2012年 03月 08日
ビーチコーミングin天神島(荒平天神)
鹿児島県鹿屋市天神町の『荒平天神(あらひらてんじん)』。
「天神島」という錦江湾に突き出た小さな島に鎮座されてます。
f0189867_22465085.jpg

晴れた日には右手に桜島、遠い対岸奥には開聞岳も望めます。

青く透きとおった海がそれはそれはきれいで、
夏だったらザブーンといってます(笑)
f0189867_2247726.jpg

f0189867_22473011.jpg


この砂浜には貝殻などたくさんの漂着物が辿りつきます。

菅原道真を祀る荒平天神。
道真さんが愛でた梅花の形に似た貝殻がうちあがり白く光る、、、
f0189867_2354514.jpg

うーん、それってこれ?
f0189867_22304250.jpg

「これ、梅じゃなくて薔薇やろう(笑)」と夫に言われたけど
私には梅に見えるもーんだ。

これは貝殻以外に
何気なく拾った陶器のかけら「陶片(とうへん)」。
f0189867_22351020.jpg

これまで夫の実家の離島海岸でも拾ったことがあったのですが、
今回はなんでだかめちゃめちゃ惹かれて家に持ち帰りました。
f0189867_22352359.jpg

長~いこと海をさまよい波に揺られ洗われ削られ角がとれた陶片は
まぁるくてなんだか優しい印象です。
f0189867_22353645.jpg

鹿児島?沖縄?韓国?中国?はたまたベトナム?
どこの国で、どんなおうちで、どんな人が使ってたんだろう、、、
なーんて、ロマンと妄想が広がる。
中には両面ともデザインされてるかけらもありましたよ。
f0189867_22362183.jpg


まさに海辺の宝探し。
ビーチコーミングにハマりそうな予感です。

※ビーチコーミングは英語の「comb(コーム)」からきているようで、
 櫛で髪をとかすように海辺の漂着物を探し収集すること。
 それを行う人のことはビーチコーマーと呼ぶようです。

by snapdragon0791 | 2012-03-08 23:06 | 鹿児島スポット | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kimakana.exblog.jp/tb/17286952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 容子 at 2012-03-10 11:59 x
こんなに海の色がきれいだったんですね~!
お天気が 少し悪かったから わからなかったですが
でも 貝殻さがし 楽しかった!
Commented by snapdragon0791 at 2012-03-10 14:15
>容子さん
この写真はね、みんなと行く前にいったときのやつ。
前回の方がお天気よかったのよ。
でもヨーコといったときも結構海の色きれいだったよー
お宝探しに夢中だったからね、みんな(笑)


<< 鹿児島さんぽ(寒緋桜と白木蓮)      桜島・大隅半島コース >>