなかった私が
なんと二日で2キロ減(^_^;)

そして三日目。
溶血は止まったよう。真っ赤だった尿も黄色に変わったそう。
正常値とまではいかないけれど肝臓と炎症の値も下がってきている。
退院許可がおりた!

「あとは飲み薬で様子をみてください」

神様ありがとうございます!
ご先祖様ありがとうございます!
ビリケンさんありがとうございます!
天国のおばあちゃんありがとう!

普段不信心なくせに、今回は思いつくあらゆる神様にお願いした。

紹介してくれた室見動物病院、
治療してくれたパーク動物医療センターの先生やスタッフの方々、
そして、毎日電話で励ましてくれた夫の両親、私の母、友達
みんなに心から感謝した。

夫ティカシに対しても今回のことで
本当に優しくて頼りになる人だと再確認し感謝。

当の半平太くん、
帰ってきてから二日間ぐったり寝ていましたが
f0189867_10594177.jpg

すこしずつ得意の腹みせポーズが出だし(笑)
f0189867_1103488.jpg

食欲ももりもりでてきて、今朝は随分元気になってます。

そして私の食欲と体重も二日で元通り(笑)

私ってばなんて弱っちいんだっ。
もっと強くならなければ!

人間の子供さんをお持ちのお母さんがたは
もっともっと大変なこと乗り越えていらっしゃるんでしょうね。
母はつよしっ。

そうそう、蜂の件。
半平太は今回初めての蜂刺され。
二度目が危ないってよく聞きますが、、、
しかもスズメバチなんかでなくアシナガバチ。
どうやらショック状態にまで陥るのは稀で
その犬の体質によるもののようです。
蜂は黒色や赤色を攻撃するっていいますよね。
半平太の体毛は黒!そして装着していたハーネスは赤!
条件そろってました、、、ハイ。

これから秋にかけても引き続き蜂の攻撃時期。
どうか皆様もお気を付け下さいませ。


長い長い文章を
最後までお読みいただきありがとうございました~m(__)m

by snapdragon0791 | 2015-08-21 11:43 | 半平太の日々 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kimakana.exblog.jp/tb/24386485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりあのおやじ at 2015-08-24 22:39 x
よかったくさ、よかったくさ、それ以外何があると?
とにかくよかったばい それしかなかろおもん。
それでよかった。
Commented by snapdragon0791 at 2015-08-25 09:19
>まりあのおやじさん
ありがとうございますm(__)m
ほんと、よかったです。
精神的ダメージが大きかったらしく
いろんな場面で以前よりテンション低めですが、、、
ほんと、助かってよかった♪
Commented by mayumi-ne at 2015-08-26 10:16
ちょっとぉぉ!!びっくりしたではないの@@!!
あ~~よかったぁぁぁぁぁ
蜂はこわいね(T_T) 
Commented by snapdragon0791 at 2015-08-26 11:03
>mayumi-neさん
そうなのそうなのぉ、、、ほんと怖いよ~蜂。
でもね、蜂も生きるため必死なんですよね。
今後気を付けます。半平太すっかり元気ですよ♪


<< ももち浜ストアにでる~!?      小浜島への旅⑤ >>