2013年 05月 28日
Fleur de Sel de GUERANDE(ゲランド塩)

吐けっ
吐くんだっ

証拠はそろってんだっ
この白い粉はなんだ!

f0189867_12212993.jpg


そっ
そっ
それは、、、
ゲランドの塩です!』

と、またまた刑事ドラマ風に(笑)
※吉野葛編はこちら→クリック

フランス土産で
Fleur de Sel de GUERANDE
をいただいた。

流石、おフランス!
パッケージも洒落とんしゃあ☆
f0189867_11384249.jpg


世界中の星付きレストランも使用するというゲランド塩。
ミネラルたっぷりの天日海塩は少し黄味がかっており
しっとり湿り気をおびております。
うひゃ、おいしそう~

わたくし、足がどんだけむくんでも塩味たっぷりの料理が大好き。


fleur de sel」とは直訳すると「塩の花」。
なぁんて素敵なひびきでしょう。
f0189867_1134493.jpg


ふむふむ。
f0189867_11341480.jpg

フランス語のとなりに英語があった!なんとか読める(笑)
ゲランド塩は伝統的製法によって
ゲランドの塩職人が手収穫した希少な自然塩です。
調理の最後に加えるもよし、
“クロコセル”のような季節の野菜にパラパラとかけて食べてもよし。

ってな感じの説明のようです。

フランスの西海岸に位置するブルターニュ地方。
その地に広がるゲランド塩田。
塩職人(PALUDIER (パリュディエ) )たちが
1000年以上昔から受け継がれる伝統的(Traditionnel)手法でつくりあげる。
いろんなサイトにその姿がUPされており、ロマンを感じます。
一度みてみたいもんだ。

ということで、今夜は
このゲランド塩にベランダで伸び放題のローズマリーとタイムを混ぜて
豚肉に「おいしくなぁれ、おいしくなぁれ」と呪文をかけながら
スリスリすりこんで、グリルパンで焼いてみよう。

焼きたてにレモンをじゅっと絞って・・・
あ~もう妄想だけで既にパブロフ犬状態(笑)

by snapdragon0791 | 2013-05-28 12:59 | いいもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kimakana.exblog.jp/tb/19609034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< かわ屋のとりかわ      エバーフレッシュの花 >>