2014年 05月 29日
ちゃっきりちゃっきり!
先日、茶摘みにいってきました。
私はいったいどこを目指しているんだろう(笑)

いいんです!
愉しいことは積極的に参加せねば(*^。^*)

ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪
※ちゃっきり節(作詞:北原白秋)

まずは
全員集合して日田からおいで下さった吉田先生よりレクチャー。
f0189867_965226.jpg

早速体験。
揉捻(じゅうねん)」。
すでに摘んできてある茶葉をむしろの上で揉む作業。
f0189867_972971.jpg

むしろの目に対し垂直に揉みます。
この“むしろ”、作れる職人さんはもうほとんどいないそう。

マァチャンも頑張ってます。
f0189867_973655.jpg

マァチャンママのタカコサンも頑張ってます。
むしろを前にしてもエレガントだわ~(*^。^*)
f0189867_9275388.jpg

私も頑張りました。
茶葉を揉むと手がスベスベになると聞いてチカラ入ってます(笑)
f0189867_974742.jpg


揉んだ茶葉をくるんで炎天下の車中へ。
閉めきった車中は蒸し風呂状態。ここでしばし発酵させるわけです。
発酵させるってことは・・・もうおかわりですね?
これは「紅茶」にするのです。

※紅茶も緑茶もウーロン茶もみーんな同じ茶葉から出来るって
案外知らない方も多いみたいです。

その間、私たちはバスに揺られ板屋の茶畑へ。
f0189867_9295979.jpg

山道ぐねぐね茶畑到着。
と思いきや、そこはまだ「入口」だった(^_^;)
とんでもない山の中、聞いてないよ~。
f0189867_9113246.jpg

イノシシのお風呂発見。
ちゃんと赤土を選んで作るそうですよ、イノちゃん賢いね~。
f0189867_9122555.jpg

そのすぐそばの樹にはイノシシが身体を擦りつけた跡が。
f0189867_9135671.jpg

つか、こんなジャングル歩いて大丈夫なの(笑)!?
けもの道をズンズン進み本当にたどり着くのかと不安になった頃
やっと茶畑到着!
f0189867_9155597.jpg

なんと美しい~茶葉の緑!
f0189867_922418.jpg


腰にカゴをくくりつけ。いざ出陣!
f0189867_9351159.jpg


一芯二葉」。
新芽の先端から二枚目までの柔らかい茶葉を摘んでいきます。
f0189867_9221054.jpg


おもしろいくらいにプチプチ摘めるんですよ。楽しい~!!!!!
f0189867_9361258.jpg


ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪

子供たちはもちろん一芯二葉なんぞ関係なく
大きくて硬い葉もブチブチやっておりました(笑)
マァチャン、ほとんど枝ごとデス(爆)
f0189867_936462.jpg


私のカゴもほんの30分ほどでこんなに!
f0189867_937966.jpg

もちろんこの時点ではただの葉っぱ。茶の香りはしませんよ~

それからセンターに戻り、昼食のエスニックカレーをいただき。
f0189867_9375335.jpg

f0189867_938296.jpg

子供も食べるので甘めでしたが美味しかった(^^)

腹ごしらえも終わり、ふたたび作業へ。

畑で摘んできた茶葉を『釜炒り茶』にする工程。

午前中最初に揉んで車中発酵させた紅茶用はもうこんな赤茶色に。
この段階でもう紅茶のいい香りがしてました。
f0189867_949742.jpg


私たちが畑で摘んだ茶葉は陰干しされていました。
f0189867_9464849.jpg

これを高温の釜で炒ります。(釜は先生がMY釜を持参)
パチパチと音がしてくるまでね。
先生はいつもジャズを聴きながらリズミカルにやってるそうですよ(笑)
f0189867_1003338.jpg

釜から緑茶らしい甘い香りがしてきます。

それからむしろで揉み、陰干しへ。

そこから先はセンターの方々におまかせ。
私たちはほぼ出来上がった紅茶を少しいただいて帰りました。
ほぼ、、、とは?
そう、もう一工程フライパン等で炒る作業を自宅で(^^)

いやぁ~とーーーーーっても楽しい茶摘み体験でした~♪
摘まれる茶葉はみーんな一緒。
f0189867_10152333.jpg

そこから緑茶は不発酵、ウーロン茶は半発酵、紅茶は発酵
作業工程の違いで茶葉の運命が分かれるわけです。

日本が誇るはやっぱり緑茶。
珈琲党の私はたまにしか飲みませんが、
やっぱりホッとしますよね。

最近では大量生産(製茶機使用)が主流となり
今回体験した「釜炒り製法」は姿を消そうとしているそう。
先生はそれを後世に伝える活動をされています。

身近にあって知らなかったことをまたひとつ学べた貴重なご縁でした。
ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよぉ~♪
って唄が幻にならぬよう、
今後は緑茶もガンガン飲みたいと思ったKANAなのでした。

by snapdragon0791 | 2014-05-29 10:16 | 農業体験 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kimakana.exblog.jp/tb/22158999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 【砥部焼】すり鉢      茶箱のおはなし >>